ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

大学案内

clear

学長メッセージ

Message from the President

clear

平成23年度教育学部新入学生へ

 ―オリエンテーション・ガイダンスに当たって―
 平成23年度は、教育学部初等教育教員養成課程201名、中等教育教員養成課程120名、特別支援教育教員養成課程53名、大学院教育学研究科修士課程26名、専門職学位課程30名が、入学されます。皆さんは、このうち教育学部に入学されたわけです。
 本来ならば、4月6日に、全学をあげて熱烈歓迎の意を込めた入学式で皆さんをお迎えした後、引き続き行われるのがオリエンテーション・ガイダンスですが、3月11日午後に発生した未曾有の震災(東北地方太平洋沖地震)のため、やむを得ず中止せざるを得ませんでした。このことについては、4月6日に入学式で述べる予定であった学長式辞で述べてあり、すでにHP上で皆さんにお知らせしてあります。平成23年度は、未曾有の大震災後に、異例のスタートを切ることになったわけです。
 式辞でも述べていますが、教員養成を設置目的に掲げている宮城教育大学を志願し入学された皆さんに対し、ここ数年、教員という職業に対する「マイナスイメージ」が横行している現実があるにもかかわらず、あえて本学を志望された皆さんに心から敬意を表明し、入学を心から歓迎します。そして改めて、入学おめでとう、と申し上げます。
 今回の震災の報道の中で、幼児・児童・生徒、学校、教師・先生が登場しない日はありません。避難していた子供たちが、久しぶりに学校で、友達に会い、先生に会う、そしてお互いの無事を喜び合い、来られなかった友達の安否を心配をする、こうしたシーンが繰り返し流されています。私たちは、学校という場が子供たちにとってどんなに大事であるか、そこで結ばれる子供どうしの関係がどんなに濃密であるかを知り、そして教師という存在がその核にあることを目の当たりにしています。
 このように、保護者を除けば、人の一生に最も早い時期、つまり幼児あるいは児童の時期から長時間・長期にわたってかかわる仕事、人の成長を正しく導く仕事、これこそが教員の仕事なのです。こういう仕事は外にはありません。震災の中で、教員が、学校が厳しい事態に直面しているのを見ても、皆さんはたじろがずに教員養成大学である本学に入学されました。入学したからには、改めてそのことの意味を確認してほしいとおもいます。皆さんの先輩である学生たちの中には、今、ボランティアとして、被災地で、被災地の学校で頑張っている者が大勢います。彼らは、汗を流しながら、泥にまみれながら、「教員になることの意味」を現実として確認しているとおもいます。
 教員という仕事が大事であり、やり甲斐のある仕事であればあるほど、実際に仕事に就くには幾つものハードルがあります。座学としての学習も必要だし、ひとつのテーマを深く追求することも必要です。教育現場での経験も、さらには人の心の動き・喜びや悲しみを理解すること、幼児・児童・生徒と豊かな温かみのある交流ができるコミュニケーション力も不可欠です。教える者として、ことがあれば責任をとれるという強い信念も必要です。クラブ活動も積極的にやって勝ち負けの意味を知る方がいい。これらは、大学での授業やゼミでの学び、さまざまな活動の中で、自ら実践し獲得するものです。こうした中で、学問、思索の深さや重要性を知ることになります。そしてこれこそが、人の一生の出発点にかかわる仕事である教員のベースとなるものです、大学でこれを学ぶのです。ごまかしたり、逃げたりしてはいけない。これらをしっかりクリアしなけれぱ、薄っぺらな人間になる、そんな者は教員にはなって欲しくないし、たとえ教員にならなくてもどんな職業でも通用しません。今、できることをしっかりとやりましょう。
 大学にはさまざまな若者が行き交います。自分自身を高めるためには、「己に如かざる者を友とする勿れ」、すなわちお互い交流をして高めあう友を得て欲しい、そうする中で、皆が人の生活や生きざまに関心をもち、みんなで幸せになる道が模索されるのです。
 いよいよ、大学生活が始まります。無為に過ごしている暇などはない、今日のオリエンテーション・ガイダンスをよく聴いて、早く自分らしい大学生活を設計しスタートしてほしい、そのように願っています。

clear
先頭へ戻る