ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

「ドクショノススメ☆プロジェクト」で貸出冊数が大幅に増加しました。

 

 図書館では、平成22年度からドクショノススメ☆プロジェクトと題した読書啓発活動を継続して実施しています。同プロジェクトでは、学生の図書館利用を促進し、授業時間以外の学修時間を増加させるため、館内アメニティの充実や様々なイベントの企画など学生が図書館に足を運びたくなる取り組みを行っています。

 特に毎年後期に実施している読書ポイント制度は、返却冊数をポイント化するというもので好評を博しています。これらの取り組みの結果、平成23年度の学生の貸出冊数はプロジェクト開始前の平成21年度のおおよそ1.5倍となりました。今年度からは、学生ボランティアがツイッターでおすすめ本をつぶやく試みも始まりました。

 3年目にあたる今年度はプロジェクト企画の一つとして公募した図書館キャラクター「MUE(ムェ)」をフル活用し、季節ごとのイベントに合わせ、変化に富んだ広報を行っています。図書館では、今後も様々な読書啓発に力を入れていきます。

 
 

◆附属図書館HP 「読書ポイント制度」

◆Twitter MUES宮教大図書館ボランティア @MUES_muelibrary

 
library_point01.jpg
ハロウィンバージョンの「MUE(ムェ)」。シーンに合わせて作られた
全10曲のテーマ曲は図書館のウェブサイトで聴くことができる。
 
library_point02.jpg
時々、「アタリ」がでる自動貸出装置
 
 
 
 
 

 

 

先頭へ戻る