ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

学部・大学院

clear

国語教育専修

Japanese Education

clear
clear

専修の概要

 本専修は、国語学・国文学・漢文学・国語科教育・日本語教育学などの講義・演習を通して、広い視野を持った実力のある教員の養成をめざしています。国語学・国文学・漢文学などの分野は当然ですが、児童文学の専任教員を採用しているのが本専修の特色の一つです。また、日本語・日本事情担当教員が大学院で「日本語教育学」を担当し、日本語教育や異文化理解について教えています。これは、国際化する教育現場で必須の研究分野といえるでしょう。

専任担当教員名

教 授 市瀬智紀(日本語・日本事情)
教 授 遠藤 仁(国語学)
教 授 小島雪子(古典文学)
教 授 児玉 忠(国語科教育学)
教 授 高橋亜紀子(日本語・日本事情)
教 授 中地 文(児童文学)
特任教授 島森哲男(漢文学)
准教授 小田美和子(漢文学)

専修の特色

 本専修は国語科教育・国語学・国文学・漢文学などの専任教員のほか、児童文学や外国人に対する日本語教育学など、教育現場でいま求められている重要な分野を専門とするスタッフもそろえ、広い視野と優れた研究能力、教育実践能力を有する実力ある国語教師の養成を目指しています。

[主な専門科目]

国語科教育特論 国語科教育特別演習 国語学特論 国語学特別演習 国文学特論 国文学特別演習 児童文学特論 児童文学特別演習 漢文学特論 漢文学特別演習 日本語教育学特論 日本語教育学特別演習 臨床教育研究 学校実践研究 特別研究

clear

教育体系

 国語科教育・国語学・国文学・児童文学・漢文学・日本語教育学の特論あるいは特別演習を各教員が隔年で出講し、各分野の専門的な授業を2年間の在学期間で履修できる体制をとっています。他に「教育臨床研究」や「学校実践研究」で教育現場と直結した知見や教育実践能力を養い、最後に修士論文指導を内容とする「特別研究」を受けて修士論文を完成させます。

取得免許・資格

 小学校・中学校(国語)・高等学校(国語)の各1種免許状を取得しているものは、それぞれ小学校専修免許状・中学校専修免許状(国語)・高等学校専修免許状(国語)を取得することができます。

修了後の進路

 ほとんどが教員(宮城県・仙台市などの小・中・高校教諭)になっています。
他に他大学大学院博士後期課程進学(東北大学・千葉大学など)もあります。

clear
先頭へ戻る