教員紹介

西城 潔(サイジョウ キヨシ)

職名
教授
所属
社会科教育講座
学位
博士(理学)
専門領域
地理学
研究テーマのキーワード
自然地理学 地形学 環境地理学

教育研究内容

自然地理学 地形学 環境地理学

 地形やその構成物質の特徴にもとづく過去数万年間の気候変動および環境変遷の解明、人為作用と地形・植生景観の形成との関係解明を主たる研究テーマとしている。研究対象地域は、国内では北上山地や東北地方の丘陵地、国外ではネパールヒマラヤ、北東シベリア、カムチャツカ半島、中国内モンゴル地域などである。
 教育面では、自然地理学や地形学そのものを深く学ばせるというより、その応用面での有効性を学生に伝えるよう心がけている。具体的には、地域の環境や景観を読みとく上で自然地理学的観点をもつことがいかに有効か、また地形・地理的題材を生かしてどのような環境教育が可能かなどのテーマについて、学生とともに考えている。

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成24年 環境と開発 
  • 学部 平成24年 小専社会b 
  • 学部 平成24年 自然地理学概論 
  • 学部 平成24年 地理学実習B 
  • 学部 平成24年 地理学演習B 
  • 学部 平成24年 自然地理学講義 
  • 学部 平成24年 地誌学講義B 
  • 学部 平成24年 小専社会d 
  • 大学院 平成24年 自然地理学特論 
  • 大学院 平成24年 地理学特講 
  • 大学院 平成24年 自然地理学特別演習 
  • 学部 平成23年 小専生活a 
  • 学部 平成23年 小専社会b 
  • 学部 平成23年 環境と開発 
  • 学部 平成23年 資料調査法A 
  • 学部 平成23年 自然地理学概論 
  • 学部 平成23年 地理学実習B 
  • 学部 平成23年 地理学演習B 
  • 学部 平成23年 自然地理学講義 
  • 学部 平成23年 地誌学講義B 
  • 学部 平成23年 小専社会d 
  • 大学院 平成23年 自然地理学特論 
  • 大学院 平成23年 地理学特講 
  • 学部 平成22年 環境と開発 
  • 学部 平成22年 地理学実習B 
  • 学部 平成22年 社会\地歴科教育法 
  • 学部 平成22年 社会\地歴科教育法 
  • 学部 平成22年 社会科教育ゼミナール 
  • 学部 平成22年 社会b 
  • 学部 平成22年 社会b 
  • 学部 平成22年 自然地理学概論 
  • 学部 平成22年 自然地理学講義1 
  • 学部 平成22年 自然地理学1 
  • 学部 平成22年 総合演習11 
  • 学部 平成22年 地誌学講義B 
  • 学部 平成22年 地誌学講義B 
  • 学部 平成22年 世界の地誌B 
  • 学部 平成22年 社会d 
  • 学部 平成22年 地理学演習B 
  • 学部 平成22年 自然地理学講義 
  • 大学院 平成22年 臨床教育研究C臨床教育研究C1 
  • 大学院 平成22年 自然地理学特論 
  • 大学院 平成22年 自然地理学特別演習  
  • 大学院 平成22年 地誌学特別演習 
  • 教職大学院 平成22年 地理学特講 

2:学位指導実績

  • 東日本大震災における外国人の行動-仙台市に居住する留学生に注目して- 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 泉ヶ岳三角山周辺の炭焼き窯後背斜面におけるミズナラ林の特徴と人為的影響 宮城教育大学教育学部 
  • 阿武隈川における堤外地とその周辺の空間放射線量の変動特性 宮城教育大学教育学部 
  • 外国人実習生と地域労働市場-秋田県湯沢市縫製工場を事例として- 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 耕作放棄地拡大への対応と集落存続への課題-東北地方中山間地域を事例にして- 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 食教育の現状とその評価方法の検討 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 仙台平野南部の津波浸水水田における土壌塩分濃度の経時変化 宮城教育大学教育学部 
  • 1980年以降のイチョウの植物季節の変化について-日本の主要都市を例として- 宮城教育大学教育学部 
  • ドイツ北西部Wahner Heide自然保護区の植生景観と保全をめぐる問題点 宮城教育大学教育学部 
  • 青葉の森におけるヒノキ林についての一考察 宮城教育大学教育学部 
  • 青葉の森におけるコナラ林の特徴と過去の薪炭林利用 宮城教育大学教育学部 
  • 仙台市内の緑地の気象緩和機能に関する地理学的研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 繊毛虫Euplotes woodruffiに関する分子系統地理学的研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 北海道大黒島より採集された土壌繊毛虫に関する分類学的研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 東北地方における野菜流通の空間的編成と卸売市場再編 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 東北農山村地域における外国人花嫁の定着条件 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 中学校社会科地理的分野の「身近な地域の調査」に関する研究‐教員へのアンケート調査の分析を通して‐ 宮城教育大学大学院教育学研究科 

