ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

ASPUnivNet 第1回 連絡会議開催

 「ASPUnivNet」第1回連絡会議が2009年9月5日に東京国際交流館にて開催されました。

 本会議は、2008年11月に宮城教育大学が開催した『ユネスコ・スクールの集い』に、ユネスコ・スクールの加盟校や加盟を検討している学校を支援する大学間ネットワーク【ASPUnivNet】の構築をめざした大学関係者が集まり合意し、12月2日~5日開催のESD国際フォーラム2008において宣言文を発表したことにより開催されたものです。

 今回、新たに3大学が加わり、加盟大学は11大学となりました。(北から、北海道教育大学釧路校、岩手大学、東北大学大学院環境科学研究科、本学、立教大学ESD研究センター、玉川大学教育学部、金沢大学、三重大学、奈良教育大学、岡山大学、九州大学大学院言語文化研究院)

 本会議では、大学、学部、研究科単位の参加以外にも、協力員(個人)としてのオブザーバー参加も認められ、協力しながら運営していくこととなりました。

 なお、平成23年3月31日まで本学が事務局を担当することが承認され、第2回連絡会議は11月14日に岡山大学にて開催する予定です。

 本会議終了後に、ASPUnivNetが中心となって申請した日本/ユネスコ パートナーシップ事業:【ASPUnivNetの連携強化と加盟大学をハブとするユネスコ・スクール地域拠点の形成】検討会が開催され、文部科学省・浅井国際協力政策室長や本事業の評価委員等にもご出席いただき、今後予定されている地域ワークショップやダブルネット(ユネスコ・スクール加盟校とASPUnivNet加盟大学)・ワークショップの企画を検討しました。

 

第一回連絡会議

日本/ユネスコ パートナーシップ事業検討会

先頭へ戻る