ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

『ユネスコ・スクールの集い』ユネスコ・スクール・ネットワーク会議を開催しました

  平成20年11月8日(土)宮城教育大学において、『ユネスコ・スクールの集い』ユネスコ・スクール・ネットワーク会議が開催されました。
   この会議は、ユネスコ・スクールへの参加校、申請校、およびユネスコ・スクールに関心のある学校が集まり、国際交流を通じて持続可能な社会の形成に向けて努力するための情報交換や、ネットワークの再構築を進めることを目的としています。

 当日は、全国の教育委員会や小中高、大学の教員、ユネスコ関係者ら約80人が出席し、アジア5カ国(バングラディシュ・中国・韓国・フィリピン・タイ)によるESDの取り組み発表や、各参加校の持続発展教育の取り組みや課題、大学との連携のあり方等を議論しました。
 また、ユネスコ・スクールの加盟校を支援する大学館ネットワークの構築をめざし、岩手大学、岡山大学、金沢大学、玉川大学、奈良教育大学から関係者が出席しました。この大学間ネットワークには、他大学からも参加希望があり、今後、関係者によりユネスコ・スクール支援のための合意書を作成し、スタートする予定です。

 今回の『ユネスコ・スクールの集い』ユネスコ・スクール・ネットワーク会議は、12月2日~5日開催のESD国際フォーラム(主催:文部科学省、日本ユネスコ国内委員会、国連教育科学文化機関(ユネスコ)、財団法人ユネスコ・アジア文化センター、共催:国連大学、宮城教育大学)のプレイベントとして位置付けられています。

 
unesco school2.jpg 

poster&group.jpg
先頭へ戻る