ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

「宮城教育大学放課後子ども支援学長奨励賞」で2組8名を表彰

 近年少子化、核家族の増加に伴い、多くの子どもたちは学校終了後、保護者が帰宅するまで児童館や学童保育施設で過ごすことを余儀なくされております。宮城教育大学ではそのような子どもたちの勉強を支援したり、見守ったり、一緒に遊んだりして積極的に子どもたちと関わり学習支援活動を担っている学生に対し、学長奨励賞として表彰しており、3月20日(金)にその授与式を行いました。
 このたび受賞した学生は、私立小中学校に併設されている学童保育施設で学習支援活動を行った学部4年生の長谷川果奈さんほか6名、及びNPO法人が設立した学童保育施設で学習支援活動や発達障害児への積極的な支援を行った大学院学生の村形舞香さんです。
 授与式のあと、それぞれが活動内容について発表し、聴講者からの質問に熱心に答え、終始和やかな雰囲気となりました。             
 本学では学生の多くが教員となって社会に飛び出していきますが、学習支援等の活動経験が大いに役立つことを期待しています。 

 受賞学生
 ・聖ウルスラ学院英智小・中学校学童保育「英智光クラブ」支援員
 (長谷川果奈 佐藤洋介 荒井徹也 菊池龍馬 舎利倉聡哉 李 裕霞 高橋舞優 以上7名)
 ・村形 舞香

kodomo.jpg

先頭へ戻る