ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

  • ホーム
  • 新着情報
  • 【プレスリリース】仙台市図書館と本学附属図書館が連携協力に関する覚書を締結

【プレスリリース】仙台市図書館と本学附属図書館が連携協力に関する覚書を締結

 仙台市図書館と宮城教育大学附属図書館は、平成26年12月2日付けで連携・協力に関する覚書を取り交わしました。仙台市図書館が大学図書館と覚書を締結するのは、今回が初めてとなります。
 これによりスタートした「本の相互利用サービス(平成27年6月までは試行)」では、一般市民の方々も仙台市民図書館(せんだいメディアテーク内)を通じて、市街地から離れた場所にある宮城教育大学の本を取寄せできるようになります。宮城教育大学附属図書館は、これまでも一般市民の方々への貸出は実施していましたが、貸出・返却の都度来館し、利用者カードを作成することが必要でした。今後は、大学側の利用者カードを別途作成することなく、仙台市民図書館のカウンターを通じて貸出及び返却が可能です。宮城教育大学附属図書館では学校現場で役に立つ専門書を豊富に揃えていることから、現職の教員を始め、教育に関心のある方々の利用を積極的に呼びかけていく予定です。
 一方、宮城教育大学の学生も、これまで直接各館に出向かねばならなかったところ、毎日通学するキャンパスに仙台市図書館(各地区館含む)の本を取寄せできるようになったことで、これまで読むことを諦めていた幅広い分野の本を気軽に利用できるようになります。教員を目指す学生の視野を広げ、豊かな教養を身につける一助となるとともに、教員となってからも母校の資料が利用しやすくな
ることで、卒業生支援になることも期待されます。
 今後は、両館での共同イベント開催など、協力の幅を広げていく予定です。
 
 

kyoutei.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

覚書を取り交わす長根仙台市民図書館長(左)と遠藤宮城教育大学附属図書館長

 

 

問合せ先:

宮城教育大学附属図書館 情報サービス係長 渡邊(担当)または佐藤

  電話:022-214-3350 Fax:022-214-3351   

  e-mail:unyo●staff.miyakyo-u.ac.jp (●を@に置き換えてください)

仙台市民図書館 企画運営係主査 冨田(担当)または奉仕整理係長 和泉    

  電話:022-261-1586または1585 Fax:022-213-3524

 

先頭へ戻る