ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

大学案内

clear

メディア掲載情報

2020年11月

(新聞)"<備える3.11から>学校防災 大川小の教訓、生かすには"
防災教育研修機構の実施する教職員研修の取り組みが紹介され、同機構の武田真一特任教授及び
小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2020年11月2日 中日新聞】

(雑誌)"ものづくりの楽しさを、未来の先生を通して子どもたちへ伝えたい"
 技術教育講座の板垣翔大講師のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年11月号 ままぱれvol.136】

2020年10月

(新聞)"ブラックホールに新理論探る"
 今年のノーベル物理学賞のテーマにもなったブラックホールについて、その周囲を取り巻く星を
 観測することにより新たな理論を発見しようとする理科教育講座の西山正吾准教授の研究が
 紹介されました。
【2020年10月30日 日本経済新聞】


2020年9月

(新聞)"先生の卵 待望の教育実習"
 新型コロナウイルス感染症の影響により教育実習の受け入れに関して取り沙汰されている中、本学
 附属小学校で始まった学部3年次学生の教育実習について、実習の様子と学生のインタビューが
 掲載されました。
【2020年9月3日 朝日新聞】

(新聞)"オンライン授業「遅れなし」"
 新型コロナウイルス感染症の影響による休講期間中における本学附属小学校のオンライン授業の
 取組について、概要が紹介されました。
【2020年9月1日 朝日新聞】

(雑誌)"できることを見つけるポジティブさこそ未来へ繋がる旗印"
 特別支援教育講座の寺本淳志准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年9月号 ままぱれvol.135】


2020年8月

(新聞)"コロナ禍の修学旅行/震災を見詰め直す転換点に"
「社説」に防災教育研修機構の小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2020年8月28日 河北新報】

(新聞)"岩手の復興教育/コロナ禍でも切れ目なく"
 「社説」に本学と河北新報社が実施したアンケート調査について掲載されました。
【2020年8月26日 河北新報】

(テレビ)"教育大生が学習支援"
 本学の学生が立ち上げたボランティア団体「マナコ」に関して、活動の様子が紹介されるとともに、
 共同代表を務める学生2名のインタビューが放映されました。
【2020年8月19日 NHK「おはよう宮城」】

(新聞)"宮教大生が学習支援"
 本学の学生が立ち上げたボランティア団体「マナコ」に関して、活動の概要が紹介されました。
【2020年8月9日 読売新聞】

(新聞)"デジタル工房 中高に設置 モノづくり通じ創造性育む"
 3Dプリンタ等のデジタル工作機器を備えた工房(ファブスペース)の教育現場への整備について、
 技術教育講座の門田教授のコメントが掲載されました。
【2020年8月7日 読売新聞】


2020年7月

(新聞)"オンラインで学習支援 宮教大生ら団体設立 活動拡充へ資金募る"
 本学の学生が立ち上げたボランティア団体「マナコ」に関して、活動拡充に向けて開始したクラウド
 ファンディングに関する記事が掲載されました。
【2020年7月20日 河北新報】

(新聞・テレビ)"震災10年 東二番丁小学校出前授業"
 学の教職大学院で学ぶ現職教員が企画し、本学と仙台市・仙台市教育委員会との連携協定に基づき
 実施した震災復興・防災学習に関する出前授業の様子が紹介されました。
【2020年7月10日~ 河北新報、読売新聞、東北放送、NHK、ミヤギテレビ、東日本放送、仙台放送】

(雑誌)"危機を乗り越え、新しい時代を切り拓いていくために"
 野澤令照特任教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年7月号 月刊ままぱれvol.134】


2020年6月

(新聞)"学校の防災授業支援"【2020年6月6日 朝日新聞】
    "防災教育の指導案掲載-国交省と共同:風水害扱う冊子作成"【2020年6月8日 日本教育新聞】
    "防災指導力向上へ-宮教大・東北整備局教員向け手引書:風水害特化、授業の流れ一目で"
     【2020年6月23日 河北新報ウェブ版
    "防災授業づくり充実へ-教員向けブックレット宮教大が共同作成"【2020年6月25日 岩手日日新聞】
 本学防災教育研修機構/教職大学院と国土交通省東北地方整備局が実施した共同研究の成果として刊行した
 「教員のための防災教育ブックレット」に関する記事が掲載されました。

(新聞)"教師の卵4人奮闘 休校中の学び支援"
 新型コロナウイルスの影響で不自由を強いられる中、経済的な事情で塾に通えない子たちの
 勉強をオンラインでサポートするために本学の学生が立ち上げたボランティア団体「マナコ」
 の活動が紹介されました。
【2020年6月7日 朝日新聞】

(新聞)"「学ぶ権利を守りたい」塾の挑戦"
 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ダウン症・自閉症の子にオンライン授業を始めた
 塾の取組に関して、教職大学院の本田伊克教授のコメントが掲載されました。
【2020年6月4日 朝日新聞】

