ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

附属図書館教科書展「『赤い鳥』と教科書」の開催について(7/10~8/10)

 この度、宮城教育大学附属図書館において、附属図書館教科書展「『赤い鳥』と教科書」を開催いたします。

 100年前の1918(大正7)年7月に創刊された児童文芸誌『赤い鳥』は、日本児童文学史を語る上で
欠かせないものであるだけでなく、教育との関わりにおいても重要な雑誌です。
子どもの読み物や作文に対する主宰者鈴木三重吉の考え、およびそれを反映した『赤い鳥』掲載作品は、
同時代の国語の副読本や綴方教育に影響を及ぼしました。
 また、戦後の教育改革以降、『赤い鳥』掲載作品は小学校・中学校の国語教科書や音楽教科書に
採録されてきました。本展示では、時代の流れにそって『赤い鳥』と教科書との関わりを紹介し、
その特徴と意味を考えます。

 ◎ 期間:平成30年7月10日(火)~8月10日(金)平日9時~22時、土日・祝日10時~17時
       ※8/7~10は17時まで

 ◎ 会場:宮城教育大学附属図書館 1階 展示ホール

 ◎ 入場無料


【関連イベント】
 ① 童謡コンサート
  『赤い鳥』に掲載された作品をはじめ、大正時代から昭和初期に発表された童謡を演奏します。
   ・日時: 平成30年7月10日(火)12時30分~12時50分
   ・演奏: 本学初等音楽コース・中等音楽教育専攻2年生
   ・曲目:《かなりや》、《赤い鳥小鳥》、《風》、《青い目の人形》、《七つの子》

 ② トークイベント『赤い鳥』と教育・児童文化
  『赤い鳥』はどのような背景のもとに誕生したのか、『赤い鳥』の提示した子どもの教育・文化の
  理想とはどのようなもので、どのように受容されたのか、今『赤い鳥』を問い直すことの意義は
  何か等々の問題について、教育系学部・学科で教員養成に携わる下記の三人が語り合います。

 ・日時: 平成30年8月10日(金)13時30分~15時30分
 ・講師: 加藤理氏 (文教大学教育学部教授)、大木葉子氏 (仙台白百合女子大学人間学部講師)、
  中地文 (本学教授・附属図書館長)

 問合せ先:宮城教育大学附属図書館 022-214-3350 

kyokasyoten2018_.jpg

















チラシはこちら
先頭へ戻る