ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

clear

聴覚・言語障害教育コース

clear
clear

専任担当教員名

教 授 藤島省太
(聴覚・言語障害心理学・各種言語障害事例における信号系活動に関する実践研究)
教 授

菅井裕行

(聴覚・言語障害学・コミュニケーション障害学・盲ろう教育)
准教授 松崎丈
(聴覚言語障害児教育学・手話言語学・聴覚障害学生高等教育支援)

コースの特色

 本コースは、1972(昭和47)年に言語障害児教育教員養成課程として設置されたのが始まりです。日本で初めての言語障害特殊学級は1958(昭和33)年に仙台市立通町小学校に設置されたこともあり、この地域は言語障害教育について伝統のあるところでもあります。本学の聴覚・言語障害教育コースは、「聴覚障害者に関する教育の領域」に関する特別支援学校教諭免許が取得できるコースとして、その役割が期待されています。
 本コースは、広く特別支援教育にかかわる教員をはじめ、特に聴覚障害教育を主領域とする特別支援学校、特別支援学級・通級指導教室の教員を養成するコースです。聴覚言語障害教育は、言語や コミュニケーションの問題を中心に、ろう・難聴、吃音、構音障害、言語発達遅滞、失語症をはじめ、肢体不自由、自閉症、知的障害や盲ろう、重度・重複障害に伴うコミュニケーション障害に及ぶ多岐に亘る幅広い問題を対象としており、障害の多様・重複化した現状に対応できるようなカリキュラムが構成されています。
 また、1年生から大学院生までが一堂に会して入学時のオリエンテーション、歓迎行事、卒論・修論の中間発表会、最終発表会、送別行事を行うなど、結束力が強く、先輩・後輩の仲も良いコースです。教員や学生の中には自身に聴覚障害のある人もいて、そうした教員や仲間との語らいにより、具体的な専門的知識を肌で学べる面もあります。

[主な専門科目]

特別支援教育基礎理論 視覚障害の心理・生理・病理 視覚障害の 教育課程・指導論 視覚障害への教育支援A・B 視覚障害への 教育支援演習A~C 軽度発達障害への教育支援A・B 重度・重複障害への教育支援 特別支援学校教育実習

clear

教育体系

 学生数は1学年15名ほどです。1年次では「聴覚・言語障害教育実践体験演習」、「特別支援教育概論」を通して、2年次以降の本格的な専門領域の勉強に備えることになります。
 2年次から、聴覚・言語障害を中心とした特別支援教育領域の授業を受講することになります。小学校ないし中学校の教諭免許状を取得するための勉強と同時に、特別支援学校の教員として通用するように専門領域を深めて勉強していくことになります。
 3年次に小学校ないし中学校で3年次教育実習に取り組みます。「聴覚・言語障害への教育支援演習」は、卒業研究に向けての準備という意味も含めて、重要な科目になります。
 4年次は、授業はかなり少なくなりますが、4年次教育実習・特別支援学校での教育実習・卒業研究・教員採用試験・公務員試験・就職活動・進学の準備など、かなり慌ただしい1年間になります。1年次から計画的に履修し続けることが大切です。

取得免許・資格

 小学校教諭1種免許状または中学校教諭1種免許状(1教科選択)に加えて、特別支援学校教諭1種免許状取得の要件を満たすことが卒業の条件です。

卒業後の進路

 教員が多いのは当然ですが、それ以外にも障害児者の福祉施設職員・児童養護施設の児童指導員・民間企業など、先輩たちが開拓した進路先は多岐にわたっています。大卒対象等の専門学校へ進学し言語聴覚士や手話通訳士の資格を取得したり、大学院へ進学し研究を深める道も有力な選択肢です。

clear
先頭へ戻る