(雑誌)"音楽と「縁」と父の背中。伝えていきたいうたの心"
 音楽教育講座の原田博之教授のこれまでの取組が掲載されました。
【2020増刊号 仙台のプロジェクト】

(新聞)"外出自粛で体力低下懸念 縄跳び 子ども健やかに"
 新型コロナウイルスの影響で休講が長引き、外出を控えた子どもの体力低下が懸念
 される中、子どもの心身の発達を重視した独自の縄跳びメニューを動画サイトで
 公開している保健体育講座の沼倉学講師の取組が掲載されました。
【2020年6月1日 河北新報】


2020年5月

(新聞)"「共生」の時代 どう迎えるか"
 「withコロナ」とも言われる新たな段階に社会が突入した今、どんな社会を目指し、
 どのようにウイルスと共生していくかについて、社会科教育講座の山内明美准教授の
 インタビュー記事が掲載されました。
【2020年5月27日 毎日新聞】

(新聞)"「学校に言えぬ悩み話して」仙台市、いじめ相談室 来月開設"
 仙台市が6月1日に開設する仙台市いじめ等相談支援室(S-KET(エスケット))に
 ついて、教職大学院の久保順也准教授が専門員を務める旨の記事が掲載されました。
【2020年5月20日 河北新報】

(新聞)"伝承 被災地全体が支え手-震災学習の今"
 防災教育研修機構の小田隆准教授の寄稿記事が掲載されました。
【2020年5月11日 河北新報】

(新聞)"震災知らない子増6割苦慮-被災3県沿岸小中の伝承学習"
 本学と河北新報社が協定に基づき実施した沿岸被災小中学校への合同調査の概要を
 報告した記事が掲載されました。
【2020年5月11日 河北新報】

(雑誌)"いっぱい遊ぼう! 多彩な動きが子どもの体や運動神経を育む"
 保健体育講座の沼倉学講師のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年5月号 月刊ままぱれvol.133】


2020年4月

(テレビ)"臨時休校で懸念"勉強の遅れ""
 新型コロナ禍の新学年で〝勉強の進め方〟に迷い戸惑う県内の子どもたち、
 保護者も多いと考えられる中、家庭学習のポイントについて、教職大学院の
 平真木夫教授のインタビューが放映されました。
【2020年4月24日 ミヤギテレビ】

(ウェブニュース)"日系三世の映画監督「外出が不安」「恐怖心を禁じ得ない」
          アジア系アメリカ人、現地からの声"
 防災教育研修機構の小田隆史准教授のコラムが掲載されました。
【2020年4月6日 ビジネスインサイダージャパン】

(新聞)"非認知スキル 将来左右 "
 子どもの将来を左右する力として注目されている、忍耐力や自信、真面目さ、
 社交性といった「非認知スキル」について、家庭科教育講座の香曽我部琢准教授の
 インタビュー記事が掲載されました。
【2020年4月6日 河北新報】

(雑誌)"学校だけでは学べない 理科の面白さを科学館などの公共施設と一緒に"
 理科教育講座の中山慎也准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年4月号 月刊ままぱれvol.132】


2020年3月

(新聞)"視標「研修機会充実を-東日本大震災 今後の防災教育」"
 防災教育研修機構の小田隆史准教授の寄稿記事が掲載されました。
【2020年3月 共同通信配信、
 掲載紙:高知新聞、静岡新聞、信濃毎日新聞、山陽新聞、福祉新聞】
<>br / (雑誌)"3・11の「それから」地元紙報道部長はこだわり続けた "
 震災当時、河北新報社報道部長だった武田真一特任教授の震災後の活動を、
 雑誌記者が取材しまとめた記事が掲載されました。
【2020年3月22日 サンデー毎日 】

(新聞)"自宅実習 ネット味方に "
 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で臨時休校が続く中、自宅学習への
 スマートフォンやタブレット端末の生かし方について、安藤明伸教授の
 インタビュー記事が掲載されました。
【2020年3月19日 河北新報】

(新聞)"災害語り継ぎ風化防ぐ・学校防災を見直す-教育ルネサンス"
 防災教育研修機構の小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2020年3月14日 読売新聞】

(テレビ)"震災の記憶を"伝承"する"
 本学「311ゼミナール」の活動を交えて学生が紹介されました。
【2020年3月11日 NHK全国版】

(新聞)"予算ありき 住民置き去り "
 震災から9年を迎える地元気仙沼の復興について、山内明美准教授の
 インタビュー記事が掲載されました。
【2020年3月11日 河北新報】

(テレビ)"丸森町学習支援ボランティア被災地視察研修"
 丸森町学習支援ボランティア学生(福岡教育大学、大阪教育大学、東京学芸大学、
 宮城教育大学)の被災地視察研修(山元町中浜小学校跡地)の様子が放映されました。
【2020年3月9日 NHK全国版】

(新聞)"震災知らぬ子へ伝承-学校防災 現場から"
 防災教育研修機構の小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2020年3月3日 読売新聞】

