教員紹介

松﨑 丈(マツザキ ジョウ)

職名
准教授
所属
特別支援教育講座
学位
博士(教育学)
専門領域
聴覚障害教育学
研究テーマのキーワード
コミュニケーション 教育実践研究 障害学生支援

教育研究内容

聴覚障害・ろう重複障害事例のコミュニケーションに関わる実践研究

ろう、難聴、ろう重複障害児(主に発達障害、知的障害、肢体不自由)のことば・コミュニケーションに関わる諸問題と教育的対応に関する実践研究。家庭訪問や学校コンサルテーションによる保護者・教員とのコミュニケーション支援も実施している。

聴覚障害学生支援に関する調査・教材開発・実践に関する研究

高等教育における聴覚障害学生支援に関する調査(情報保障技術、支援体制等)、教材開発(教職員対象の手引き、難聴理解キット、防災教材クロスロード等)、実践(聴覚障害学生のエンパワメントをめざした個別支援・集団活動等)を実施している。

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成27年 聴覚・言語障害への教育支援A 
  • 学部 平成27年 聴覚・言語障害への教育支援演習C 
  • 学部 平成27年 聴覚言語障害児教育実習 
  • 学部 平成27年 特別支援教育概論a 
  • 学部 平成27年 特別支援教育概論c 
  • 学部 平成27年 特別支援教育概論b 
  • 大学院 平成27年 聴覚言語障害教育学特別演習 
  • 教職大学院 平成27年 聴覚・言語障害特演 

2:学位指導実績

  • 支援者との相互交渉が停滞しがちな聴覚障害学生が支援 コミュニティをより変革する主体となることを目指した実践研究 ―エンパワメントの視点から― 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 聴覚に障害のあるMちゃんとの会話場面における話題の共有を目指した教育的係わり合い-過去の出来事を中心に- 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 聴覚障害があり人とのやりとりに滞りを示すY君との交信関係の拡がりをめざした教育的係わり合いのあり方について 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 手話を主とする構成信号系活動の促進に関する実践研究‐聴覚及び音声機能に障害のあるK君との教育的係わり合いからの考察‐ 宮城教育大学大学院教育学研究科 

5:その他教育に関する活動

  • 平成27年 手話サークルHANDS顧問  
  • 平成27年 岩手大学「聴覚障害教育総論」非常勤講師  
  • 平成27年 東北大学全学教育科目「言語しての手話入門」非常勤講師  
  • 平成27年 東北大学歯学部「医の倫理・社会の倫理」非常勤講師 

学校支援

6:学校支援

  • 奈良県立ろう学校 2015年7月2日 
  • 2015年 
  • 2014年 
  • 2014年 

研究業績

7:著書

  • サポートブック乳幼児編 新「お子さんの耳がきこえない」と言われたら・・・-疑問と悩みに答えるQ&A60- 2012年6月15日 
  • 大学での手話通訳ガイドブックー聴覚障害学生のニーズに応えよう!ー 2012年3月31日 
  • 教職員のための障害学生修学支援ガイド 「聴覚障害」 2012年 
  • 一歩進んだ聴覚障害学生支援─組織で支える─ 2012年 
  • わが子と人工内耳 2010年8月 
  • 特別支援教育の基礎 確かな支援のできる教師・保育士になるために 2009年8月 
  • 2004~2006年度アメリカ視察報告集 聴覚障害学生サポートネットワークの構築をめざして 2007年10月 
  • 聴覚障害サポートハンドブック軽度・中等度難聴編きこえにくいお子さんのために… 2007年3月 
  • 軽度・中等度中途聴覚障害者生活支援システム構築に向けた研究最終報告書 2006年3月 
  • 軽度・中等度難聴者支援ガイドブック 2006年3月 
  • ろう児の手話言語発達における物語産出に関する研究‐ろう学校幼稚部を中心に‐ 2005年3月 

8:論文

  • 障害学生支援のためのFDの取り組み 2015年1月 
  • 社会参加のための情報保障と「わかりやすい日本語」-外国人,ろう者・難聴者,知的障害者への情報保障の個別課題と共通性- 2013年11月 
  • 今、大学で-聴覚障害学生のサポート- 宮城教育大学 2013年11月 
  • 東日本大震災で被災した聴覚障害者における問題状況-情報アクセスの観点から- 2013年6月 
  • 聴覚障害のある児童が格助詞の用法に気づき理解することに視点をあてた教育的支援 : 格助詞「で」の指導を通して  2011年12月 
  • 自閉症児と教師とのやりとりの展開をめざした学校コンサルテーションによる支援 2010年6月 
  • 音声認識技術を活用した聴覚障害学生支援‐教室内及び遠隔地における通訳システムの構築‐ 2009年3月 
  • 文字通訳による入力文の評価に関する研究 2009年 
  • 利用者の視点から見た文字通訳技術ー手書きノートテイクおよびパソコンノートテイクを中心に 2009年 
  • 聴覚障害学生支援における音声認識を活用した通訳システムの構築‐利用者の観点に基づいた字幕呈示の検討‐ 2008年12月 
  • 利用者の視点から見た文字通訳技術‐手書きノートテイクおよびパソコンノートテイクを中心に‐ 2008年 
  • 家庭訪問による親子コミュニケーション支援の実践‐聴覚障害乳児を持つ家族の1事例を通して‐ 2008年 
  • 教員養成大学の特色を生かした障害学生支援体制の構築--宮城教育大学の障害学生支援プロジェクト 2007年10月 
  • 難聴児の教育・ことば・コミュニケーション 2007年9月 
  • 聴覚障害児の視覚的注意と健聴母親の調節方略との関連について‐共同注意場面における行動観察から‐ 2007年9月 
  • 宮城県における聴覚障害学生支援の展開と課題 2007年 
  • 手話を用いる聾母子における共同注意コミュニケーション‐対面・非対面場面で用いる母親のストラテジー‐ 2006年9月 
  • 手話の空間的表現における学習者のエラー分析‐「動詞の一致」に着目して‐ 2006年7月 
  • 過去経験を語るろう児の手話発話における手指休止の機能-どのようなレベルでの自己編集を行っているのか- 2005年3月 
  • ろう児が自己経験を物語ることの発達的意義 2004年12月 
  • 手話を用いる聴覚障害幼児における経験報告の発達過程 2004年9月 
  • 手話を用いる聴覚障害幼児の経験報告における展開構造の特徴‐幼稚園期後半を中心に‐ 2004年9月 
  • 手話を用いる聴覚障害幼児における経験報告の発達過程‐出来事間の関連を中心に‐ 2004年8月 
  • 聴覚障害児の手話発話における自己編集の特徴‐聾学校幼稚部の自由遊び報告場面の分析‐  

