ここからサイト共通メニューです。

サイト共通メニューをスキップします。
 

大学案内

clear

教育方針(修士課程)3つのポリシー

Policy

clear
clear

①アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

1.目的

 広い視野に立って深い学問的知識を授け、学校教育の場における理論と実践の研究能力を高め、教育研究の推進と教育実践の向上に資する高度の能力を養うことを目的としています 。

2.養成したい教員像・人材像

 学部段階や教育現場において培われた各分野の学問的知識・能力と実践的指導力をさらに探求・深化させることにより、特定分野に関する深い学問的知識・能力を有し、理論的・実践的研究を通じて教育現場における今日的な課題の解決に寄与しうる教員、 あるいは、教育にかかわる様々な場で教育研究の推進と教育実践の向上に寄与しうる人材の養成を目指します。

3.求める学生像

 教育実践の基盤をなす専門的な学問・芸術・文化の研究に取り組むために必要な資質・能力を有するとともに、教育現場で生じている諸問題の理論的・実践的研究に強い意欲を持つ者を求めます 。

②カリキュラム・ポリシー

 修士課程においては、特別支援教育および教科教育に関する高度な専門性とたくましく豊かな人間性を備え、 教育の理論と実践に関する優れた能力を有する人材を養成するために、次の教育を行っています。

1. 専門科目では、広い視野のもとに教育における理論と実践に対する理解を深めるとともに、自らの専門性を高め、高度な知識と能力を養います。

2. 臨床教育研究および学校実践研究では、自らの専門性を教育現場で理論的・実践的に応用していく能力を養います。

3. 特別研究では、修士課程で学んだことを統合し、修士論文作成に向けて自ら設定した研究課題を深く追究する能力を養います。



③ディプロマ・ポリシー

 修士課程においては、以下のような知識・能力や態度を身につけ、かつ所定の単位を修得し、 修士論文の審査及び最終試験に合格した学生は、修了が認定され、修士の学位が授与されます。

1. 高度な専門性をもって、教育を学問として深く追究・実践し、教育現場において今日的な課題の解決に寄与しうる優れた教員・人材とし て活躍できる知識・能力

2. 教育における理論と実践の研究能力を高め、幅広く教育現場にかかわる能力

3. 生涯にわたって自ら学び続けようとする態度



アドビPDFダウンロード

アドビリーダーでご覧ください。お持ちでない方は
コチラからダウンロード

clear
clear
先頭へ戻る