(テレビ)"音楽で応援続ける思いとは..."
 本学教職大学院生による被災地支援の取組が紹介されました。
【2020年3月2日 NHK全国版】

(新聞)"教師の卵 避難行動検証-学校防災 現場から"
 本学「311ゼミナール」の活動が掲載されました。
【2020年3月1日 読売新聞】

(雑誌)"私たちの震災の知見を新たな災害の備えへ、時代を担う子らへ"
 防災教育研修機構の武田真一特任教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年3月号 月刊ままぱれvol.131】


2020年2月

(新聞)"旧中浜小の教訓胸に刻む-教員目指す大学生訪問"
 丸森町学習支援ボランティア学生(福岡教育大学、大阪教育大学、東京学芸大学、
 宮城教育大学)の被災地視察研修(山元町中浜小学校跡地)の様子が掲載されました。
【2020年2月24日 河北新報】

(新聞)"マニュアル"万全ない"-学校防災 現場から"
 防災教育研修機構の小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2020年2月15日 読売新聞】

(テレビ)"義務教育の学力不足への対応策 "
 義務教育の学力が身についていない子どもたちへの対応を考える、有識者審議会の
 会長を務める本図愛実教授が、県教育長に答申を提出する様子が放映されました。
【2020年2月14日 NHK県内版】

(冊子)"仙台のBOSAIを世界へ、未来へつないでゆくために "
 昨年11月に開催された防災イベントの主催者の一人である、武田真一特任教授が
 参加した座談会の様子が掲載されました。
【2020年2月 えーる(仙台市まちづくり政策局発行)】

(新聞・テレビ)"命を守れる人 育てたい "
 震災の経験が教師を志望するきっかけとなった本学学生の、被災当時の体験談と
 学校避難を検証しゼミの報告会に臨んだ現在の様子が掲載・放映されました。
【2020年2月11日 朝日新聞】
【2020年2月21日 NHK県内版】

(新聞)"聴覚障碍者に届く情報を "
 聴覚障害者やその支援者が参加したむすび塾に、助言者として出席した
 松﨑丈准教授のコメントが掲載されました。
【2020年2月11日 河北新報】

(新聞・WEB)"命を守る手立て検証 "
 本学で開催された「311ゼミナール」の活動報告会の様子が掲載されました。
【2020年2月10日 NHK東北 WEB NEWS】
【2020年2月11日 河北新報】

(新聞)"阪神大震災25年 防災「わかりやすい教え方考えたい」初の学会4月発足 "
 阪神大震災の記憶の継承活動に取り組んできた元高校教師らが「防災教育学会」を
 発足させることについて、小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2020年2月5日 毎日新聞】

(雑誌)"「音痴」克服はトレーニング次第。歌声は大切なコミュニケーション"
 音楽教育講座の小畑千尋准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年2月号 月刊ままぱれvol.130】


2020年1月

(新聞)"聴覚障害者に届く情報を "
 聴覚障害者やその支援者が参加したむすび塾に、助言者として出席した
 松﨑丈准教授のコメントが掲載されました。
【2020年1月25日 河北新報】

(新聞)"脳の慢性疲労 発達妨げ "
 スマホなどの映像メディアの長時間使用が子どもの脳に与える影響について、
 安藤昭伸教授のコメントが掲載されました。
【2020年1月25日 河北新報】

(テレビ)"注目の成分レジスタントスターチとは? "
 レジスタントスターチを研究する亀井文教授がテレビ番組で紹介されました。
【2020年1月15日 NHK】

(雑誌)"100円のおにぎりから見える日本の農業や持続可能な社会とは?"
 社会科教育講座の佐々木 達准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2020年1月号 月刊ままぱれvol.129】


2019年12月

(新聞)"宮教大の留学生 日本語スピーチ "
 本学で、留学生日本語スピーチコンテストが行われた様子が掲載されました。
【2019年12月26日 河北新報】

(新聞)"教員の防災知識 養成模索 "
 本学が開催した8月の「被災地実地研修」および11月の「大雨防災ワークショップ」
 の様子と、小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2019年12月20日 熊本日日新聞】

(新聞)"いじめ対応校内で共有 "
 いじめ防止を学ぶ教育関係者向け研修会が本学で開催され、久保順也准教授が
 研究成果を報告した旨の記事が掲載されました。
【2019年12月17日 河北新報】

(新聞)"SОS先生が足りない "
 教員の欠員の後任配置が難しい状況にあることについて、教職大学院の
 本図愛実教授のコメントが掲載されました。
【2019年12月4日 河北新報】

(雑誌)"ものづくりの世界に遊びに行こう"
 技術教育講座の門田和雄准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年12月号 月刊ままぱれvol.128】


2019年11月

(テレビ)"大川小判決が突きつけた教育現場への重い宿題 "
 本学防災教育研修機構の小田隆史准教授のインタビューが放映されました。
【2019年11月29日 東日本放送】

(新聞)"大川小から学校防災考えて "
 大川小学校の児童の遺族が島根県で講演を行った旨の新聞記事の中に、本学の
 防災教育研修機構が教職員向け実地研修で大川小を訪れた事が掲載されました。
【2019年11月25日 朝日新聞】

