ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

【附属学校園】上杉地区防犯実技研修会を開催しました

 宮城教育大学附属学校園(上杉地区)では、不審者から幼児、児童、生徒を守るため、平成20年12月22日(月)に防犯実技研修会を開催し、附属幼稚園、附属小学校、附属中学校の教職員が参加しました。
 これまでも、入構時のチェックや、各附属学校園及び合同の避難訓練などを実施し、安全管理に取り組んできましたが、今回は仙台北警察署員の指導の下、不審者が小学校2年生の教室に侵入したというシミュレーションで、担任役、児童役、職員室の待機役などをそれぞれが担当し、不審者対応の実技を行いました。
 また、校内の体制作りや、緊急時に優先しなければならない事柄等を再確認した後、護身術や、さすまたの使用法についても習得し、大変有意義な研修会となりました。

 

bouhan1.JPG

 

左:不審者対応の実技

下:護身術の指導を受ける参加者 

 


 

  bouhan2.jpg 

 

 

 

 

先頭へ戻る