ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

着衣水泳学習を実施しました。【附属特別支援学校】

附属特別支援学校では、914日(金)に「着衣水泳学習」を初めて実施しました。県内では、特別支援学校における水難事故を想定した訓練はこれまで実施例がなく、また小学部児童への実施は全国的にも例がないため、手探りの中での試みとなりました。

午前の部では小学部1年から6年生の児童16名が参加し、初めに、附属学校教員が溺れる役となり救助の様子を実演して学習目的を説明した後、児童たちは着衣のまま小プールに入水。衣服が体につく感覚を感じながら教員たちが作る水流に逆らって歩き、体の重さや足がとられる感覚を体験しました。続いて大プールに移動して、救助されたときにしっかり物につかまり、体を浮かすための学習を体験。一部の児童から「冷たい」「怖い」という声が聞こえましたが、教員たちに声をかけられながら、全員で学習を体験しました。

 学習後、水谷好成特別支援学校長は「昨今、水難事故への備えが重要視される中、教師も保護者も不安を感じていた。障害があってもいざというときに自分の身を守ることができる児童生徒を育成したいとの願いから計画したが、子どもたちは大変がんばっていた。子どもたちは想定外の動きをすることもあるが、ゆっくりと段階的に進めるのが大切」と講評を述べました。午後には中学部・高等部の生徒も体験し、水難事故から身を守る備えについて学びを深めました。


当日の様子 

DSC04495_R.JPG

DSC04538_R.JPGDSC04564_R.JPGDSC04615_R.JPG

















溺れる役を演じる教員(左上)

教員が作る水流に逆らって水の中を歩く児童(右上)

プールリングブイにしっかり捕まる児童(左下・右下)

先頭へ戻る