ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

シンポジウム「キャンパスミュージアムを活用した体験型教育」を開催します

 宮城教育大学附属環境教育実践研究センターでは、2010年度より文部科学省特別経費「フィールドワークを基底とするリフレッシャー教育システムの構築」事業を進めてまいりました。

 今回のシンポジウムでは本事業の成果について報告するとともに、本学のフィールド教材園を実際に体験していただく予定です。お誘い合わせの上 是非ご参加下さい。※お申込は3月20日まで

 

1.日時:平成25年3月26日(火)12:50~16:30

2.場所:宮城教育大学231教室及び各フィールド教材園

3.対象:学校教員、一般市民

4.内容

 ・開会式

 ・リフレッシャー教育システムとは?(概要説明)

 ・教材園体験(1)

 ・教材園体験(2)

 ・意見交換会

※教材園体験

(1)14:20~15:05「ヤギとの触れあい」or「たのしい炭やき教室」

(2)15:10~15:55「蜜蝋キャンドル作り」or「粘土遊びから焼き物を作ってみよう」

※同時間帯に2つの体験実習をおこないますので、希望の内容を各時間帯から1つずつお選びください。

※野外でのフィールドワークを伴いますので、動きやすい服装と靴、必要に応じて雨具、防寒具などをご準備ください。

5.問い合わせ先・お申込み先

TEL:022-214-3537

FAX:022-214-3679 

E-mail:refresher-sec(at)ml.miyakyo-u.ac.jp ※(at)を@に変えて送信願います。

 

〈申込方法〉

申込用紙に氏名、参加を希望する教材園を記入し、FAXまたはE-mailにてお申し込みください。

 

・教材園体験(1)14:20~15:05

A 「ヤギとの触れあい」  or  B 「たのしい炭やき教室」

 

・教材園体験(2)15:10~15:55

C 「蜜蝋キャンドル作り」  or  D 「粘土遊びから焼き物を作ってみよう」

 

申込用紙ダウンロード.pdf

 

詳細については、リフレッシャー教育システムのWebサイトにてご確認ください。

先頭へ戻る