教員紹介

森岡 正臣(モリオカ マサオミ)

職名
教授
所属
数学教育講座
学位
博士(理学)
専門領域
代数的論理学、ファジィ理論、教育工学、数学教育
研究テーマのキーワード
代数的論理学、ファジィ理論、教育工学、数学教育

教育研究内容

代数的論理学、ファジィ理論

代数的論理学からみたファジィ論理の構造に関する研究。

数学教育、教育工学、ファジィ理論

ファジィ理論を応用した教育工学的な教育評価手法の研究。

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成29年 算数科教材研究法b 
  • 学部 平成29年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成29年 数学コース卒業研究演習d 
  • 学部 平成29年 数学科教育実践研究A, B 
  • 学部 平成29年 教職実践演習(中・高)4 
  • 大学院 平成29年 数学科教育特別演習A 
  • 大学院 平成29年 数学科教育特論C 
  • 大学院 平成29年 数学科教育特論D 
  • 学部 平成28年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成28年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成28年 数学教育卒業研究演習d 
  • 学部 平成28年 数学科教材実践研究A, B 
  • 学部 平成28年 数学科教育実践研究A, B 
  • 学部 平成28年 教職実践演習(中・高)4 
  • 学部 平成28年 教職実践演習(幼・小)8  
  • 大学院 平成28年 数学科教育特論A 
  • 教職大学院 平成28年 数学科教育特講 
  • 学部 平成27年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成27年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成27年 数学コース卒業研究演習d 
  • 学部 平成27年 数学科教育実践研究A, B 
  • 学部 平成27年 数学科教材実践研究A, B 
  • 学部 平成27年 教職実践演習(中・高)4 
  • 学部 平成27年 教職実践演習(幼・小)8 
  • 大学院 平成27年 数学科教育特別演習A 
  • 学部 平成26年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成26年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成26年 数学科教育実践研究A, B 
  • 大学院 平成26年 数学科教育特論A 
  • 学部 平成26年 数学教育卒業研究演習d 
  • 学部 平成26年 数学科教材実践研究A, B 
  • 学部 平成26年 教職実践演習(中・高)4 
  • 学部 平成26年 教職実践演習(幼・小)8 
  • 学部 平成25年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成25年 数学科教育実践体験演習(中等) 
  • 学部 平成25年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成25年 数学科教育実践研究A 
  • 学部 平成25年 数学科教育実践研究B 
  • 学部 平成25年 数学科教材実践研究A 
  • 学部 平成25年 数学科教材実践研究B 
  • 学部 平成25年 数学コース卒業研究演習d 
  • 大学院 平成25年 数学科教育特別演習A 
  • 学部 平成25年 教職実践演習(中・高)4 
  • 学部 平成24年 数学科教育実践研究B 
  • 大学院 平成24年 数学科教育特別演習A 
  • 学部 平成24年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成24年 小専数学c 
  • 学部 平成24年 数学教育卒業研究演習 
  • 学部 平成24年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成24年 数学科教育実践研究A 
  • 学部 平成24年 数学概論A 
  • 学部 平成23年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成23年 数学科教育法Ⅰ 
  • 学部 平成23年 数学科教育実践研究A 
  • 学部 平成23年 数学科教育実践研究B 
  • 学部 平成23年 数学コース卒業研究演習 
  • 学部 平成23年 小専数学c 
  • 学部 平成23年 数学概論A 
  • 学部 平成22年 教育工学 
  • 学部 平成22年 数学科教育法1 
  • 学部 平成22年 数学科教育法B 
  • 学部 平成22年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成22年 算数科教材研究法a 
  • 学部 平成22年 数学a 
  • 学部 平成22年 数学科教育実践研究A 
  • 学部 平成22年 数学科教育実践研究B 
  • 学部 平成22年 数学教育卒業研究演習a 
  • 大学院 平成22年 数学科教育特別演習A 

