教員紹介

西山 正吾(ニシヤマ ショウゴ)

職名
准教授
所属
理科教育講座
学位
博士(理学)
専門領域
宇宙物理学、天文学、物理教育、天文教育
研究テーマのキーワード
光赤外線天文学、銀河系、ブラックホール、星、星団、星間物質

教育研究内容

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成27年 前期 物理学講義IIA (振動・波動分野) 
  • 学部 平成27年 前期 物理学実験Ia 
  • 学部 平成27年 前期 物理学実験II 
  • 学部 平成27年 前期 理科教材実践研究A 
  • 学部 平成27年 前期 理科教材実践研究B 
  • 学部 平成27年 前期 理科(小専) 
  • 学部 平成27年 前期 理科教育実践体験演習 
  • 大学院 平成27年 前期 物理学特論C 
  • 学部 平成27年 後期 理科講義A (物理分野) 
  • 学部 平成27年 後期 理科(小専) 
  • 学部 平成27年 後期 理科演習(物理) 
  • 学部 平成27年 後期 物理学演習 
  • 学部 平成27年 後期 物理学講義I (熱力学分野) 
  • 学部 平成27年 後期 物理学実験Ib 
  • 大学院 平成27年 後期 理科教育特別演習A 
  • 教職大学院 平成27年 後期 物理学特講 
  • 学部 平成26年 前期 物理学講義IIA (振動・波動分野) 
  • 学部 平成26年 前期 物理学実験Ia 
  • 学部 平成26年 前期 物理学実験II 
  • 学部 平成26年 前期 理科教材実践研究A 
  • 学部 平成26年 前期 理科教材実践研究B 
  • 学部 平成26年 前期 理科(小専) 
  • 大学院 平成26年 前期 物理学特別演習 
  • 学部 平成26年 後期 理科講義A (物理分野) 
  • 学部 平成26年 後期 物理学講義I (熱力学分野) 
  • 学部 平成26年 後期 理科基礎実験 
  • 学部 平成26年 後期 物理学実験Ib 
  • 学部 平成26年 後期 物理学演習 
  • 学部 平成26年 後期 理科演習A(物理学分野) 
  • 学部 平成26年 後期 理科(小専) 
  • 大学院 平成26年 通年 学校実践研究 

学校支援

6:学校支援

  • 学校・教育委員会への支援  古川黎明高校校外学習研修 2016年7月1日 
  • 附属校園との連携 出前授業 宮城教育大学附属中学校 出前授業 「わたしたちには宇宙の5%しか見えない」 2016年1月14日 
  • 学校・教育委員会への支援  古川黎明高校校外学習、講義及び研修 2015年6月26日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属小学校 平成26年度公開研究会 2015年2月6日 
  • 附属校園との連携 出前授業 宮城教育大学附属中学校 出前授業 「宇宙について、私たちが知っていること、知らないこと」 2014年12月9日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属中学校 平成26年度校内授業研究会(物理)  2014年7月9日 

