ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

  • ホーム
  • 新着情報
  • 【プレスリリース】航海するクモ:帆走行動の発見および飛行能力との関連性

【プレスリリース】航海するクモ:帆走行動の発見および飛行能力との関連性

 宮城教育大学環境教育実践研究センター協力研究員・林守人博士をリーダーとする日本・英国・スペインからなる国際共同研究チームは、陸上動物であるクモが風の力を使い、ヨットの様に水上を航行する事を発見し、長らく説明の難しかったクモの飛行能力を維持する機構が、これらの水上行動と関連している事を明らかにしました。

 本研究成果は2015年6月30日(英国夏時間)にBioMed Central出版によりプレスリリースを受け、2015年7月3日(英国夏時間)発行の科学誌「BMC Evolutionary Biology」のオンライン版に掲載されました。
 
※研究概要及び本件の問合せ先等の詳細については、こちら(プレスリリース本文)をご覧ください。
先頭へ戻る