ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

平成30年7月豪雨災害に関するメッセージについて

 「平成307月豪雨災害」(特定非常災害に指定)により、西日本地域を中心として多くの地域で人的被害や浸水・土砂災害などが発生しました。宮城教育大学を代表し、災害の犠牲となられた皆様に哀悼の意を表しますとともに、被災された方、ご家族、関係者の皆様にお見舞い申し上げ、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

 宮城教育大学は、2011311日の東日本大震災に遭遇し、その直後から、学生ボランティアの派遣を中心に被災地区の児童・生徒や学校現場に向けた支援を実施してきました。

 被災地に寄り添い、被災地の一刻も早い復興を願いまして、本学では、防災教育未来づくり総合研究センター内に「西日本豪雨災害支援室」を設置するとともに、災害復旧や復興支援ボランティアの経験を広く公開し、復興への支援にご協力申し上げる所存です。

                           2018年7月18日

                            国立大学法人 宮城教育大学長  村松 隆

 
先頭へ戻る