4:正規以外の学生指導

  • 平成21年 

5:その他教育に関する活動

  • 平成24年 東北大学非常勤講師 
  • 平成23年 東北大学非常勤講師 
  • 平成21年 東北大学非常勤講師(2009年度~) 

学校支援

6:学校支援

  • 仙台高校 2011年10月21日 
  • 2009年5月 
  • 2009年5月 

研究業績

7:著書

  • 拡大EUとニューリージョン 2012年 
  • 地理教育の今日的課題 2007年10月1日 

8:論文

  • リフレッシャー教育システム「炭やき広場」の概要と利用事例 2013年 
  • 名取川下流部の津波浸水水田における表土層の塩分濃度分布 2013年 
  • 伐採木を活用した炭焼きの試み-現代的課題科目「環境教育」における実践事例- 2011年 
  • ドイツ測量局制作のデジタル旧版地形図集TK25Historyとその利用事例 2011年 
  • 仙台市におけるソメイヨシノの開花進行過程と土地利用の関係 2010年 
  • 炭窯跡からみた丘陵地における過去の木炭生産 2007年 

13:外部資金獲得状況

  • 森林の管理形態が地表環境動態に及ぼす影響に関する地理学的研究-ドイツ中部丘陵地帯ライン・ジーク郡を例に- 2011年4月1日 - 2012年3月31日 

14:その他

  • Relationship between forest use for charcoal production and landform units  2013年8月30日 - 2013年8月31日 
  • Forest landscape and its dynamics in relation to forest use for fuel production in Japan and Germany 2013年 -  
  • 大学構内の木質バイオマスを活用した環境教育-宮城教育大学での炭焼きの取り組み- 2013年 -  
  • 宮城教育大学における炭焼きの取り組み-構内の木質バイオマスの有効活用をめざして- 2013年 -  
  • 福島市渡利地区における放射線量分布の特徴-国道114号線での測定事例- 2012年 -  
  • ドイツ北西部、ノルトラインヴェストファレン州ヴァーナーハイデ自然保護区の植生景観と林野利用 2012年 -  
  • 仙台平野南部の津波浸水水田における表土層の塩分濃度特性とその変化 2012年 -  
  • ドイツにおける近年の森林利用と景観変化-ノルトラインヴェストファレン州ローマル付近を例に- 2012年 -  
  • 宮城県南部~福島県北部沿岸地域の河川における津波遡上位置 2012年 -  
  • 微地形・森林景観に認められる過去の木炭生産の痕跡-仙台市北西部、泉ヶ岳周辺を例に- 2011年 -  
  • 木炭生産にみる自然資源利用 2011年 -  
  • 福島市渡利地区における放射線量分布の特徴 2011年 -  
  • Relationship between forest use for charcoal production and landform units in the hilly area near Sendai, northeast Japan  2010年11月8日 -  
  • Area and Volume of Coppice Forest for Sustainable Charcoal Production Located in the Hills near Sendai, Northeastern Japan 2010年11月8日 -  
  • 日本地理学会  -  
  • 東北地理学会  -  
  • 日本第四紀学会  -  
  • 日本地形学連合  -  
  • 東京地学協会  -  
  • Nepal Geological Society  -  
  • 日本環境教育学会  -  
  • 木質炭化学会  -  

諸活動

15:社会貢献

  • 身近なバイオマスで炭をやこう 2012年11月10日 -  
  • 宮城県環境影響評価技術審査会委員  環境影響評価技術にかかわる審議 2011年1月1日 - 2012年12月31日 
  • 宮城県環境影響評価技術審査会委員(2008~2010年 環境影響評価技術にかかわる審議)  -  

学内管理運営

18:学内管理運営

  • 教育実習委員会委員 2011年4月1日 - 2013年3月31日 
  • 学外実習等安全対策緊急特別委員会 2010年4月1日 -  
  • 教育実習委員会 2008年4月1日 - 2010年3月31日 

その他

連絡先等

e-Mail saijo(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL
TEL TEL 022-214-3385 022-214-3385
ADDRESS 〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉149