ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

第32回 美術科教育学会 仙台大会 メディアと美術教育を開催します。

3/27(土)・28(日)と宮城教育大学共催で美術科教育学会のシンポジウムとワークショップを開催いたします。
横浜クリエイティブシティの中心的芸術拠点であるBankART1929代表の池田修氏をはじめ大学とまちや文化施設が連携しながら芸術活動の展開を続ける千葉大学WiCANチームなど刺激的なトークになると思います。
お誘い合わせの上、ご自由にお越し下さい。

http://blog.livedoor.jp/sendaix/

 

<シンポジウム>
シンポジウムテーマ:アート×メディアー社会をひらく、人をつなぐ
主催:美術科教育学会
共催:せんだいメディアテーク・国立大学法人宮城教育大学
日時:2010年3月27日(土)16:10-17:40
会場:せんだいメディアテーク(smt)1F (仙台市青葉区春日町2-1)
入場無料(予約不要)

挨拶:魯龍(ノ ヨン)韓国造形教育学会会長(梨花女子大学大学院)
パネリスト:
・池田 修(BankART1929代表)http://www.bankart1929.com/
・神野真吾(WiCANプロジェクト代表・千葉大学)http://www.wican.org/
・佐藤 泰(せんだいメディアテーク副館長) http://www.smt.jp/
コメンテーター:
・魯龍(ノ ヨン)(梨花女子大学大学院)
司会進行:
・谷口幹也(九州女子大学)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<ワークショップ>
3 月28(日)
10:00 -16:00 《PIKAPIKA in Chiba》作品上映
千葉大学芸術学研究室と千葉市美術館が中心になったネットワーク組織「千葉アートネットワーク・プロジェクトWiCAN」が、アーティストユニットTOCHKAと共に作成した映像作品を上映します。

12:30 -13:30 光の落書き体験(参加無料・事前申し込み不要)
《PIKAPIKA in Chiba》では、長時間露光のカメラの前でライトを絵筆にして絵を描き、それをつなげてアニメーションを作りました。このワークショップでは、光をつかって空間に絵を描く楽しさを体験してもらいます。

13:45 -15:15 光で描く落書きアニメ(参加無料・要事前申し込み)
このワークショップでは、光をつかって空間に絵を描く楽しさを体験したうえで、チームのメンバーと共に短いアニメーションを構想し、作成するところまでを行います。
千葉には古くから妙見信仰(北極星と北斗七星)が伝わっています。その星たちが千葉市内各所で駆けめぐるというストーリーを、市民参加のアニメーション作品として制作しました。

若干名参加可能です。メールで、名前、電話、メールアドレス(未就学児は保護者同伴として保護者氏名も)をご記入の上、お申し込みください。
先着順10名。当選の方には返信メールをお送りしますので、ご確認ください。
info@murakamix.com

3 月27(土)
10:00 -16:00
ゲル制作 - 制作過程一般公開

3 月28(日)
11:00 -15:00
羊創りワークショップ(参加無料)(申込不要)映像記録上映

ワークショップ開催
せんだいメディアテーク1 F オープンスクエア
せんだいメディアテークで行われた「青葉縁日3」でのAsianDream(アジアンドリーム)のゲルもどきの立体物制作をモンゴルや中国の留学生と日本の学生が協力しながら組み立てます。
また型紙で羊を創るワークショップにはどなたでも自由に参加できます。
同時にUG計画(ウルトラ学校計画)や巨大紙相撲大会の記録映像なども上映します。
さらに日本と韓国との国際アートプロジェクトなどアートを介した異文化理解と国際交流を進めることを目的に開催します。

アート交流アジア(Art Network Asia:ANA)2010
村上タカシ+がんがんモリィ+SENDAIcompleX
財団法人仙台国際交流協会補助事業

■ 会場:せんだいメディアテーク(smt)(仙台市青葉区春日町2-1)
http://www.smt.jp/
先頭へ戻る