ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

「第一回 図書館教養講座 見上学長ランチタイムセッション」を開催しました。

 今年度、図書館では、図書館教養講座~み☆る き☆く 作☆る~を開催いたします。その第一回として、5月1日に見上学長のランチタイムセッションが開催されました。
 この図書館教養講座は、平成22年度から継続実施している「ドクショノススメ☆プロジェクト」の一環として企画されています。
当日は、昼休み時間にもかかわらず、学生をはじめ教職員等、たくさんのギャラリーが集まりました。
 見上学長は人生で最初に買った本が顕微鏡に関する本だったこと、高校時代には、物理学者の『本多光太郎伝』を読み、深く感銘を受け、(人生を決めた一人!)その後、『生物学序説』、『原生動物』そして、訳書『科学者になるために』と本だけではなく、人との出会いもつながっていき、生物学者を志したことなどを自身の蔵書を提示しながら話されました。お話しぶりを通して、先生の温かくまじめなお人柄に触れることもできました。
 最後にギャラリーから「しおりは使う派か、使わない派か」「なぜ、物理学者にはならなかったのか」といった質問も出され、終始和やかな中、終了しました。
 今後も図書館教養講座~み☆る き☆く 作☆る~は、様々な内容で実施予定です。ご期待ください。

 

 

              lunchsession02.jpg  lunchsession01.jpg

 

先頭へ戻る