(新聞・テレビ)"大学生と高校生が議論 命を守る避難方法 "
 本学学生と名取北高の生徒が「大雨防災ワークショップ」で意見を交わす様子が
 新聞掲載、テレビ放映されました。
【2019年11月21日 朝日新聞・東北放送】

(雑誌)"教員の防災力、指導力を底上げ "
 本学防災教育研修機構の小田隆史准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年11月15日 時事通信社 内外教育】

(新聞)"子どもたち応援したい "
 本学の学生有志が募った寄付金を、台風で被災した丸森町の教育委員会に手渡した
 様子の記事が掲載されました。
【2019年11月13日 河北新報】

(新聞)"被災児童と遊び交流"
 本学学生が、台風で被災した伊達市梁川町をボランティアで訪れ、避難所生活を
 送る児童と遊びを通して交流を深めた様子の記事が掲載されました。
【2019年11月10日 河北新報】

(雑誌)"生活のなかの英語からひねりの効いた表現まで、伝わる楽しさを体験する。"
 英語教育講座の竹森徹士教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年11月号 月刊ままぱれvol.127】


2019年10月

(新聞)"子供の命最優先に"
 大川小学校をめぐる訴訟の判決に関して、防災教育研修機構の小田隆史准教授の
 コメントが掲載されました。
【2019年10月12日 読売新報】

(新聞)"命守る責務学ぶ"
 学部2年生に対するキャリア形成研修において、初めて荒浜地区での「防災研修」を
 実施した様子の記事が掲載されました。
【2019年10月1日 朝日新聞】

(雑誌)"子どもたちの自発的で主体的な生活のうえにある学びについて考える。"
 幼児教育講座の佐藤哲也教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年10月号 月刊ままぱれvol.126】


2019年9月

(新聞)"防災教育充実へ 官学が意見交換"
 本学と東北地方整備局が連携協定に基づき初の意見交換会を開催した記事が
 掲載されました。
【2019年9月24日 河北新報】

(新聞)"「命を守る教師」育成へ"
 防災教育研修機構が企画した防災研修の様子、また自主ゼミに参加した学生の
 感想等が掲載されました。
【2019年9月18日 朝日新聞】

(雑誌)"子どもの学びの課程や努力にしっかり気づき、評価できる芯のある
     先生になりたい"
 雑誌の企画ページ「社会で活躍する卒業生たち」に、本学卒業生のエッセイが
 掲載されました。
【2019年9月14日発行 蛍雪時代10月号】

(新聞)"大熊の児童ら支援"
 本学の学生が、大熊町の幼稚園、小中学校でボランティア活動に取り組んでいる
 様子の記事が掲載されました。
【2019年9月13日 福島民報】

(ウェブニュース)"「防災リテラシー向上」カギ握るのは学校教員。東日本大震災が
            教えてくれること"
 防災教育研修機構の小田隆史准教授による、学校防災、地域防災に関するコラムが
 掲載されました。
【2019年9月1日 ビジネスインサイダージャパン】

(雑誌)"大人が先回りせず、子どもたちでじっくり考える時間を大切に。"
 数学教育講座の田谷久雄教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年9月号 月刊ままぱれvol.125】


2019年8月

(新聞)"防災教育推進へ連携"
 本学と仙台市、仙台市教育委員会の3者が、防災教育・啓発の推進などに向けた
 連携協力協定を締結したことが掲載されました。
【2019年8月31日 河北新報】

(新聞)"防災意識向上 教師から"
 「311いのちを守る教育研修機構」が発足して初の本格研修が行われ、四国、関西地域を
 中心とした22名の参加者が、岩手、宮城の被災地を訪れた様子が掲載されました。
【2019年8月29日 河北新報】

(テレビ・ラジオ)"教員目指す学生が被災地で学ぶ"
 「311ゼミ」の学生企画による被災地(南三陸町、石巻市)でのフィールドワークの様子が
 放映されました。
【2019年8月21日 NHK】

(デジタル新聞)"奇跡の「メダカ」繁殖へ"
 本学の棟方有宗准教授が、震災の津波により絶滅したと思われていた「井土メダカ」を
 繁殖させ、復興につなげようと活動している様子が掲載されました。
【2019年8月12日 朝日新聞デジタル版】

(雑誌)"無意識に身につけてきた国語での伝えかた・伝わりかたについて考える。"
 国語教育講座の津田智史准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年8月号 月刊ままぱれvol.124】


2019年7月

(新聞)"対話重ね子どもに学ぶ"
 本学附属図書館で開催されている企画展「学び続ける教師を育てる」についての記事が
 掲載されました。
【2019年7月26日 河北新報】

(テレビ・新聞)"防災教育で協定"
 本学と東北地方整備局が防災・減災に関する連携協定を締結したことが、テレビ放映、
 新聞掲載されました。
【2019年7月18日 NHK】
【2019年7月19日 河北新報、日経新聞、建設新聞、建設通信新聞、日刊建設新聞】

