教員紹介

神谷 拓(カミヤ タク)

職名
准教授
所属
保健体育講座
学位
博士(教育学)
専門領域
体育科教育学 スポーツ教育学
研究テーマのキーワード
体育のカリキュラム 教科外体育 体育行事 運動部活動 地域スポーツクラブ

教育研究内容

体育のカリキュラム開発

体育授業、体育行事、運動部活動、地域スポーツクラブを関連づけて指導する原理や方法について研究している。具体的には、体育授業の「学び」を教科外の活動へと発展させる方法や、教科外の「学び」を体育の授業で活用する方法について検討している。

運動部活動の教育論

運動部活動を学校教育に位置づけるための原理や指導方法について研究している。研究方法としては、歴史的なアプローチ、言説分析、フィールドワークを用いている。なお、文化部との比較研究にも取り組んでいる。

体育行事の指導論

体育行事を自治集団活動として指導するための方法を研究している。具体的には、「子ども達に何を決めさせる必要があるのか」という視点から、体育行事の系統的な指導方法を検討している。なお、担当している演習では、実際に体育行事を企画、運営、総括させる取り組みを行っている。

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成23年 体育実習a 
  • 学部 平成23年 体育科教材研究法c 
  • 学部 平成23年 体育科教材研究法d 
  • 学部 平成23年 保健体育科教育法2 
  • 学部 平成23年 体育A 
  • 学部 平成23年 保健体育科教育法B 
  • 学部 平成23年 保健体育科教育実践体験演習(中等) 
  • 学部 平成23年 保健体育科教育実践研究A 
  • 学部 平成23年 保健体育科教育実践研究B 
  • 学部 平成23年 保健体育研究法演習 
  • 学部 平成23年 体育・健康・スポーツ演習 
  • 教職大学院 平成23年 保健体育科教育学特講 
  • 大学院 平成23年 保健体育科教育学特論 
  • 大学院 平成23年 保健体育科教育学特別演習A 
  • 大学院 平成23年 学校実践研究 

2:学位指導実績

  • 学士 東日本大震災前後の教育実践と保健体育教師の信念ーインタビュー調査による検討ー 宮城教育大学教育学部 2017年3月1日 
  • 学士 中学校における「クラブ単元」の在り方ーフラッグフットボールの実践を通してー 宮城教育大学教育学部 2017年3月1日 
  • 学士 中学校創作ダンスにおいて里見まり子の即興的な指導を活用するための理論的枠組み 宮城教育大学教育学部 2017年3月1日 
  • 学士 「参画のはしご」に基づく小学生のスポーツ活動における自治内容と指導方法 宮城教育大学教育学部 2016年3月1日 
  • 学士 水泳のグループ学習におけるスイミングクラブに通う「できる子」への指導方法 宮城教育大学教育学部 2016年3月1日 
  • 学士 体育行事と関連づけた体育授業に関する研究ー1950年代の「行事単元」に注目してー 宮城教育大学教育学部 2016年3月1日 
  • 学士 剣道授業における「礼法」の教材化 宮城教育大学教育学部 2016年3月1日 
  • 学士 新聞記事を用いた勝利至上主義言説の分析ースポーツ権論に基づく運動部活動の語り方ー 宮城教育大学教育学部 2016年3月1日 
  • 学士 運動会の自治内容と指導過程に関する考察ー制野俊弘の中学校運動会実践に注目してー 宮城教育大学教育学部 2015年3月1日 
  • 学士 運動部活動と保護者のかかわりに関する考察ー中学校排球部の「自立」指導に着目してー 宮城教育大学教育学部 2015年3月1日 
  • 学士 教師教育における運動部活動の講義内容に関する考察ー体罰指導をなくすためにー 宮城教育大学教育学部 2015年3月1日 
  • 学士 体育のグループ学習におけるグループノートへの指導の在り方 宮城教育大学教育学部 2015年3月1日 
  • 学士 民主的な部活動実践における「クラブ通信」の働き 宮城教育大学教育学部 2014年3月1日 
  • 学士 中学校野球部における自治集団活動が試合に及ぼす影響ー制野俊弘の実践に注目してー 宮城教育大学教育学部 2014年3月1日 
  • 学士 部活動の「サークル」化実践の意義と課題 宮城教育大学教育学部 2014年3月1日 
  • 学士 「性の多様性」を教える体育理論の授業 宮城教育大学教育学部 2014年3月1日 
  • 学士 地域スポーツクラブの設立と運営に繋がる教師の働きかけー平野和弘の実践に注目してー 宮城教育大学教育学部 2014年3月1日 