研究業績

8:論文

  • 有 "A lack of classical Cepheids in the inner part of the Galactic disc" Monthly Notices of the Royal Astronomical Society N. Matsunaga, et al. 2016年10月 462 414-420 
  • 有 "V5852 Sgr: an unusual nova possibly associated with the Sagittarius stream" Publications of the Astronomical Society of Japan E. Aydi, et al. 2016年9月 461 1529-1538 
  • 有 "Spectroscopically identified intermediate age stars at 0.5-3 pc distance from Sagittarius A*" Astronomy & Astrophysics S. Nishiyama, et al. 2016年4月 588 id.A49 
  • 有 "Number density distribution of near-infrared sources on a sub-degree scale in the Galactic center: Comparison with the Fe XXV Kα line at 6.7 keV" Publications of the Astronomical Society of Japan K. Yasui, S. Nishiyama, et al. 2015年12月 67 id.1237 
  • 有 "Subaru and e-Merlin observations of NGC 3718. Diaries of a supermassive black hole recoil?" Astronomy & Astrophysics K. Markakis, J. Dierkes, et al. 2015年8月 580 id.A11 
  • 有 "Surface brightness profile of the Milky Way's nuclear star cluster" Astronomy & Astrophysics R. Schodel, A. Feldmeier, et al. 2015年5月 577 id.C1 
  • 無 "Near-infrared Polarimetry and Interstellar Magnetic Fields in the Galactic Center" Highlights of Astronomy S. Nishiyama, H. Hatano, et al. 2015年3月 16 387 - 387 
  • 有 "Kinematics of Classical Cepheids in the Nuclear Stellar Disk" The Astrophysical Journal N. Matsunaga, K. Fukue, et al. 2015年1月 799 id. 46 
  • 有 "Near-IR Imaging Polarimetry toward a Bright-rimmed Cloud: Magnetic Field in SFO 74" The Astrophysical Journal T. Kusune, K. Sugitani, et al. 2015年1月 798 id. 60 
  • 有 "Large scale kinematics and dynamical modelling of the Milky Way nuclear star cluster" Astronomy & Astrophysics A. Feldmeier, N. Neumayer, et al. 2014年10月 570 id.A2 
  • 無 "The Origin of the Galactic Center Diffuse X-ray Emission Investigated by Near-infrared Observations" Suzaku-MAXI 2014: Expanding the Frontiers of the X-ray Universe, proceedings of a conference held 19-22 February, 2014 at Ehime University, Japan. Edited by M. Ishida, R. Petre, and K. Mitsuda S. Nishiyama, K. Yasui, et al. 2014年9月 8 
  • 有 "Young Stellar Object Search toward the Boundary of the Central Molecular Zone with Near-infrared Polarimetry" The Astrophysical Journal Supplement T. Yoshikawa, S. Nishiyama, et al. 2014年8月 213 id. 22 
  • 有 "Multi-band, Multi-epoch Observations of the Transiting Warm Jupiter WASP-80b" The Astrophysical Journal A. Fukui, Y. Kawashima, et al. 2014年8月 790 id. 108 
  • 有 "Infrared Doppler instrument (IRD) for the Subaru telescope to search for Earth-like planets around nearby M-dwarfs" Proceedings of the SPIE T. Kotani, M. Motohide, et al. 2014年7月 9147 id. 914714 
  • 有 "Surface brightness profile of the Milky Way's nuclear star cluster" Astronomy & Astrophysics R. Schodel, A. Feldmeier, et al. 2014年6月 566 id.A47 
  • 無 "The origin of the Galactic center diffuse X-ray emission investigated by near-infrared imaging and polarimetric observations" Proceedings of the International Astronomical Union S. Nishiyama, K. Yasui, et al. 2014年5月 303 449 - 453 
  • 無 "The Milky Way nuclear star cluster beyond 1 pc" Proceedings of the International Astronomical Union A. Feldmeier, N. Neumayer, et al. 2014年5月 303 223 - 227 
  • 有 "Intrinsically Polarized Stars and Implication for Star Formation in the Central Parsec of Our Galaxy" The Astrophysical Journal T. Yoshikawa, S. Nishiyama, et al. 2013年12月 778 id. 92 
  • 有 "Magnetically Confined Interstellar Hot Plasma in the Nuclear Bulge of Our Galaxy" The Astrophysical Journal Letters S. Nishiyama, K. Yasui, et al. 2013年6月 769 id. L25 
  • 有 "Young, Massive Star Candidates Detected throughout the Nuclear Star Cluster of the Milky Way" Astronomy and Astrophysics S. Nishiyama & R. Shoedel 2013年1月 549 id. A57 
  • 有 "Magnetic Field Configuration at the Galactic Center Investigated by Wide Field Near-Infrared Polarimetry: Transition from a toroidal to a poloidal Magnetic Field" The Astrophysical Journal Letters S. Nishiyama, H. Hatano, et al. 2010年10月 722 L23-L27 
  • 有 “Near-Infrared Polarimetry of Flares from Sgr A* with Subaru/CIAO”
 The Astrophysical Journal Letters S. Nishiyama, M. Tamura, et al. 2009年9月 702 L56-L60 
  • 有 “Interstellar Extinction Law Toward the Galactic Center III: J, H, KS Bands in the 2MASS and the MKO Systems, and 3.6, 4.5, 5.8, 8.0 μm in the Spitzer/IRAC System”
 The Astrophysical Journal S. Nishiyama, M. Tamura, et al. 2009年5月 696 1407 - 1417 
  • 有 “Magnetic Field Configuration at the Galactic Center Investigated by Wide Field Near-Infrared Polarimetry”
 The Astrophysical Journal S. Nishiyama, M. Tamura, et al. 2009年1月 690 1648 - 1658 
  • 有 “The Interstellar Extinction Law toward the Galactic Center. II. V, J, H, and Ks Bands” The Astrophysical Journal S. Nishiyama, T. Nagata, et al. 2008年6月 680 1174 - 1179 
  • 有 “Herbig Ae/Be Stars in the Magellanic Bridge”
, S. Nishiyama, et al., 
The Astrophysical Journal, Vol. 658, 358-366, 2007 The Astrophysical Journal S. Nishiyama, Y. Haba, et al. 2007年3月 658 358 - 366 
  • 有 “The Distance to the Galactic Center Derived from Infrared Photometry of Bulge Red Clump Stars” The Astrophysical Journal S. Nishiyama, T. Nagata, et al. 2006年8月 647 1093 - 1098 
  • 有 “Interstellar Extinction Law in the J, H, and Ks Bands toward the Galactic Center”
 The Astrophysical Journal S. Nishiyama, T. Nagata, et al. 2006年2月 638 839 - 846 
  • 有 “A Distinct Structure inside the Galactic Bar”
 The Astrophysical Journal S. Nishiyama, T. Nagata, et al. 2005年3月 621 L105 - L108 

