国立大学法人 宮城教育大学



The Voice
-教師の道を歩む先輩-

子どもたちと心を通わす喜びを感じて

初等教育教員養成講座
体育・健康コース
三浦 万歩
●山形県立酒田東高等学校出身
●山形県教員採用試験 特別支援 合格



今しかできないこと!

 大学生活の中で私は、カンボジアでの教育支援のボランティア活動に参加しました。具体的には現地の学校を訪問して体育や音楽、図工などを教えたり、運動会も開催しました。言葉が通じない海外での活動ということで、始めはとても不安でしたが、子ども達のきらきらと光るまなざしや笑顔、「もっと学びたい、学ぶことは楽しい」と全力で学びに向き合う姿を目にしたとき、それまでの不安は一気に消え去り、気付けば自然とジェスチャーで子ども達に接している私が居ました。運動することの楽しさや、何かを作り上げることの喜びが伝わり、心が通じ合った時の感動は忘れられません。
 この活動を通して、どんな境遇の子どもにも恵まれた教育が必要であると実感し、改めて教育の素晴らしさを強く感じました。「今しかできない、やってみよう!」という気持ちで、一歩踏み出し挑戦してみたことで、自分の知らなかった世界を知ることができ、教師を目指す私にとってたいへん貴重な経験となりました。



多くの人に支えられて

 教育実習の際、実際の学校現場で子ども達を目の前にした初めての授業で、とても緊張したことを覚えています。授業準備は本当に大変でしたが、それ以上に子ども達と過ごしていく中で少しずつ心が通じ合う一瞬一瞬の喜びと楽しさから、教員という仕事のやりがいを感じることができました。
 教員採用試験では、共に試験を受ける友人と勉強し、キャリアサポートセンターの先生方の力をお借りして、ピアノ実技や面接、集団討論の練習などを行いました。自信を無くしかけたこともありましたが、先生方や友人、家族など、周りの人達の励ましや協力が支えとなり、なんとか無事に教員採用試験に合格することができました。



夢を追いかけて

 私にとっての宮教大の魅力は、教員になりたいという同じ志をもつ仲間と出会うことができるところ、そして、自分を磨くことのできる環境が整っているところだと思っています。教員という夢を、まっすぐに追いかけるための最適な学び場です。高校生の皆さんの努力が実りますように。応援しています。