3:学生による研究発表

  • 神谷拓ゼミ(2017) スポーツ文化と教育 第4集 2017年3月24日 宮城教育大学神谷拓研究室 ゼミ論文集 
  • 嶋津寿克 体育の主体的な学習活動を引き出す指導方法の考察ー行事単元実践に注目してー 2017年3月15日 体育科教育学研究33(1)19-34. 神谷拓 日本体育科教育学会 
  • 神谷拓ゼミ(2016) スポーツ文化と教育 第3集 2016年3月11日 宮城教育大学神谷拓研究室 ゼミ論文集 
  • 山口奈保子 教師は子どもの感想文に何を書き込むのかー3者のグループノートを分析してー 2015年9月1日 たのしい体育・スポーツ2015年9月号、20-23頁. 
  • 神谷拓ゼミ(2015) スポーツ文化と教育 第2集 2015年3月21日 宮城教育大学神谷拓研究室 ゼミ論文集 
  • 神谷拓ゼミ(2015) 東日本大震災後の運動会と新たな伝統 2015年3月1日 宮城教育大学神谷拓研究室 (研究成果報告書) 
  • 山口奈保子 グループノートにおける教師の働きかけ~フラッグフットボールの実践分析~ 2014年8月3日 『たのしい体育・スポーツ』(2014年号外、239-242頁)。 学校体育研究同志会・東日本大震災復興祈念みやぎ大会実行委員会 
  • 神谷拓ゼミ(2014) スポーツ文化と教育 2014年3月25日 宮城教育大学神谷拓研究室 ゼミ論文集 
  • 神谷拓ゼミ(2014) スポーツ文化と教育 第1集 2014年3月25日 宮城教育大学神谷拓研究室 ゼミ論文集 
  • 神谷拓ゼミ(2014) 学校の統廃合と運動会ー東日本大震災後の「意志」の変化ー 2014年3月1日 宮城教育大学保健体育講座神谷拓研究室 (研究成果報告書) 
  • 亀野僚介 体罰を乗り越える運動部活動指導の在り方ー星野直之実践におけるクラブノートとクラブ通信に注目してー  2013年12月1日 たのしい体育・スポーツ (277) 30-31頁 神谷拓 創文企画  
  • 村上優希 「体育発、運動部活動経由、地域スポーツクラブ行き」実践ー平野和弘から学ぶことー  2013年12月1日 たのしい体育・スポーツ (277) 28-29頁 神谷拓 創文企画 
  • 村上優希 地域スポーツクラブの設立につながる部活動の指導 2013年8月5日 『たのしい体育・スポーツ』(2013年号外、249-252頁)。 神谷拓 学校体育研究同志会・あわじ大会実行委員会 
  • 亀野僚佑 民主的な部活動実践における「クラブ通信」の働き 2013年8月5日 『たのしい体育・スポーツ』(2013年号外、253-256頁)。 神谷拓 学校体育研究同志会・あわじ大会実行委員会 
  • 神谷拓ゼミ(2013) 東日本大震災と運動会 学校の統廃合をひかえた地域住民、教師、生徒の「意志」 2013年3月15日 1-37 宮城教育大学保健体育講座神谷拓研究室 研究成果報告書 

5:その他教育に関する活動

  • 平成29年 鹿児島大学大学院非常勤講師(生涯学習特論演習1) 
  • 平成29年 尚絅学院大学非常勤講師(特別活動の指導法) 
  • 平成28年 鹿児島大学大学院非常勤講師(生涯学習特論演習1) 
  • 平成27年 鹿児島大学大学院非常勤講師(生涯学習特論演習1) 
  • 平成26年 被災地の運動会の実態調査(保健体育科研究法演習) 
  • 平成25年 被災地の運動会の実態調査(保健体育科研究法演習) 
  • 平成25年 キャリアサポートセンター フォローアップセミナー フラッグフットボール 
  • 平成25年 キャリアサポートセンター教採対策実技講習会講 マット運動 
  • 平成24年 被災地の運動会の実態調査(保健体育科研究法演習) 
  • 平成23年 体育会野球部顧問 

