ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

インフルエンザにかかった場合の対応について

                                                                    平成28年12月27日
 学 生 各 位
                   学務委員会委員長
                                               学生生活委員会委員長
                   保健管理センター所長

         インフルエンザにかかった場合の対応について

 このことについて、インフルエンザの感染により医療機関から修学の自粛
を指示された場合は、下記の手順により連絡を行うこと。

                              記

○ インフルエンザに感染した場合、発症した次の日から5日を経過し、
  かつ、解熱後2日を経過するまでを出席停止とする。

○ インフルエンザの感染により医療機関から修学の自粛を指示された場合は、
   担当事務(※)に電話連絡をすること。

○ 授業期間中にインフルエンザ感染と診断され出席停止となった場合は、
 事前もしくは回復後に欠席した授業担当教員にインフルエンザにより欠席
 した旨を申し出ること。
  なお、欠席にかかる証明については、医療機関受診の領収書及び処方され
 た薬が分かるものを持参のうえ、授業担当教員の指示に従うこと。

○ インフルエンザ感染により試験が受験できなかった場合、追試験が認
 められることがあります。原則として、その科目の試験日から7日以内に受験
 できなかった理由を証明する資料(受診した医療機関の診断書又は領収書
 及び処方された薬が分かるもの)を添えて、追試験願(押印必要)を
 教務課学部教務係へ提出してください。

○ 授業・実習・定期試験等で、インフルエンザ治癒後の登校許可証明書が
 必要な場合(感染の恐れが無い場合に出席停止期間を変更し、早期登校を
  許可する場合を含む)は、保健管理センターで発行する。(受診した医療機関
 の診断書でも可)詳しくは、保健管理センターに連絡すること。
 (Tel 022-214-3344)

担当事務
 学部授業・試験に関すること:教務課学部教務係 (Tel 022-214-3626)
 大学院授業・試験に関すること:教務課大学院教務係(Tel 022-214-3717)
 教育実習等に関すること:教務課教育実習係(Tel 022-214-3333)
 上記以外に関すること:学生課学生企画係 (Tel 022-214-3595)

先頭へ戻る