ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

  • ホーム
  • 新着情報
  • プレスリリース:脳の血管障害を血流の拍動から予測する ‐頚動脈血流の波形分析に基づく認知症の予防へ‐

プレスリリース:脳の血管障害を血流の拍動から予測する ‐頚動脈血流の波形分析に基づく認知症の予防へ‐

 宮城教育大学保健管理センターの橋本潤一郎教授と、東北大学大学院医学系研究科腎・高血圧・内分泌学分野の伊藤貞嘉教授の研究グループは、VU大学医学センター(アムステルダム)のBerend E. Westerhof博士と共同で、脳MRIで検出される白質病変を引き起こす新たな機序を解明しました。


 大脳白質病変は、認知障害や脳梗塞の危険因子であることが知られています。
橋本教授らの研究グループは、高血圧患者の頸動脈血流波形を超音波で調べ、収縮後期の血流拍動が増大するほど白質病変が増加することを発見しました。
今回用いた血流増大係数(Flow augmentation index)は、従来の血圧増大係数(Pressure augmentation index)よりも正確かつ早期に白質病変や血管老化を予測し、脳疾患の早期予防への応用が期待されます。


 大脳の微小血管障害の現れである白質病変は、その多くが加齢や動脈硬化に伴って発症しますが、その原因は明らかではありませんでした。研究グループは今回、大動脈硬化や血圧反射波注3の増大に伴って頸動脈血流の収縮後期拍動が増加すると、脳微小血管内で血流拍動が増加して血管が傷害され、白質病変が出現することを明らかにしました。

 本研究成果は、20181025日付で米国心臓協会(American Heart Association, AHA)の学会誌であるArteriosclerosis, Thrombosis, and Vascular Biology誌の電子版に掲載されました。


関連リンク

関連資料
 プレスリリース(PDFファイル:587.24KB)
先頭へ戻る