学校支援

6:学校支援

  • 現職教員支援 現職教育講座 いわき明星大学(福島県いわき市) 保健体育教師の専門性と部活動指導ー生徒が自分たちで強くなる部活動に向けてー 2017年11月29日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 宮城県仙台市茂庭荘 自治と対話に基づく運動部活動指導ー体罰・暴力・暴言に陥らないためにー 2017年11月22日 宮城県高等学校体育連盟 
  • 学校・教育委員会への支援 岩切小学校・研究室訪問の受け入れ・ワークショップ 宮城教育大学 スポーツクラブの名前を考えて見よう 2017年11月21日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 山形県最上郡金山中学校 第67次教育研究山形県集会 身体と教育 研究協力者 2017年11月11日 
  • 学校・教育委員会への支援 塩竈市部活動指導者研修会講演 塩竈ガス体育館内研修室 これから運動部活動の授業をしますー現状における課題と展望ー 2017年11月6日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 フォレスト仙台(宮城県教育会館) みやぎ教育のつどい 体育分科会 共同研究者 2017年11月4日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属中学校 附属中学校・公開研究会・バスケットボール(研究協力者) 2017年10月25日 
  • 学校・教育委員会への支援 部活動指導体制の見直しと地域人材の活用について(講話・ワークショップ) 塩竈市立玉川中学校 2017年9月20日 
  • 現職教員支援 教員免許状更新講習 宮城教育大学 運動部活動の教育学  6 2017年9月16日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 長野市教育センター講堂 長野市教育センター「魅力ある部活動ー今後の部活動の在り方ー」 2017年8月24日 
  • 現職教員支援 講演「ブラック部活」の処方箋ー脱「強制」の語り方ー(大阪高校生活指導研究協議会) 堺市立東文化会館研修室 高校での部活動問題を考える 2017年7月8日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 玉造荘(大崎市・川渡温泉) 宮城県高等学校・障害児学校教職員組合「教育講座」第2分科会「これからの高校教育を考える」 2017年2月19日 
  • 学校・教育委員会への支援 出前授業 山梨英和中学校・高等学校 運動部活動における自治を考えよう(運動部活動・剣道部の話し合いのコーディネート) 2017年2月1日 
  • 学校・教育委員会への支援 出前授業 山梨英和中学校・高等学校 運動部活動に込める願いは何か?(運動部活動・剣道部の話し合いのコーディネート) 2017年1月26日 
  • 附属校園との連携 出前授業 宮城教育大学附属中学校 スポーツクラブを教える体育授業 2016年11月8日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 フォレスト仙台(宮城県教育会館) みやぎ教育のつどい 体育分科会 共同研究者 2016年11月6日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属中学校 附属中学校・公開研究会・バレーボール・フラッグフットボール(研究協力者) 2016年10月28日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城県仙台市立仙台高等学校 研究授業協力教員(宮城県仙台市立仙台高等学校) 2016年10月18日 
  • 現職教員支援 教員免許状更新講習 宮城教育大学 運動部活動の教育学  6 2016年9月17日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 長野市教育センター講堂3階 長野市教育センター「魅力ある課外活動をめざしてー担当者・顧問の在り方ー」 2016年9月5日 
  • 宮城教育大学附属小学校 体育科全校授業研究会 2015年11月26日 「跳び箱運動」 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属中学校 附属中学校・公開研究会・バレーボール(研究協力者) 2015年11月6日 
  • 現職教員支援 教員免許状更新講習 宮城教育大学 運動部活動の教育学  6 2015年9月26日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 多賀城中学校 「わかる・できる・おもしろい」球技教材の指導方法について(多賀城市教育研究会・講師) 2015年6月24日 
  • 学校・教育委員会への支援 宮城県 教育委員会 運動部活動等推進委員会 2015年6月12日 2016年1月12日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属小学校 附属小学校・公開研究会・跳び箱運動(運動遊び)・バスケットボール・フラッグフットボール(研究協力者) 2015年6月5日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属小学校 附属小学校・公開研究会・シュートボール・ハンドボール・バレーボール(研究協力者) 2015年2月6日 
  • 学校・教育委員会への支援 地域と連携した中学校運動部活動連携事業の進捗について 宮城県行政庁舎 宮城県教育委員会・運動部活動等推進委員会・助言者 2014年12月9日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 フォレスト仙台(宮城県教育会館) みやぎ教育のつどい 体育分科会 共同研究者 2014年11月9日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城県仙台市立仙台高等学校 研究授業協力教員(宮城県仙台市立仙台高等学校) 2014年10月21日 
  • 現職教員支援 教員免許状更新講習 宮城教育大学 運動部活動の教育学  6時間 2014年9月13日 
  • 学校・教育委員会への支援 被災地の運動会ボランティア(保健体育科教育実践体験演習)・宮城県東松島市立鳴瀬未来中学校 2014年8月30日 
  • 学校・教育委員会への支援 神奈川県教育委員会部活動活性化推進協議会アドバイザー かながわ県民文化センター 特別会議室 新たな部活動活性化推進計画について 2.5 2014年7月24日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 日本生命横浜本末ビル 600会議室 神奈川県教育委員会部活動活性化推進協議会「今後の部活動のあり方ー平成27年度からの部活動推進に向けてー」 2014年1月30日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 仙台市茂庭荘 部活動はどうあるべきか ~教師の労働・専門性と部活動指導の関係~(宮城県教職員組合 専門部GO!DO!教研) 2014年1月25日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 宮城県古川高等学校(大崎地区高等学校生徒指導研究会) 学校教育における運動部活動指導の在り方~体罰のない教育をめざして~(大崎地区高等学校生徒指導研究会) 2013年11月25日 
  • 学校・教育委員会への支援 被災地の運動会ボランティア(保健体育科教育実践体験演習)・宮城県東松島市立鳴瀬未来中学校 2013年8月30日 
  • 現職教員支援 現職教育講座 青森県木造高等学校 部活動指導の教育学~体罰のない教育をめざして~(平成25年度青森県高等学校教育研究会保健体育部会研究大会) 2013年8月19日 
  • 学校・教育委員会への支援 神奈川県教育委員会『体罰防止ガイドライン~神奈川からすべての体罰を根絶するために~』への寄稿 体罰は「運動」「部活動」の指導方法になり得ない 2013年7月16日 
  • 現職教員支援 教員免許状更新講習 宮城教育大学 運動部活動の教育学 6時間 2013年7月7日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属中学校 附属中学校・公開研究会・保健(研究協力者) 2013年5月24日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 神奈川県教育委員会部活動活性化推進協議会 神奈川県教育委員会部活動活性化推進協議会「今後の部活動のあり方について」 2013年1月31日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 みんながうまくなるフラッグフットボールの指導法について(宮城県多賀城市教育委員会 多賀城市教育研究会) 2時間 2012年11月22日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 研究授業協力教員(宮城県仙台市立仙台高等学校) 2012年10月23日 
  • 学校・教育委員会への支援 被災地の運動会ボランティア(保健体育科教育実践体験演習)・宮城県東松島市立鳴瀬第二中学校 2012年8月25日 
  • 現職教員支援 教員免許状更新講習 宮城教育大学 体育における教育課程編成の原理 6時間 2012年7月7日 
  • 附属校園との連携 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 宮城教育大学附属小学校 附属小学校・公開研究会・体育(研究協力者) 2012年6月8日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 神奈川県教育委員会部活動活性化推進協議会 神奈川県教育委員会部活動活性化推進協議会「学校教育において部活動を推進するうえでの課題」 2011年11月25日 
  • 学校・教育委員会への支援 本学主催の地域連携事業の企画・実施 宮城県石巻市石巻工業高等学校 宮城教育大学教職大学院 シンポジウム「部活動と学校経営」 指定討論「教育課程から見た部活動指導」 2011年11月17日 
  • 学校・教育委員会への支援 被災地の運動会ボランティア(保健体育科教育実践体験演習)・宮城県東松島市立鳴瀬第二中学校 2011年8月27日 
  • 学校・教育委員会への支援 自主公開校・校内研究会・教育研究会等の担当・助言 岐阜県下呂市教育委員会 下呂市総合型地域スポーツクラブ連絡会主催「学校部活動と地域スポーツクラブの連携に関する講習会」 2008年12月18日 

研究業績

7:著書

  • 部活動って何だろう ここから変えよう(インタビュー掲載) 新日本出版社 2017年11月15日 
  • 対話でつくる 教科外の体育ー学校の体育・スポーツ活動を学び直すー 学事出版 2017年10月27日 
  • 運動部活動の理論と実践(「運動部活動の教育制度史」の執筆を担当) 大修館書店 2016年9月10日 
  • 生徒が自分たちで強くなる部活動指導 「体罰」「強制」に頼らない新しい部活づくり 明治図書 2016年3月4日 
  • 運動部活動の教育学入門 歴史とのダイアローグ 大修館書店 2015年12月1日 
  • 体育・スポーツと経営ースポーツマネジメント教育の新展開 ふくろう出版 2011年3月25日 
  • 中村敏雄著作集 中村敏雄の人と仕事 創文企画 2009年7月21日 

8:論文

  • <連載>「運動部活動の教育学への誘い(第2回)ー「部活動は道徳教育の場である!」と考える、あなたへー 公益財団法人 日本ハンドボール協会 ハンドボール 単著 2017年12月1日 574号 23-24 (webで公開) 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第10時限目 体育の授業と運動部活動とをつなぐ ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・玉腰和典・監修・神谷拓 2017年11月27日 32(2) 74-77. 
  • <連載>「運動部活動の教育学への誘い(第1回)ー「部活動は競技力を高める場である!」と考える、あなたへー 公益財団法人 日本ハンドボール協会 ハンドボール 単著 2017年11月1日 573号 27-28 (webで公開) 
  • 運動部活動と地域の関係史 日本体育社 みんなのスポーツ 単著 2017年11月1日 39(11) 12-14 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第9時限目 そもそも運動部活動はなんのためにある? ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・苫野一徳・監修・神谷拓 2017年10月27日 31(20) 58-61. 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第8時限目 運動部活動とアスリートの自立 ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・久我アレキサンデル・監修・神谷拓 2017年9月27日 31(19) 62-65. 
  • 教育再生実行会議と部活動ー政治主導の「ブラック」劇場のシナリオー エイデル研究所 季刊 教育法 単著 2017年9月25日 194 6-13 
  • 「ブラック部活」劇場のシナリオとカラクリ 社会民主党全国連合機関紙宣伝局 月刊 社会民主 文・監修:神谷拓 2017年9月1日 748 56-59 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第7時限目 ブラックバイトから見えてくる運動部活動の影響 ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・大内裕和・監修・神谷拓 2017年8月27日 31(10) 58-61. 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第6時限目 子どもの自治から見た外部指導者・部活動指導員制度の是非 ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・監修:神谷拓 2017年7月27日 31(9) 64-67. 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第5時限目 運動部活動の歴史から自治と体罰を考える ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・中村哲也、監修:神谷拓 2017年6月27日 31(8) 54-57. 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第4時限目 青少年の社会教育と運動部活動 ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・久保田治助、監修:神谷拓 2017年5月27日 31(7) 60-63. 
  • 部活動の教育内容と条件整備 かもがわ出版 教育 2017年5月1日 856号 25-33頁 
  • 学校の運動会は何を経験する場なのかー行事単元から学ぶ3つの知見ー 大修館 体育科教育 2017年5月1日 65(6) 22-25 
  • 運動部活動の自治 はじめの一歩 かもがわ出版 教育 堀江なつ子・神谷拓 2017年5月1日 856号 34-42頁 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第3時限目 運動部活動を地域に埋め戻す ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・伊藤恵造、監修:神谷拓 2017年4月27日 31(6) 64-67. 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第2時限目 運動部活動のマネジメント ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 文・大野貴司、監修:神谷拓 2017年3月27日 31(5) 54-57. 
  • 運動部活動の保守性と新自由主義 青土社 現代思想 2017年3月27日 45(7) 114-124頁 
  • 体育の主体的な学習活動を引き出す指導方法の考察ー行事単元実践に注目してー 日本体育科教育学会 体育科教育学研究 嶋津寿克・神谷拓 2017年3月15日 33(1) 19-34. 
  • <連載>これから「運動部活動」の授業をしますー私の専門分野からのエールー 第1時限目 運動部活動の主人公は子どもである ベースボールマガジン社 コーチングクリニック (文・監修担当) 2017年2月27日 31(5) 58-61. 
  • 「苦しくない部活動」への転換ー存在意義から評価までの語り方ー 日本生活教育連盟 生活教育 2016年12月1日 44-51. 
  • ブラック部活の処方箋 学事出版 月刊高校教育 2016年9月1日 49(10) 30-33 
  • 子どもをその気にさせる運動指導 運動部活動で子どもの「やる気」を引き出すにはー「自治」と「内発的動機づけ」との関係ー ベースボールマガジン社 コーチングクリニック 2016年5月27日 30(7) 56-59. 
  • 教師による組体操問題の語り方 大修館 体育科教育 2016年5月1日 64(5) 37-40. 
