平成16年4月1日に学校教育法が改正され、「認証評価制度」が導入されました。これによって、大学は、教育水準の向上に資するため、教育研究等の状況について、自ら点検・評価を行い、7年以内ごとに、認証評価機関による評価(認証評価)を受けることが義務化されました。

本学は、平成17年度に大学基準協会の認証評価(相互評価)を受け、大学基準に適合している(「勧告」は「なし」:認定の期間は2013年〈平成25年〉3月31日まで)として、平成18年4月1日付けで認定されました。

本学は、認証評価制度に国立大学として初めて取り組んだ大学(17年度は他に2大学)となりました。本学には、改善勧告はなされていませんが、結果を真摯に受け止め、より一層大学の教育・研究の推進、管理運営の改善に努めてまいります。

平成17年度大学基準協会認証評価に認定されました。