(テレビ)"仙台市の小学校で「防災給食」体験"
 本学附属小学校で災害を想定した「防災給食」が提供され、児童が非常食を体験した
 様子が放映、掲載されました。
【2019年7月5日 東北放送】
【2019年7月15日 日本教育新聞】

(雑誌)"一人ひとりの子どもに応じた教育や支援を届けるために"
 特別支援教育講座の野崎義和講師のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年7月号 月刊ままぱれvol.123】


2019年6月

(新聞)"娘につづった「友だち幻想」"
 近年脚光を浴びている、菅野仁元教授の著書「友だち幻想」についての記事が
 掲載されました
 【2019年6月3日 朝日新聞】

(雑誌)"子どもたちが自分の気持ちをもっと豊かに表現するために"
 保健体育講座の佐藤節子教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年6月号 月刊ままぱれvol.122】


2019年5月

(雑誌)"生活に必要な知識や技術を持った、自立した大人に育てるために"
 家庭科教育講座の西川重和教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年5月号 月刊ままぱれvol.121】


2019年4月

(テレビ・新聞)"防災教育研修機構を設立"
 本学に防災教育研修機構が設立され、記者会見および除幕式等の様子がテレビ放映、
 新聞掲載されました。
 されました。
【2019年4月19日 NHK、東北放送】
【2019年4月22日 河北新報、読売新聞、毎日新聞、日経新聞、時事通信社WEB版】

(雑誌)"自分や自分の大切な人を守れる人になれ。毎日の学びが、防災への道しるべ"
 教職大学院の小田隆史准教授と大学院生2名のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年4月号 月刊ままぱれvol.120】


2019年3月

(新聞)"食育と思いでまんぷく"
 本学特別支援学校で、卒業祝いバイキング給食が提供された記事が掲載
 されました。
【2019年3月10日 河北新報】

(新聞)"夢へ踏み出す一歩"
 本学の一般入試前期日程の合格発表の様子が掲載されました。
【2019年3月7日 河北新報】

(新聞)"巧みな連弾 450人魅了"
 本学のピアノバンドの学生4人が、県庁ロビーコンサートでピアノの連弾演奏を
 披露した様子の記事が掲載されました。
【2019年3月1日 河北新報】

(雑誌)"子どもから大人まで世代によって変わる音楽の楽しみかたを考える。"
 音楽教育講座の日比野裕幸教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年3月号 月刊ままぱれvol.119】


2019年2月

(新聞)"大震災の教訓 人から人へ"
 南三陸町で開催された「東北被災地語り部フォーラム」にパネリストとして参加した山内明美
 准教授のコメントが掲載されました。
【2019年2月25日 朝日新聞】

(新聞)"震災体験なくても"
 震災体験のない本学教職大学院生が、震災遺構活用の手引き書を作成し、今後も震災伝承と
 防災教育を発信し続ける意思を固めているという記事が掲載されました。
【2019年2月15日 朝日新聞】

(新聞)"「防災フォーラム来月10日仙台で"
 3月10日に開催される「仙台防災未来フォーラム2019」で、本学大学院生が制作した
 震災遺構活用の手引き書についてのプレゼンテーションを行う旨の記事が掲載されました。
【2019年2月14日 河北新報】

(新聞)"「いのち守る教員」養成"
 新年度本学に、「311いのちを守る教員研修機構」(仮称)が新設される記事が掲載されました。
【2019年2月11日 河北新報】

(新聞)"個性豊か 学び表現"
 宮城県美術館で開催されている、本学美術教育講座の学生らによる卒業・修了制作展の
 様子が掲載されました。
【2019年2月8日 河北新報】

(雑誌)"社会に出て現実的に使える「学力」を学校や地域社会から考える。"
 教職大学院の吉村敏之教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年2月号 月刊ままぱれvol.118】


2019年1月

(新聞)"防災に活用 手作りピザ窯"
 本学附属特別支援学校中等部の生徒が、今年の卒業記念作製でピザ窯を2基
 手作りした様子が掲載されました。
【2019年1月15日 河北新報】

(新聞)"学習契機に復興支援「Fプロジェクト」"
 七ヶ浜町の向洋中生有志でつくる地域活動団体「Fプロジェクト」が取り組む、
 震災伝承と地域復興等活発な活動に対して、防災未来研の小田隆史准教授の
 コメント「想像し言葉のリレーを」が掲載されました。
【2019年1月11日 河北新報】

(テレビ・ラジオ・新聞)"震災遺構 荒浜小を防災教育に活用へ"
 防災教育の環境を整えるため仙台市と本学が連携し、荒浜小学校の活用に特化した
 教員向け指導書と児童生徒向けワークシートを本学防災未来研で作成している事が
 放映・掲載されました。
【2019年1月10日 NHKおはよう日本 県内版・ラジオ放送】
【2019年1月10日 TBCテレビ Nスタみやぎ】
【2019年1月17日 河北新報 毎日新聞】
【2019年1月20日 読売新聞】