  • どうなる運動部活動ースポーツ庁設置に関わる国会の議論から見えること 大修館 体育科教育 2015年12月1日 63(12) 40-43. 
  • 体罰・暴力の根絶に向けた運動部活動教育の内容と条件整備−教師の専門性と運動部活動指導の関係に注目して− 日本体育学会 体育学研究(J-STAGE) 神谷拓・菊幸一 2015年7月21日 p.R8_1-R8_37 http://doi.org/10.5432/jjpehss.60.R12 
  • 教科内容研究から教育課程研究へー『国民運動文化の創造』刊行以後の歩みと課題ー 学校体育研究同志会 運動文化研究32号 2015年4月30日 114-124 
  • これからグループ学習を始める人へー学校体育研究同志会のこだわりー 創文企画 たのしい体育・スポーツ 2015年4月1日 34(3) 8-11 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第48回 運動部活動の「これまで」と「これから」 大修館 体育科教育 2015年3月1日 63(3) 52-56 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第47回 運動部活動の「教育」を支える条件 大修館 体育科教育 2015年2月1日 63(2) 74-77 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第46回 運動部活動の実践論 大修館 体育科教育 2015年1月1日 63(1) 66-70 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第45回 学校が運動部活動を必要とする理由 大修館 体育科教育 2014年12月1日 62(12) 74-77 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第44回 教師の専門性と運動部活動 大修館 体育科教育 2014年11月1日 62(11) 52-55 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第43回 自治の教育的意義 大修館 体育科教育 2014年10月1日 62(10) 63-67 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第42回 クラブ・部活動は結社である 大修館 体育科教育 2014年9月1日 62(9) 54-57 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第41回 行き場を失った「レクリエーション」言説 大修館 体育科教育 2014年8月1日 62(8) 66-69 
  • 学校教育活動としての運動部活動 日本体育学会 体育経営管理専門領域 『体育経営管理論集』 2014年7月31日 第6巻 65-79 日本体育学会第64回大会 体育経営管理シンポジウム 学校運動部活動の現代的意義と経営改革の方向性Ⅱ 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第40回 運動部活動の「教育」言説の限界 大修館 体育科教育 2014年7月1日 62(7) 74-77. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第39回 クラブ・部活動の歴史と教育現場の不信感 大修館 体育科教育 2014年6月1日 62(5) 66-69 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第38回 総則・部活動の理由 大修館 体育科教育 2014年5月1日 62(5) 66-69 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第37回 部活動手当倍増のカラクリ 大修館 体育科教育 2014年4月1日 62(4) 64-67頁. 
  • 運動部活動の制度史と今後の展望 日本体育科教育学会 体育科教育学研究 2014年3月15日 30(1) 75-80頁. (シンポジウム報告) 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第36回 外部指導者制度の現実 大修館 体育科教育 2014年3月1日 62(3) 74-77 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第35回 教員評価と部活動 大修館 体育科教育 2014年2月1日 62(2) 52-56 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第34回 教員採用試験とクラブ・部活動に対する「絶対的な信頼」 大修館 体育科教育 2014年1月1日 62(1) 52-56 
  • 運動部活動で体罰が続くカラクリ ブックハウス・エイチディ 子どものからだと心・連絡会議『こどものからだと心 白書2013』 単著 2013年12月7日 17-19頁 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第33回 学校選択制度と運動部活動をめぐる格差 大修館 体育科教育 2013年12月1日 61(12) 46-49. 
  • スポーツと自治 創文企画 たのしい体育・スポーツ 2013年12月1日 (277) 7頁 
  • 体罰を乗り越える運動部活動指導の在り方ー星野直之実践におけるクラブノートとクラブ通信に注目してー 創文企画 たのしい体育・スポーツ 亀野僚介・神谷拓 2013年12月1日 (277) 30-31頁 
  • 「体育発、運動部活動経由、地域スポーツクラブ行き」実践ー平野和弘から学ぶことー 創文企画 たのしい体育・スポーツ 村上優希・神谷拓 2013年12月1日 (277) 28-29頁 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第32回 「スポーツ振興基本計画」の改訂と中学生の国体参加 大修館 体育科教育 2013年11月1日 61(11) 66-69. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第31回 「スポーツ振興基本計画」と運動部活動 大修館 体育科教育 2013年10月1日 61(10) 58-61. 
  • 運動部活動の教育内容のに関する考察:免許状更新講習・「運動部活動の教育学」入門の取り組み ジアース教育新社 SYNAPSE 2013年9月25日 25号 28-31 
  • 体罰を是認する二つの「鎖」 かもがわ出版 教育 2013年9月1日 83-86頁 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第30回 「無色透明」な部活動の行方 大修館 体育科教育 2013年9月1日 61(9) 68-71頁 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第29回 「ゆとり」政策と教職員組合 大修館 体育科教育 2013年8月1日 61(8) 52-56. 
