ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

clear

学長メッセージ

Message from the President

clear

平成23年度教育学研究科新入学生へ

―オリエンテーション・ガイダンスに当たって―

 平成23年度は、教育学部初等教育教員養成課程201名、中等教育教員養成課程120名、特別支援教育教員養成課程53名、大学院教育学研究科修士課程26名、専門職学位課程30名が、入学されます。皆さんは、このうち教育学研究科に入学されたわけです。 本来ならば、4月6日に、全学をあげて熱烈歓迎の意を込めた入学式で皆さんをお迎えした後、引き続き行われるのがオリエンテーション・ガイダンスです。3月11日午後に発生した未曾有の震災(東北地方太平洋沖地震)のため、やむを得ず中止せざるを得ませんでした。このことについては、4月6日に入学式で述べる予定であった学長式辞で述べてあり、すでにHP上で皆さんにお知らせしてありますので、ここでは省略します。未曾有の大震災後の平成23年度は、異例のスタートを切ることになった訳です。
 皆さんはすでに学部段階の学習を卒業し、あるいは現職教員としての数年の経験をへておられるわけですので、くどいことは申しませんが、ここ数年、教員という職業に対する「マイナスイメージ」が横行しています。特に皆さんは、国立大学の教育学部、教員養成学部、教育学研究科に対する厳しい評価がなされている現実があるにもかかわらず、本学教育学研究科を志望されたわけです。私は改めて皆さんに敬意を表明し、入学を心から歓迎します。
 ところで、今回の震災報道の中に、毎日のように幼児・児童・生徒、学校、教師・先生が登場しない日はありません。避難していた子供たち、肉親を失った子供たちが、久しぶりに学校で友達に会い、先生に会う、そしてお互いの無事を喜び合い、来られなかった友達の安否を心配をする、こうしたシーンが繰り返し流されています。私たちは、学校という場が子供たちにとってどんなに大事であるか、そこで結ばれる子供どうしのコミュニケーション・関係がどんなに濃密であるかを知り、そして教師という存在が常にその核にあることを目の当たりにしています。そこには、私たち教員養成大学で働く者にとっては、どういう資質能力を備えた教員を養成すべきか、教員養成はどうあるべきか、等々について、考えさせられる幾つものテーマが見えているようにおもいます。そして皆さんには、教育学研究科という大学院レベルの学びや研究はどうあるべきか、について考えさせられるテーマが見えているのではないか、とおもいます。
 昨年、中央教育審議会大学分科会に特別部会が設置され、30名ほどの識者が委員となり、学部段階における養成だけではなく、大学院レベル、教職生活のすべての段階における資質能力の向上の方策について審議が始まりました。特にメディアでは免許状の種別や「修士レベル化」論に焦点が集まっているとようです。制度設計が先行するような議論は如何かとおもわれますが、議論のなかでは、単科の教育大学に設置されている教育学研究科における教員養成教育が議論の主たる対象の一つになっていることは確かなことであります。いずれにしろ新年度に入ってこの動きは加速されるとおもわれます。
 すでに平成20年度に専門職学位課程(教職大学院)が設置され、本学では現在4期生の方が入学されます。修士課程と専門職学位課程の院生が同時に教育学研究科に在籍されているわけですので、機会をもうけて意見を交換するのも、上述のような状況の中で有意義かとおもいます。
 いずれにしろ、各々の研究テーマにそって、それを深め、新しい発見をしてほしい、大学院レベルの学び・研究にふさわしい2年間を過ごされるよう願っています。
 このオリエンテーション・ガイダンスがそれに筋道をつけるものであるとおもっています。

clear
先頭へ戻る