(雑誌)"物質を結びつけ、新しい「何か」に繋がるかもしれない道を探る"
 理科教育講座の笠井香代子教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2019年1月号 月刊ままぱれれvol.117】


2018年12月

(新聞)"気軽にトーク「研究室の仲間 刺激に」"
 メダカの放流や生物調査に取り組む、本学4年生麻山賢人さんのコメントが
 掲載されました。
【2018年12月27日 河北新報】

(テレビ)"聴覚情報処理障害とは?"
 聴覚情報処理障害をもつ、本学学生の大学生活の様子やインタビュー、松﨑准教授の
 インタビュー、しょうがい学生支援室の取り組み等が放映されました。
【2018年12月27日 NHK あさイチ】

(新聞)"将来、日本語に関わる仕事を"
 今年で26回目を数える、留学生による日本語スピーチコンテストが開催された様子の
 記事が掲載されました。
【2018年12月26日 河北新報】

(新聞)"全国大学ビブリオバトルで最高賞を獲得"
 お薦めの本の魅力を紹介し書評を競う「第9回全国大学ビブリオバトル」で、
 本学3年生の真壁詩織さんが最高賞の「グランドチャンプ本」を獲得した記事が
 掲載されました。
【2018年12月24日 読売新聞】

(新聞)"初の留学生選手誕生へ 仙台六大学野球"
 本学の硬式野球部に所属する、台湾からの交換留学生 張翼宏さんが、来春のリーグ戦
 デビューを目指して練習する様子の記事が掲載されました。
【2018年12月18日 河北新報】

(雑誌)"「音痴」なぜ音程がはずれてしまう?音痴は生まれつき?"
 音楽教育講座の小畑千尋准教授の解説が掲載されました。
【2018年12月5日 Newton部冊】

(新聞)"「一人で抱えず報告を」いじめ 教員はどう対応?"
 本学主催の「いじめ防止研修会」が秋田大学で開催され、文部科学省児童生徒課の
 松本生徒指導室長が講演する様子の記事が掲載されました。
【2018年12月4日 秋田魁新報】

(新聞・テレビ・WEB)"部活動が抱える問題"
 12月2日、本学を会場に「日本部活動学会研究集会」が開催され、同学会副会長の
 神谷准教授(保健体育講座)のコメントが新聞記事に掲載、またテレビで放映されました。
【2018年12月2日 朝日新聞・NHK県内版NEWS645・NHK NEWS WEB】
【2018年12月3日 NHK「おはよう宮城」】
【2018年12月4日 ミヤギテレビ県内ニュース】

(雑誌)"毎日新しいものを見つける子どもの目を通して、世界をみつめ直す"
 美術教育講座の浅野治志教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年12月号 月刊ままぱれれvol.116】


2018年11月

(新聞)"高認合格 更生の糧に"
 本学大学院2年生の菊地諒子さんが、仙台・東北少年院で高認に向けた学習の支援を
 行う様子の記事が掲載されました。
【2018年11月18日 河北新報】

(新聞)"部活動、精神論から脱却を 生徒の自殺に研究者は"
 スポーツ界でたびたび問題が発覚する背景等について、神谷准教授のインタビュー記事が
 掲載されました。
【2018年11月16日 朝日新聞デジタル岩手版】

(新聞)"日本の未来 税どう生かす"
 財務省東北財務局が、本学附属中学校で出前授業を行った様子の記事が
 掲載されました。
【2018年11月8日 読売新聞】

(新聞)"「書くこと 人生に意味」受賞励みにプロ目指す"
 第2回仙台短編文学賞の締切りを前に、昨年度の受賞者の本学2年生芽応マチさん(筆名)の
 インタビュー記事が掲載されました。
【2018年11月1日 河北新報】

(雑誌)"小学校から中学校へ「通じる英語」の橋を架ける。"
 英語教育講座の西原哲雄教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年11月号 月刊ままぱれれvol.115】


2018年10月

(新聞)"科学のわくわく 学長伝授"
 岩沼市教委のサイエンススクールが岩沼中学校で開催され、村松学長が出前授業を行う様子の
 記事が掲載されました。
【2018年10月25日 河北新報】

(新聞)"こんな世界見ているよ 日常捉えた写真展示会を開催"
 本学附属特別支援学校の児童生徒が日常の一こまを捉えた写真の展示会の様子の記事が
 掲載されました。
【2018年10月23日 河北新報オンラインニュース】

(新聞)"津波の爪痕 防災考える"
 本学と教職員支援機構、タイ教育省が連携し学校防災研修の一環として、タイの小中学校長ら
 20名が旧荒浜小を視察、その後本学にて災害リスクを考察するワークショップを開催した記事が
 掲載されました。
【2018年10月18日 河北新報】

(新聞)"知的障害児 水難に備え"
 本学附属特別支援学校の小学部児童が、水難事故から身を守る技能の習得を目的に、
 初の着衣水泳訓練を行った記事が掲載されました。
【2018年10月17日 河北新報】