  • 運動会指導の系統性私案 運動文化研究 単著 2013年7月30日 30号 27-36頁 
  • 運動部活動における体罰の背景ー大阪の教育政策に注目してー 部落問題研究所 人権と部落問題 2013年7月1日 845 15-23 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第28回 「ゆとり」政策と運動部活動のギャップ 大修館 体育科教育 2013年7月1日 61(7) 48-51. 
  • 本のコンシュルジュ 運動部活動の体罰問題を考える三冊 旬報社 人間と教育 2013年6月10日 78 130-133 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第27回 「個性」の重視と運動部活動 大修館 体育科教育 2013年6月1日 61(6) 74-77. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第26回 公立高校普通科における推薦入試の導入と運動部活動 大修館 体育科教育 2013年5月1日 61(5) 50-53. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第25回 「代替措置」による部活動の義務化と道徳教育 大修館 体育科教育 2013年4月1日 61(4) 62-65. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第24回 臨時教育審議会における議論と部活動の方針 大修館 体育科教育 2013年3月1日 61(3) 52-56 
  • 学校で部活動を実施するためには 大修館 体育科教育 2013年3月1日 61(3) 10-13 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第23回 管理主義教育と運動部活動 大修館 体育科教育 2013年2月1日 61(2) 64-68 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第22回 必修クラブと部活動のボーダーレス化 大修館書店 体育科教育 2013年1月1日 61(1) 
  • 東日本大震災後の運動会ー学校の統廃合をめぐる教師、生徒、地域住民の「意志」の諸相ー 宮城教育大学 宮城教育大学紀要 神谷拓・伊藤嘉人・玉腰和典 2013年1月 47 163-185 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第21回 中学生の国民体育大会への参加 大修館書店 体育科教育 2012年12月1日 60〔12〕 60-63. 
  • 運動会を「ドル平」のように指導するには 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ(別冊) 2012年12月1日 号外 44-53 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第20回 「進学のための運動部活動」の浸透 大修館書店 体育科教育 2012年11月1日 60〔11〕 52-55. 
  • 体育を学ぶならこの一冊 第7回 『体育科教育の本質』 大修館書店 体育科教育 2012年11月1日 57 図書紹介 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第19回 「進学のための運動部活動」の背景 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年10月1日 60(10) 68-71. 
  • 東日本大震災後に中学校総合体育大会が開かれた経緯と込められた想い 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 神谷 拓 2012年10月1日 31(8) 14-17. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第18回 学校内・外の対外試合体制の崩壊 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年9月1日 60(9) 40-43. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第17回 必修クラブの関連領域としての部活動 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年8月1日 60(8) 59-63. 
  • 鳴瀬第二中学校における運動会と制野俊弘の「地力」の関係 学校体育研究同志会 運動文化研究  神谷拓・伊藤嘉人 2012年7月10日 (29) 67-71. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第16回 必修クラブと評価の問題 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年7月1日 60(7) 52-55. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第15回 教員特殊業務手当と対外試合をめぐる混乱 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年6月1日 60(6) 58-61. 
  • 『民間教育研究運動』としての体育同志会 その13 浦和の体育研究と同志会 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 神谷拓 2012年6月1日 31(5) 36-37. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第14回 給特法の成立と部活動の雑務化 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年5月1日 60(5) 74-77. 
  • 『民間教育研究運動』としての体育同志会 その12 下請けからの脱却 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 神谷 拓 2012年5月1日 31(4) 36-37. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第13回 日教組と文部省の奇妙な一致 大修館書店 体育科教育 神谷拓 2012年4月1日 60(4) 60-63. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第12回 必修クラブの制度化後に生じた混乱 大修館書店 体育科教育 神谷拓 2012年3月1日 60(3) 68-71. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第11回 必修クラブの制度化と2つの対外試合基準 大修館書店 体育科教育 神谷拓 2012年2月1日 60(2) 62-65. 