2:学位指導実績

  • 修士(教育学) 複素関数論と等角写像 宮城教育大学大学院教育学研究科 副査 
  • 学士 ド・モルガン代数の不動点と不動核に関する研究 宮城教育大学教育学部 
  • 修士(教育学) 射影幾何学:諸定理の相互関係と公理系の無矛盾性 宮城教育大学大学院教育学研究科 副査 
  • 修士(教育学) 積分の技法~理解の工夫 宮城教育大学大学院教育学研究科 副査 
  • 修士(教育学) Heyting algebras と residuated lattice ordered monoids 宮城教育大学大学院教育学研究科 主査 
  • 修士(教育学) 閉曲面の分類について 宮城教育大学大学院教育学研究科 副査 
  • 修士(教育学) 距離と線形位相空間について 宮城教育大学大学院教育学研究科 副査 
  • 修士(教育学) 弱ド・モルガン代数における不動点および不動核の性質 宮城教育大学大学院教育学研究科 主査 
  • 修士(教育学) 数学の授業における生徒の自己分析能力を育てる指導の工夫について 宮城教育大学大学院教育学研究科 主査 
  • 修士(教育学) ハイティング代数におけるアトムおよび商代数の性質 宮城教育大学大学院教育学研究科 主査 

5:その他教育に関する活動

  • 平成18年 日本大学工学部非常勤講師 

学校支援

6:学校支援

  • 3 26 2017年7月18日 
  • 2016年11月29日 
  • 6 2016年10月28日 
  • 仙台高校 2016年10月25日 
  • 2016年10月5日 
  • 19 2016年10月1日 
  • 3 26 2016年7月18日 
  • 2016年7月 
  • 4 2015年11月20日 
  • 6 2015年11月6日 
  • 小牛田農林高校 4 2015年11月4日 
  • 6 2015年10月3日 
  • 3 26 2015年7月16日 
  • 2015年7月 
  • 4 18 2014年11月18日 
  • 向山高校 4 2014年10月30日 
  • 6 25 2014年10月18日 
  • 2014年8月9日 
  • 2014年7月 
  • 6 2014年5月23日 
  • 7 2014年2月7日 
  • 4 21 2014年1月23日 
  • 4 18 2013年11月21日 
  • 4 16 2013年11月14日 
  • 6 40 2013年11月4日 
  • 5 2013年7月18日 
  • 2013年7月 
  • 7 2013年5月24日 
  • 4 12 2012年11月 
  • 4 43 2012年10月 
  • 2012年10月 
  • 2 20 2012年7月 
  • 2012年7月 
  • 2012年5月 
  • 2011年10月 
  • 4 40 2011年10月 
  • 2011年7月 
  • 2010年7月 
  • 大学教官としての共同研究  2010年5月 
  • 6時間 25名 2009年10月24日 
  • 宮城教育大学附属中学校  2009年10月 
  • 2009年8月 
  •  2009年7月 
  • 2007年11月 
  • 2007年8月 
  • 2007年1月 
  • 公開研究授業の共同研究者であり、分科会助言者。これは地域連携支援事業でもある。  2006年9月 
  • 公開研究授業の共同研究者であり、分科会助言者。これは地域連携支援事業でもある。これは地域連携支援事業でもある。  2006年1月 

研究業績

7:著書

  • ファジィ理論基礎と応用 2010年8月 
  • 算数数学教育の理論と実践 2003年3月 
  • ファジィとソフトコンピューティングハンドブック 2000年 
  • CREAR 生きる力をはぐくむ算数授業の創造 1999年 

