ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

仙台市天文台と「連携協力に関する覚書」取り交わし

 宮城教育大学は、平成21年7月1日、仙台市天文台と「連携協力に関する覚書」を取り交わしました。これは、平成14年以降、宮城県教育委員会、仙台市教育委員会をはじめ5教育委員会、1市、1社会教育施設に次いで8件目の取り交わしとなりました。宮城教育大学と仙台市天文台とは、これまでも学生ボランティアや講演会等、理数系教育分野において連携事業を深めてきたところで、今後は更なる組織的な連携を図ること、また理数系分野はもとよりあらゆる教育分野で連携を強化することについて双方が合意したものです。
 当日は宮城教育大学の高橋孝助学長が仙台市天文台を訪れ、幹部職員が見守るなか、土佐 誠台長と覚書に署名、交換を行いました。今後、これまでの事業のほか、「スペースラボin仙台市天文台」と題した宇宙に関する実験教室を9月から毎月1回、また芸術系教員らによるロビーコンサートも予定しており、学生の理科離れを食い止めるだけでなく、高等教育機関の地域貢献・社会貢献の在り方に関する成果が期待されます。


先頭へ戻る