(新聞)"タイの校長が研修"
 教職員支援機構は日本型教育を海外に広める研修を本年度から開始し、タイ教育省から参加した
 20名の研修者が本学を訪れ、参加者に対し学校の課題解決に向けたマネジメント講義を実施した
 記事が掲載されました。
【2018年10月15日 日本教育新聞】

(新聞)"宮教大・松下プロ志望届"
 硬式野球部の松下圭太投手が、仙台六大学野球連盟にプロ志望届を提出した旨の
 記事が掲載されました。
【2018年10月11日 河北新報】

(新聞)"どうするみやぎの学力 教員の指導力向上が鍵"
 県教委が効率的な指導法を示すため設置した、検証改善委員会の座長を務める
 教職大学院の吉村敏之教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年10月3日 河北新報】

(雑誌)"楽しいい時間が創り出すポジティブな人間関係について考える"
 幼児教育講座の飯島典子准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年10月号 月刊ままぱれれvol.114】

2018年9月

(新聞)"どうするみやぎの学力 苦手分野 集中的に改善"
 市教委主催の「確かな学力研修委員会」に、市立小中学校教諭と宮教大教員らが
 集まり、モデル授業づくりを議論した様子の記事が掲載されました。
【2018年9月30日 河北新報】

(新聞)"楽都築いた調べ豊かに"
 故本間雅夫名誉教授の作品を紹介する「本間雅夫の音楽‘18」が
 10月14日に開催される旨の記事が掲載されました。
【2018年9月27日 河北新報】

(テレビ・WEB)"「みんな仲良く」の重圧にさよなら"
 故菅野仁副学長の著書「友だち幻想」について、
 NHK記者の取材に基づいた特集が組まれ、テレビで放映されました。
【2018年9月15日 NHK「おはよう日本」】
【2018年9月19日 NHK NEWS WEB】

(新聞)"西日本豪雨 被災者に寄り添う"
 本学学生が、倉敷市の小学校で学習支援ボランティアを行った様子が
 掲載されました。
【2018年9月14日 河北新報】
【2018年9月24日 日本教育新聞】

(新聞)"宮城教育リポート 部活のあり方 洗い直す」"
 教員免許状更新講習の一環で「運動部活動の教育学」という講座が開講され、
 神谷拓准教授が講師を務め議論を行った様子が掲載されました。
【2018年9月12日 朝日新聞】

(新聞)"共に歩もう"
 本学を卒業し、現在母校の志津川小で教師をしている首藤大和さんの
 コメント「教え子に震災伝承」が掲載されました。
【2018年9月3日 河北新報】

(雑誌)"三陸の文化が育む 東北人の豊かな精神性について考える"
 社会科教育講座の山内明美准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年9月号 月刊ままぱれれvol.113】


2018年8月

(新聞)"いじめ防止に一丸 いじめ防ぐ 私たちにできることは"
 仙台市立の小中学校と本学等が連携して、「仙台市・いじめ防止プロジェクト」の
 キックオフイベントが開催され、仙台二中学区の児童生徒と本学学生が話し合いを
 行った記事が掲載されました。
【2018年8月30日 河北新報、朝日新聞、毎日新聞】
【2018年8月31日 読売新聞】
【2018年10月15日 日本教育新聞】

(新聞)"解き方丁寧に宮教大生指導"
 大郷町で実施された同町の小中学生対象の「サマースクール」で、
 本学学生が児童生徒の指導にあったた記事が掲載されました。
【2018年8月26日 河北新報】

(新聞)"障害越えて成長の夏"
 大和町で開催された、障害児と健常児の「きぼっこキャンプ」に
 リーダーとして参加した本学学生のコメントが掲載されました。
【2018年8月24日 河北新報】

(新聞)"「友だち幻想」30万部突破"
 故菅野仁副学長の著作「友だち幻想」が、刊行から10年経った今、
 異例のヒットとなっている記事が掲載されました。
【2018年8月9日 河北新報<】

(新聞)"震災復興へ新聞生かす"
 盛岡市等で開催されたNIE全国大会で、本学学生が登壇し意見を述べた旨の
 記事が掲載されました。
【2018年8月7日 毎日新聞】

(雑誌)"児童虐待を防ぐために、私たちが向き合うべきこと。"
 特別支援教育講座 関口博久特任教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年8月号 月刊ままぱれれvol.112】


2018年7月

(テレビ)"「英語教育」先生たちも大変! 子どもだけじゃない"
 2020年度の学習指導要領改訂に伴い、大きくかわる小学校の英語教育に
 ついて、英語教育講座の西原教授のコメントが紹介されました。
【2018年7月24日 仙台放送 PRIME NEWS」】

(新聞)"「探究の対話」学ぶ "
 「探究の対話P4C」の国際交流セミナーが、白石市で開催された
 記事が掲載されました。
【2018年7月24日 河北新報】

(新聞)"県中学総体 堀越(宮教大附)が初優勝 "
 県中学総体の男子走り高跳びで、附属中の堀越鉄平さんが初優勝した
 記事が掲載されました。
【2018年7月23日 河北新報】