  • 子どもの生きる見通しと体育・スポーツ 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 神谷 拓 2012年1月1日 (258) 53-59 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第10回 運動部活動の地域移行の背景 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2012年1月1日 60(1) 68-71. 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第9回 東京オリンピックと運動部活動 大修館書店 体育科教育  神谷拓 2011年12月1日 59(12) 68-71  
  • 坂井実践の特徴と課題  大修館書店 体育科教育 神谷 拓・玉腰和典  2011年11月1日 59(12)  28-31 
  • 運動部活動の指導と体育教師の専門性ー中村敏雄の運動部活動論から学ぶー 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 神谷 拓  2011年11月1日 30(10)  24-25  
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第8回 学習指導要領の告示とクラブ・部活動の義務化 大修館書店 体育科教育  神谷拓  2011年11月1日 59(11) 52-55  
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第7回 対外試合基準をめぐる迷走 大修館書店 体育科教育 神谷 拓  2011年10月1日 59(10)  68-71 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第6回 民主的な運動部活動の綻び 大修館書店 体育科教育   神谷 拓  2011年9月1日 59(9)  74-77 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第5回 クラブ・部活動の教育課程化 大修館書店 体育科教育   神谷 拓  2011年8月1日 59(8)  62-65  
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第4回 教育の軍国主義化と運動部活動 大修館書店 体育科教育 神谷 拓  2011年7月1日 59(7)  74-77 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第3回 「対外試合の隆盛」と「運動部活動の過熱化」 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2011年6月1日 59(6)  66-69 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第2回 運動部活動の「始まり」と「役割」 大修館書店 体育科教育 神谷 拓 2011年5月1日 59(5)  52-55 
  • 連載「運動部活動の教育学」入門 これからの運動部活動の見方、考え方 第1回 「運動部活動の教育学」の開拓に向けて 大修館書店 体育科教育 神谷 拓  2011年4月1日 59(4)  50-53 
  • 体育の「人格形成プログラム」批判 学校体育研究同志会 運動文化研究 単著 2010年9月30日 27号・36−49 
  • 体育授業と体育行事をつなぐことで陶冶と訓育の統一を図る 大修館書店 体育科教育 単著 2010年9月 第58巻10号・42- 45頁  
  • コミュニティー・サービス・ラーニングを取り入れた体験学習の方法 岐阜経済大学地域経済研究所 地域経済 樋下田邦子・神谷拓 2010年3月31日 第29集・75-91頁(82-85頁を執筆) 
  • 全国高等学校漫画選手権大会(まんが甲子園)の実態について  日本マンガ学会 マンガ研究  単著 2010年 第16号・78-86頁 
  • 「部活動を理由とする公立中学校の選択」をめぐる論議過程と現状の問題点 筑波大学人間総合科学研究科学校教育学専攻 学校教育学研究紀要 単著 2010年 第3号・19-36頁 
  • スポーツ大会の組織運営について教える体育 岐阜経済大学学会 岐阜経済大学論集 単著 2009年9月24日  第43巻1号・121-132頁 
  • 部活動の教育課程化に関わる論議過程の分析−2001年から2008年までの中央教育審議会の議論に注目して− 筑波大学人間総合科学研究科学校教育学専攻 学校教育学研究紀要 単著 2009年 第2号・21-39頁 
  • 必修クラブ実践の検討-特に運動クラブに注目して- 岐阜経済大学学会 岐阜経済大学論集 単著 2008年3月25日 第41巻3号・57-79頁 
  • 城丸章夫の運動部活動論 日本生活指導学会 生活指導研究 単著 2008年 第25号・72-95頁 
  • 学校は特待生の何を評価すべきなのか 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 単著 2007年12月 第26巻12号・8-11頁 
  • 情勢報告 学習指導要領(教育課程)から外された運動部活動の現状 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 単著 2007年6月 第26巻6号・20-23頁 
  • 「誰もが楽しめる運動文化の創造」を目的とした看護専門学校の体育 現代スポーツ研究会 現代スポーツ研究 単著 2007年5月31日 第8号・47-53頁 
  • 運動部活動の教育課程化をめぐって-「国民運動文化創造の体制」と運動部活動指導の関係に注目して- 学校体育研究同志会 運動文化研究 単著 2007年4月20日 第24号・21- 32頁  
  • 「誰もが楽しめる運動文化の創造」と運動部活動の関係 学校体育研究同志会 たのしい体育・スポーツ 単著 2007年1月 第26巻1号・42-45頁 
  • 必修クラブの制度化と変質過程の分析ークラブ,部活動に関する「判例」を中心にー 日本スポーツ教育学会 スポーツ教育学研究 単著 2007年 26(2) 75-88 
  • 中村敏雄の運動部活動論の検討 日本体育科教育学会 体育科教育学研究 神谷拓・高橋健夫 2006年 22巻1号・1-14頁 
  • 運動部活動の現状と研究課題  学校体育研究同志会 運動文化研究  神谷 拓 2004年  (21)  31-37 