8:論文

  • 教材の論理的な順序性に基づいた教材分析について -筋道を立てて考える力を育てる指導のために,割合教材を例として- 2015年3月15日 
  • 円周の長さについて(I)‐林鶴一蔵書資料により‐ 2009年2月 
  • Bermann class K(2,0) に属する代数の不動点 2008年3月 
  • ハイティング代数におけるアトムの性質について 2007年3月 
  • 二等辺三角形に内在する比例 ー小学校・中学校・高等学校における取り扱いの流れー 2006年11月 
  • Bilattice が interlaced でないための新しい十分条件について 2005年12月 
  • Bilattice の interlacing condition について 2005年3月 
  • 算数・数学教育における比例的推論の役割 -家庭科教科書の分析を通して - 2004年11月 
  • 高校生の数学に対する意識調査結果について 2003年12月 
  • 二等辺三角形が教えることがら 2003年10月 
  • 「林文庫邦書 原稿」(その3) 2003年9月 
  • 「林文庫邦書 原稿」(その2) 2002年11月 
  • 「林文庫邦書目録原稿」 (その1) 2001年11月 
  • 林文庫 目録 原稿 2001年3月 
  • 「林文庫 目録 原稿」‐林鶴一の数学教育関係蔵書‐ 2000年11月 
  • On the Quotient Algebra of Heyting Algebra 2000年6月 
  • L -代数とストーン代数の特徴付けに関するいくつかの結果について  

9:その他(辞書・辞典の編纂・編集等)

  • 身近にある数や図形を興味を持って見てみよう 2014年7月1日 

10:代表作品、講演会、展覧会等

  • 論理的な関連性に基づいた教材分析について-小数教材を例として(その2)ー 2016年11月29日 
  • 論理的な関連性に基づいた教材分析について-小数教材を例としてー 2015年11月20日 
  • 数学的活動と思考力・表現力 2013年 

11:受賞

  • ファジィ理論 -基礎と応用-  共立出版 2010  

13:外部資金獲得状況

  • 研究分担者 林鶴一蔵書のデータベース化とそれに基づく教材開発  2006年4月 - 2008年3月 
  •  「林鶴一文庫」を資料とする数学カリキュラムについての基礎的研究 2000年4月1日 - 2002年3月31日 

14:その他

  • 宮城県数学教育研究会理事 2009年4月 -  
  • 日本知能情報ファジィ学会東北支部名誉顧問 2007年4月 -  
  • 「On the Characterization of a Quotient Algebra of a Heyting Algebra」 2004年3月 -  
  • 「小学校の教科に関する専門科目」の講義内容と問題点 2003年8月 -  
  • 講演題目「私の数学研究を振返って」 2002年6月 -  
  • 日本知能情報ファジィ学会第16回ファジィシステムシンポジウムプログラム委員長 2000年9月 -  
  • ファジィグラフの定義について 1999年3月 -  
  • 日本数学会会員 1995年4月 -  
  • 日本知能情報ファジィ学会会員 1989年11月 -  
  • 東北数学教育学会会員 1986年4月 -  
  • 日本科学教育学会会員 1980年4月 -  

諸活動

15:社会貢献

  • 平成28年数学という見方 2016年10月15日 -  
  • 算数・数学、嫌いになったのはなぜかしら?その4 2016年7月2日 - 2016年7月16日 
  • 平成27年数学という見方 公開講座 2015年10月24日 - 2015年11月7日 
  • 算数・数学、嫌いになったのはなぜかしら?その3 2015年6月20日 - 2015年7月18日 
  • 算数・数学、嫌いになったのはなぜかしら?その2 2014年6月 -  
  • 算数・数学、嫌いになったのはなぜかしら?その1,その2,その3 公開講座講師 2013年6月 -  
  • リフレッシュ数学 河北TBCカルチャーセンター講師 2012年4月 -  
  • 河北TBCカルチャーセンター講師 数学に関する講演 2012年4月 -  
  • 数学もちょっとだけ 公開講座講師 2011年10月 -  

17:各種資格

  • 中学校教諭1級普通免許状(数学) 1978年3月 
  • 高等学校教諭2級普通免許状(数学) 1978年3月 

学内管理運営

18:学内管理運営

  • 平成28年度数学教育講座主任 2016年4月1日 - 2017年3月31日 

その他

連絡先等

e-Mail (←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL
TEL
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149