ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

【図書館】新聞の読み方講座を開催します(12/5, 12/19)

学生の皆さんへ

附属図書館スパイラルセッション「新聞で何を学び、何を教えるか―伝えること、知ることの大切さ」を開催します。

2018年12月5日(水)、19日(水)の2回にわたり、河北新報社 武田真一先生をお招きし、新聞の読み方や使い方、新聞活用教育の可能性などについてご講義いただきます。
報道やマスコミの現場でご活躍されている先生から直接に指導を受けることのできる貴重な機会です。
ぜひご参加ください。

《講義内容》
● 新聞の読み方、使い方を知り、言葉遣いと文章表現の要点を考えます。
● NIEを念頭に、新聞活用教育の可能性を考えます。
● コラムや社説の書き写し、記事の見出し作りなどを体験します。
● 気になった記事の切り抜き、使えなかった言葉や言い回しの筆写など課題に挑戦します。


事前申し込みが必要となります。

◎ 附属図書館スパイラル・セッション
■ 「新聞で何を学び、何を教えるか―伝えること、知ることの大切さ」
■ 講師: 武田真一先生(河北新報社 防災・教育室長 兼 論説委員会委員)
■ 日時: 
□ 第1回: 2018年12月 5日(水)13時~14時30分
□ 第2回: 2018年12月19日(水)13時~14時30分
※ 2回ともご出席ください。
※ 各回とも事前課題があります。
■ 定員: 20名(先着順に受け付け、定員になり次第、締め切ります)  
■ 会場: 附属図書館1F ライブラリー・カフェ

◎ 申込み方法
附属図書館カウンターに直接申し込むか、下記の通りメールで申し込みください。
■ 件名: 新聞講座
■ 本文: ① 氏名 ② 学籍番号 ③ 所属 ④ 学年 を明記のこと。
■ 宛先: toshokan★staff.miyakyo-u.ac.jp ★は半角のアットマークに直してください。


◎ 問い合わせ先
附属図書館 022-214-3348

先頭へ戻る