ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

学生寄宿舎整備検討にかかるサウンディング型市場調査の実施について

 本学では、広域拠点の教員養成単科大学として、県内遠隔地、東北等各地域から学生、現職教員学生を集め、本学ならではの教員養成を目指す重要な施設として良好なアメニティを兼ね備えた学生寄宿舎の整備を検討しています。

 宿舎整備事業にあたっては、老朽化により機能低下の著しい水の森団地の女子寮機能を、同様に老朽化の著しい青葉山団地の既存男子寮の新築整備(整備費・管理運営)に合わせて集約するとともに、女子寮敷地の民間活力による利活用も含めて検討し、小規模な単科大学における保有資産の有効活用を踏まえた学生寄宿舎整備について課題の抽出等の検討を行っているところです。

 その中で、宮城教育大学宿舎整備事業をPFI法又はPFI法に準ずる方式にて実施した場合の事業者の参入可能性を把握するとともに、水の森団地活用事業について民間事業者等のヒアリングや地域特性を踏まえた課題対応策について検討することを目的し、今回別紙実施要領によるサウンディング型市場調査を実施することといたしました。

 つきましては、以下資料をご覧いただき、本事業に興味関心のある事業者様はぜひご協力のほどよろしくお願いいたします。


令和2年11月20日

国立大学法人宮城教育大学


事業概要説明資料(PDF)
様式1 サウンディング実施要領(PDF)
様式2 エントリーシート(Word)
様式3 サウンディング質問票(Excel)
様式4 調査シート(Word)
既存図面(PDF)
先頭へ戻る