ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

家庭科教育講座の教員の公募について

1.講座名    教育学部 家庭科教育講座

2.職名及び人員 准教授又は講師 1名

3.専攻分野   被服材料学(高分子化学)、被服整理学(洗浄、染色)

4.担当科目等

 (1)担当科目

     学部:被服の材料、生活と被服、生活と健康、材料加工、家庭科実験、家庭科演習、

        家庭(小学校の教科専門科目)、卒業研究、その他教養教育科目等を担当することもある。

    大学院:繊維材料学特論、材料科学特論、被服学特別実験・実習、学校実践研究、

特別研究、被服学特講、修士論文指導

(2)その他 附属学校園および地域との連携活動等

5.応募期限  平成28年10月31日(月)必着

6.採用予定日 平成29年4月1日(土)

7.応募条件 (1)博士の学位を有する者、又はそれと同等以上の学力を有すると認められる者

       (2)大学院修士課程を担当できる者

       (3)着任後、仙台市もしくはその近郊に居住できる者

8.応募書類 (1)自筆の履歴書(市販の用紙でも可。高等学校卒業時から記載し、

          6ヶ月以内に撮影した写真を貼付のこと)

     (2)研究業績リスト(発表年次の古いものから順に。査読の有無も記す

  こと。研究業績に加え、教育・職務上の業績を記載すること)

        (3)研究論文・著書の別刷り(コピー可) 

        (4)研究の概要とこれからの研究計画(A4版 2000字程度)

        (5)赴任後の学生教育に対する抱負(A4版 2000字程度)

9.その他   (1)面接を行う場合があります。その際の旅費等はご負担ください。

        (2)応募書類は返却いたしません。

        (3)給与及びその他諸条件については、本学の規定により処遇します。

        (4)本学の概要はホームページ(http://www.miyakyo-u.ac.jp/)をご参照ください。

        (5)宮城教育大学は「男女共同参画社会基本法」の趣旨に則り、男女共同参画を推進しています。業績や能力に関わる評価が同等と認められる場合には、女性を優先して採用します。

10.応募書類送付先

      〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地

      国立大学法人宮城教育大学 総務課人事係(電話022-214-3307

      (封筒に「被服学教員応募書類在中」と朱書し、簡易書留にて郵送のこと)

11.問い合わせ先

  国立大学法人宮城教育大学教育学部家庭科教育講座  教授 西川 重和

        電話:0222143481
      E-mailnishika●staff.miyakyo-u.ac.jp(●を@に置き換えてください。)
先頭へ戻る