9:その他(辞書・辞典の編纂・編集等)

  • 障害百科事典 2013年1月 

11:受賞

  • 東北大学 総長賞  
  • 東北大学 全学教育貢献賞  

13:外部資金獲得状況

  • 障害のある生徒の進学の促進・支援のための高大連携の在り方に関する調査研究事業  2009年 -  
  • 障害学生の教育支援に関する調査研究委託事業  2009年 -  
  • 聴覚障害幼児の手話言語発達と日本語リテラシーとの相互関連に関する調査研究  2006年10月 - 2008年3月 

14:その他

  • 日本手話学会 編集委員 2012年 - 2014年 
  • 日本特殊教育学会 アクセシビリティ委員 2009年 - 2014年 
  • 独立行政法人日本学生支援機構障害学生修学支援ネットワーク 運営委員 2006年 - 2014年 
  • 国立大学法人筑波技術大学 2005年4月 - 2008年3月 
  • 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク 運営委員 2004年 - 2014年 
  • 日本聴覚言語障害学会  -  
  • ろう教育科学会 会員  -  

諸活動

15:社会貢献

  • 台湾聾教育百周年国際会議招聘講演 台南大学で聾重複障害児教育の研究について講演 2015年3月19日 - 2015年3月23日 
  • 国際連合 第4回防災 プラットフォーム会合(Global Platform for Disaster Risk Reduction 2013: GPDRR2013) 国連ISDR(国際防災戦略)主催。障害と防災をテーマにしたサイドイベントで発表。 2013年5月19日 - 2013年5月23日 
  • 宮城県岩手県意思疎通支援事業 要約筆記者養成講座講師「聴覚障害の基礎知識」「伝達の学習」「対人援助」 2013年 -  
  • 岩手県意思疎通支援事業 要約筆記者養成講座講師「聴覚障害の基礎知識」「伝達の学習」「対人援助」 2013年 -  
  • 国際難聴者会議 話題提供「東日本大震災と難聴者」 2012年6月24日 - 2012年6月30日 
  • 国連専門家会議「ICTと障害ーアクセスと共生社会、すべての人のための開発へー」 国連事務局経済社会局(DESA)と国連広報センター(UNIC)と日本財団の共催。世界各国の専門家約30名で意見交換。 2012年4月19日 - 2012年4月21日 
  • 特定非営利活動法人みやぎ・せんだい中途失聴・難聴協会 副理事長 2010年 - 2014年 
  • 特定非営利活動法人パソコン要約筆記文字の都せんだい 理事長 2010年 - 2014年 
  • 家庭訪問支援活動 聴覚障害・ろう重複障害児の家庭訪問支援 2004年 - 2014年 
  • みやぎDSC(前:宮城県・仙台市聴覚障害学生情報保障支援センター) 代表 2003年 - 2014年 
  • 宮城県聴覚障害学生の会 顧問(元代表) 1999年 - 2014年 

16:メディア発表

  • NHK教育番組「ろうを生きる難聴を生きる」 シリーズ特集「聞こえない学生が大学で学ぶために」  
  • 電通報 明日のデザイン「新たにつながるインクルーシブ社会」  
  • NHK教育番組「ろうを生きる難聴を生きる」「ろう教授奮闘記ー宮城教育大・松﨑丈(じょう)さんー」※解説者としても出演   
  • ロイター記事「People with disabilities fight for their rights in disasters」  
  • 毎日新聞「情報弱者 助けよう 災害時の外国人や障害者ら、やさしい日本語で」  2012年9月9日朝刊  
  • NHK教育番組「ろうを生きる難聴を生きる」「防災を考える」※防災関係分科会の助言者として出演  

17:各種資格

  • 聾学校教諭専修免許状 2001年3月 
  • 聾学校教諭1種免許状 1999年3月 
  • 中学校教諭1種免許状(美術) 1999年3月 
  • 高等学校教諭1種免許状(美術) 1999年3月 

学内管理運営

18:学内管理運営

  • 宮城教育大学 特別支援教育専修連絡員 2013年4月 - 2014年3月 
  • 宮城教育大学 学部入学試験実施部会及び研究科入学試験実施部会委員 2012年 - 2014年 
  • 宮城教育大学 しょうがい学生支援室専門部会 聴覚しょうがい部会長 2009年 - 2014年 
  • 宮城教育大学附属特別支援教育総合研究センター 運営委員 2009年 - 2014年 

その他

連絡先等

e-Mail joemk(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL
TEL
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149