教員紹介

水谷 好成(ミズタニ ヨシナリ)

職名
教授
所属
技術教育講座
学位
工学博士
専門領域
電子工学・生体工学
研究テーマのキーワード
ロボット、生活支援技術、メカトロニクス関連教育

教育研究内容

LEDやロボット関連の科学技術教育

1)LEDを光源としたランタン工作、光のインテリア工作
2)教育用ロボット梵天丸の開発と活用

生活・教育支援機器の開発

1)コミュニケーション補助システムの開発と適用

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成25年 電気技術入門 
  • 学部 平成25年 コンピュータ制御基礎 
  • 学部 平成23年 情報実験実習a 
  • 学部 平成23年 コンピュータ制御基礎 
  • 学部 平成21年 電気技術入門 
  • 学部 平成21年 電気技術基礎実験実習a 
  • 学部 平成21年 電気技術基礎 
  • 大学院 平成21年 電気技術特論B 
  • 大学院 平成21年 電気技術特別実験・実習B 
  • 学部 平成20年 情報実験実習a 
  • 教職大学院 平成20年 電気特講b 

2:学位指導実績

  • ロボットを活用したコンピュータ制御に関する教育方法の実践的研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 簡易型代替コミュニケーション補助装置の開発と教育活用に関する研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 

5:その他教育に関する活動

  • 平成21年 VOCA 機能を持った安価な代替コミュニケーション補助装置の検討  

学校支援

6:学校支援

  • 2009年 

研究業績

8:論文

  • 盲ろう児の指文字学習のための指文字模型の製作と適用 2009年11月 
  • 小・中学校教員を対象にした電気に関する基本的な知識の調査と検討 2009年11月 

13:外部資金獲得状況

  • 音声も手話も使わないで,お話ができるでしょうか?(代替コミュニケーションの世界)(代表:水谷好成)  2009年 -  
  • 遊びの要素を持った脊髄性筋萎縮小児のコミュニケーション補助システムの開発 (代表:水谷好成)  2006年 - 2008年 
  • 特別支援教育と教科教育の融合によるオモチャ・教材の開発に関する研究 (代表:村上由則;分担)  2006年 - 2008年 
  • 脊髄性筋萎縮症児における残存運動機能を活用したコミュニケーション形成の研究(代表:村上由則;分担)  2003年 - 2005年 

諸活動

15:社会貢献

  • 仙台市科学館科学工作教室   -  

学内管理運営

18:学内管理運営

  • 附属教育臨床研究センター・センター長 2013年4月1日 - 2015年3月31日 

その他

連絡先等

e-Mail mizu(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL
TEL 022-214-3468
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149