教員紹介

髙橋 脩一(タカハシ シュウイチ)

職名
准教授
所属
社会科教育講座
学位
博士(法学)
専門領域
法学
研究テーマのキーワード
英米法 司法制度 民事訴訟 統治機構

教育研究内容

教育活動

学校支援

研究業績

8:論文

  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (八・完)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年10月 132巻10号 1896-1928頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (七)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年9月 132巻9号 1732-1782頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (六)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年8月 132巻8号 1463-1510頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (五)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年7月 132巻7号 1219-1291頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (四)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年6月 132巻6号 1046-1105頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (三)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年5月 132巻5号 842-898頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (二)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年4月 132巻4号 605-663頁 
  • 『実体』法の実現における『手続』の役割 -アメリカ連邦裁判所の民事手続制定過程を巡る議論から (一)  法学協会雑誌 髙橋脩一 2015年3月 132巻3号 375-484頁 

諸活動

学内管理運営

その他

連絡先等

e-Mail s-taka(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL
TEL 022-214-3387
ADDRESS