ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

  • ホーム
  • 新着情報
  • 宮城県、仙台市に県全域の『通学フリーパス(仮称)』創設を陳情しました/仙台学長会議

宮城県、仙台市に県全域の『通学フリーパス(仮称)』創設を陳情しました/仙台学長会議

宮城県内19の国公私立大学、短期大学の学長で組織する仙台学長会議(代表・大谷哲夫東北福祉大学学長)は、103日(火)、宮城県と仙台市に「宮城県全域に通用する『通学フリーパス(仮称)』の創設に関する陳情書」を提出いたしました。

この陳情は、現在、仙台市営バス運行区域内に通う学生は「学都仙台 市バス・地下鉄フリーパス」の利用により格安で乗り放題となるものの、区域外の学生は対象外であることから、居住地域や使用交通機関により生じる交通費の格差を緩和すること、また近年増加しているボランティア活動等の学外における社会貢献活動等に参加する学生たちの自己負担を軽減することを目的に行ったものです。

 この日は、1110人の学長が仙台市と宮城県を訪問し陳情の趣旨説明を行いました。大谷代表は「県全域に通用する通学フリーパス(仮称)が実現すれば、首都圏への学生流出を止める1手段となり得ると考えられること、大学だけでなく小・中・高学校及び幼稚園にまで及ぶものとなり、全国にさきがけるものになる」と期待を語りました。


陳情書内容はこちら

chinjyo01.jpg

chinjyo02.jpg










仙台市への陳情の様子          陳情書を山田副知事へ








先頭へ戻る