(新聞)"変わる小学英語 "
 「教員の指導力向上を」と題して、英語教育講座の鈴木渉准教授のインタビュー
 記事が掲載されました。
【2018年7月20日 河北新報】

(新聞)"人間関係への処方箋 10年前刊行「友だち幻想」異例のヒット"
 故菅野仁副学長が刊行した「友だち幻想」が、10年後の今異例の売れ行きを
 記録している記事が掲載されました。
【2018年7月3日 河北新報<】

(雑誌)"いろいろな運動遊びで、将来の健康に繋がる身体をつくる。"
 保健体育講座 木下英俊教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年7月号 月刊ままぱれれvol.111】


2018年6月

(新聞)"論点 大川小高裁判決"
 「マニュアル主義危惧」と題して、学校教育講座の田端健人教授の
 コメントが掲載されました。
【2018年6月13日 毎日新聞】

(新聞)"遺構生かし震災学ぶ 教員ら旧荒浜小視察"
 本学学生が、震災遺構として一般公開されている旧荒浜小を
 視察した様子が掲載されました。
【2018年6月13日 産経新聞】

(新聞)"部活 朝練習原則禁止に"
 『運営ルールや目標「自治集団」で決定を』と題した、保健体育講座の
 神谷 拓准教授のコメントが掲載されました。
【2018年6月6日 朝日新聞】

(雑誌)"言葉や情報を届け、人と繋がる 未来について考える。"
 特別支援教育講座 三科聡子准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年6月号 月刊ままぱれれvol.110】


2018年5月

(ラジオ)"部活動指導について"
 保健体育講座の神谷 拓准教授が、部活動指導に関するコメントを出しました。
【2018年5月29日 NHKラジオ「NHKジャーナル」】

(新聞)"工大と宮教大奮闘、実力接近"
 仙台六大学野球の総評が掲載されました。
【2018年5月23日 河北新報】

(新聞)"個性と調和 三者三様"
 音楽教育講座の吉川和夫教授が参加する、作曲家グループ「緋国民楽派」の
 仙台初の作品演奏会についての記事が掲載されました。
【2018年5月22日 河北新報】

(新聞)"「ブラック部活」解消なるか"
 保健体育講座の神谷 拓准教授のコメントが掲載されました。
【2018年5月14日 朝日新聞】

(新聞)"本社来訪"
 本学学生2名を含む「せんだい・杜の都親善大使」が、着任のあいさつのため
 河北新報本社を訪れた様子の記事が掲載されました。
【2018年5月8日 河北新報】

(新聞)"「災後」に育つ 震災7年の学びや"
「乗り越える経験伝えて」と題した、小田隆史准教授のコメントが掲載されました。
【2018年5月2日 河北新報】

(雑誌)"里山の資源活用を通して人と自然の関わりについて考える。"
 社会科教育講座 西城 潔教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年5月号 月刊ままぱれvol.109】


2018年4月

(新聞)"防災に強い教師育成"
 本学の取り組みについて、村松学長のコメントが掲載されました。
【2018年4月29日 河北新報】

(新聞)"宮教大 今年は強いぞ"
 本学硬式野球部が、強豪東北福祉大に勝利した記事が掲載されました。
【2018年4月27日 河北新報夕刊】

(新聞)"震災伝承 若者が決意"
 本学学生2名のコメントが掲載されました。
【2018年4月27日 河北新報】

(新聞)"避難判断 教員を養成"
 震災当時、南三陸町立戸倉小の校長を務めていた麻生川敦さんが、
 本学で講義を行う様子が掲載されました。
【2018年4月24日 読売新聞】

(新聞)"学校のルール 守れる?"
 幼児教育講座の佐藤哲也教授が監修し県教育委員会が作成した、
 子どもが幼稚園や保育園に通う保護者向けのパンフレットの
 紹介記事が掲載されました。
【2018年4月18日 読売新聞】

(新聞)"宮教大、仙台大下す"
 本学硬式野球部が、19季ぶりに仙台大に勝利した記事が掲載されました。
【2018年4月10日 河北新報】

(新聞)"杜の都 私たちがPR 親善大使3人決定"
 本学学生2名が、「2018せんだい・杜の都親善大使」に選出された記事が
 掲載されました。
【2018年4月8日 河北新報】

(新聞)"春、頂点つかめ 仙台六大学野球 7日開幕㊥"
 本学硬式野球部について掲載されました。
【2018年4月6日 河北新報】

(新聞)"街頭を行進 仙六野球PR"
 本学チアリーダー部が、青葉区の中心部をパレードする様子が
 掲載されました。
【2018年4月1日 河北新報】

(雑誌)"○か×かだけの結論にとらわれず、その解を導き出す子どもたちの
 考え方を理解する。"
 数学教育講座 市川 啓准教授のインタビュー記事が掲載されました。
【2018年4月号 月刊ままぱれvol.108】

clear
先頭へ戻る