ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

  • ホーム
  • 新着情報
  • 「いのちを守る教員のための防災教育ブックレット/ポータルサイト」の公開について

「いのちを守る教員のための防災教育ブックレット/ポータルサイト」の公開について

宮城教育大学と国土交通省東北地方整備局は、令和元年7月に締結した防災教育の推進に関する連携協定に基づく共同研究の成果として、このたび「教員のための防災教育ブックレット(風水害編)」を刊行しました。

学校での防災教育の重要性は多くの教員が認識していますが、多忙な現場では、防災に関する学習を教科単元のなかにどう位置づけたら良いか、適切な教材・資料をどう入手したら良いかなど戸惑いがあり、ゼロからの授業づくりは難しいという声を踏まえたものです。

宮城教育大学教職大学院の防災教育科目において、履修した現職院生の所属小・中学校における授業実践、東北地方整備局の防災専門家らによる特別講義やアドバイスを受けながら、学校教育における防災の授業づくりの充実を支援することを目的として作成されました。

ブックレットには、(1)授業づくり、(2)授業実践、(3)振り返りを柱として、指導案やハザードマップ等の地図の入手法をはじめ、授業で使用できるイラストや資料集、宮教大と整備局の防災に関する取組を掲載しています。

bousaibook1.pngbousaibook2.pngbousaibook3.png



また、このブックレット(全ページ)や、関連するフリーイラスト(無料ダウンロード可)、便利なウェブサイトへのリンク先などを掲載した「いのちを守る教員のための防災教育ポータル」をあわせてウェブ上に公開しました。

bousaiportal1.png

bousaiportal2.pngbousaiportal3.png


 宮城教育大学では、この成果を学生向け防災教育の教材として使用するとともに、広く学校現場に周知・提供して活用してもらうことにしています。東北地方整備局では、東北6県にある各事務所を通じて、防災教育・啓発を行う関係先に提供することにしています。

宮城教育大学は、昨年4月、<311いのちを守る教育研修機構>(防災教育研修機構)を設置して、教員の学校防災力向上に関する取組を展開しております。東北地方整備局も昨年4月に防災室を新設し、防災・減災機能を強化しています。今回の取組は、「新たなステージに対応した防災教育の推進」に関する両機関の共同研究の一環として行われたものです。

 

 

本件お問い合わせ先

〇国立大学法人宮城教育大学

 防災教育研修機構(小田・斎藤)

 TEL 022-214-3296


〇国土交通省 東北地方整備局 

 防災室(千葉)

 TEL 022-225-2171(内2163


mue_thr_logo.png


先頭へ戻る