13:外部資金獲得状況

  • 科学研究費補助金 代表者 挑戦的萌芽研究 「ブラックホール近傍のゆがんだ時空の測定を目指した星の高精度視線速度測定法の研究」 2015年4月1日 - 2018年3月31日 
  • 受託研究 代表者 国立天文台 大学支援経費 委託研究「銀河系中心の巨大ブラックホールを周回する星の高精度視線速度測定方法の研究」 2014年7月1日 - 2015年3月31日 
  • 科学研究費補助金 代表者 若手研究(A) 「ブラックホールへのガス降着現象の詳細観測のための近赤外線モニター観測体制の構築」 2013年4月1日 - 2017年3月31日 
  • 科学研究費補助金 代表者 新学術領域(研究領域提案型)公募研究 「地球型惑星検出を目指した視線速度測定近赤外線分光器のためのファイバー較正法の確立」 2012年4月1日 - 2014年3月31日 
  • 科学研究費補助金 代表者 研究活動スタート支援 「銀河系中心核星団の赤外線観測による、超大質量ブラックホール近傍の星形成過程の解明」 2011年8月24日 - 2013年3月31日 (2013年度は若手研究への切替により辞退) 
  • 科学研究費補助金 代表者 若手研究(B) 「近赤外線偏光撮像観測による銀河系中心領域の磁場構造の解明」 2007年4月1日 - 2008年3月31日 (2008、2009年度は学術振興会特別研究員への切替により辞退) 

諸活動

15:社会貢献

  • ひらめきときめきサイエンス「ブラックホールの歪んだ世界: 時間と空間が曲がる?」@愛知教育大学 講師 2016年8月6日 - 2016年8月6日 
  • ひらめきときめきサイエンス「銀河系中心をめぐる星々でブラックホール時空探査」@愛知教育大学 講師 2015年8月8日 - 2015年8月8日 
  • 仙台市天文台トワイライトサロン 「南アフリカの星空」 一般向け講演会講師 2014年11月29日 - 2014年11月29日 
  • ひらめきときめきサイエンス「ブラックホールの時空の歪みを観測する」@愛知教育大学 講師 2014年8月9日 - 2014年8月9日 

学内管理運営

その他

http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~shogo-n/miyakyo/saito/Welcome.html

連絡先等

e-Mail shogo-n(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL http://staff.miyakyo-u.ac.jp/~shogo-n/index.html
TEL
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149 宮城教育大学 1号館1階 西山研究室