ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

【附属学校園】「不審者対応合同避難訓練」を実施

 去る平成22年11月9日(火)、宮城教育大学附属学校園の各校園で、「不審者対応合同避難訓練」を実施しました。附属学校園では毎年1回、上杉地区に属する幼稚園、小学校及び中学校の一斉訓練を行っております。
 今回の訓練は、休み時間中に敷地内に不審者が侵入したことを想定し、安全かつ速やかに避難する能力や態度を育てることを重点目標とし、実施されました。
 不審者発見の校内放送により、子ども達は直ちに教室に入ると共に出入り口を閉め、一カ所に集まるという避難行動をとりました。
 また、教職員は、警備員、事務部、各校園間の情報伝達と、全校(園)緊急通報を迅速かつ正確に行う訓練を行いました。
 情報の伝達はトランシーバーと、校内放送を使用することで速やかに行い、また、不審者対応も各校園の教職員が連携して実践し、緊急時の対処法を習得することができまた。

不審者対応合同避難訓練附属.jpg

先頭へ戻る