ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

「グリーンウェイブ活動2010」を開催

 宮城教育大学では、5月21日にグリーンウェイブ活動を実施しました。
グリーンウェイブ活動とは、国連の生物多様性条約事務局が、5月22日の「国際生物多様性の日」に、世界各地の青少年の手で、それぞれの学校の敷地などに植樹を行おうと呼びかけているものです。
 本学においては、昨年からこの活動を実施していますが、今年は連携している各機関にも呼びかけ、その結果、気仙沼市全域、南三陸町伊里前小学校、大崎市田尻 総合支所、仙台市にあるシンプル&スローライフの会、東北大学大学院環境科学研究科、白石高校七ヶ宿校、仙台市八木山動物公園などが新たに参加しました。
 本学の植樹には、「仙台広域圏ESDプロジェクト」(本学が事務局を担当)のメンバーである、宮城県環境政策課及び仙台市環境都市推進課の方にも参加いただきました。
 また、授業の一環として、「いのちの粘土団子」プロジェクト、「バケツ稲」プロジェクトも実施しました。
 本学として、持続的な活動となるよう今後も継続して実施していくこととしています。



グリーンウェイブ活動写真2(加工).JPG

グリーンウェィブ活動写真1(加工).JPG

グリーンウェイブ集合写真(加工).JPG
先頭へ戻る