ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

学部・大学院

clear

理科教育専修

Science Education

clear
clear

専任担当教員名

教 授 池山剛(物理化学、分子分光学)
教 授 内山哲治(超伝導物理学、物理教育学・教材開発)
教 授 笠井香代子(有機化学、錯体化学)
教 授 川村寿郎(層位学、堆積地質学)
教 授 齊藤千映美(保全生態学)
教 授 猿渡英之(分析化学、地球化学)
教 授 菅原敏(大気物理学)
教 授 高田淑子(惑星科学)
教 授 田幡憲一(理科教育学)
教 授 出口竜作(動物発生学、細胞生理学)
教 授 福田善之(素粒子物理学、ニュートリノ物理学)
教 授 村松隆(有機物理化学)
准教授 小林恭士(植物発生生物学、分子遺伝学)
准教授 西山正吾(赤外線天文学)
准教授 棟方有宗(行動生理学)
准教授 渡辺尚(理科教育学)

専修の特色

 理科教育専修における教育・研究は、
(1) 学校における理科の授業・教育を強く意識した理科教育研究
(2) サイエンスのある特定の専門分野を深く掘り下げる教育・研究
の両者の視点で深めていきます。
 (1)は、「臨床教育研究」「学校実践研究」などの授業科目で、実施困難な理科の教材を調査検討し、具体的な授業案の構築と協力校での授業実践を通して、理科教材を養う目を修得すると共に、附属校と連携のもと実際の学校現場での授業に即した教材や指導方法の習得のための授業支援を行い、教員としての訓練を行います。
 一方、(2)では、学校で理科という学問体系を教えるためには、「自分自身が科学研究に携わった経験がある」ということが科学的思考を養う上で重要です。広く深く最新のサイエンスを修得すると共に、科学研究を遂行することで、理科の教員としての力量を高めることを目的とします。

[主な専門科目]

理科教育特論 理科教育特別演習 物理学特論 物理学特別演習 物理学特別実験 化学特論 化学特別演習 化学特別実験 生物学特論 生物学特別演習 生物学特別実験 生物学特別実習 地学特論 地学特別演習 地学特別実験 地学特別実習 臨床教育研究 学校実践研究 特別研究

clear

教育体系

 修士課程の修了要件は、以下のとおりです。
・必修の「臨床教育研究」・「学校実践研究」とともに、次の「理科教育専修の専門科目」から選択必修科目を含めて所定の単位を取得し、科学的思考能力を修得します。

理科教育特論、物理学特論、化学特論、生物学特論、地学特論
理科教育特別演習、物理学特別演習、化学特別演習、生物学特別演習、地学特別演習
物理学特別実験、化学特別実験、生物学特別実験、地学特別実験
生物学特別実習、地学特別実習

・さらに、2年次には「特別研究」を履修し、指導教員の指導を受け修士論文を作成・提出し、修士論文の審査および最終試験に合格することが修了要件となります。

取得免許・資格

 小学校、中学校(理科)、高等学校(理科)の各1種免許状を取得している者は、小学校教諭専修免許状・中学校教諭専修免許状(理科)・高等学校教諭専修免許状(理科)を取得することができます。

修了後の進路

教員(宮城県/仙台市:中学校・高等学校)
大学院博士課程進学(東北大学、横浜国立大学、大阪市立大学)
静岡県警、等

clear
先頭へ戻る