9:その他(辞書・辞典の編纂・編集等)

  • 21世紀スポーツ大事典 大修館 2015年1月20日 

10:代表作品、講演会、展覧会等

  • 運動部活動の教育学と子どもの健康・安全(教員養成系大学保健協議会・講演) 宮城教育大学 2017年11月3日 
  • 文化の学びを生きる力に見据えた 教科と教科外活動をつなぐ体育実践(学校体育研究同志会・愛知支部・講演) 愛知青年会館 2017年9月2日 
  • 運動部活動で体罰がおこる理由と実践上の課題 平成28年度 運動部活動スキルアップ事業 第2回運動部活動指導者体罰防止研修会(滋賀県教育委員会) 2017年1月19日 
  • 学校体育で主体的な活動を導く視点ー体育授業、体育行事、運動部活動で生じる課題と子どもによる解決ー 埼玉県草加市中央公民館ホール(草加市教育研究会 教育講演会) 2016年12月26日 
  • 生徒が自分たちで強くなる部活動指導ー教師の専門性と部活動の関係ー 高松市立玉藻中学校(第10回 香川県中学校体育連盟研究大会/特別講演) 2016年12月4日 

13:外部資金獲得状況

  • 科学研究費補助金 代表者 基盤研究(C) 地域スポーツクラブの教材化ー体罰の克服に向けたスポーツ教育学的アプローチー 2015年4月1日 - 2020年3月31日 独立行政法人日本学術振興会 
  • 科学研究費補助金 代表者 (若手研究B) 運動部活動のOB・OG組織を活用して地域スポーツクラブを発足させる事例研究 2011年4月 - 2015年3月 独立行政法人日本学術振興会 

14:その他

  • 学会・団体等委員の就任 日本体育科教育学会理事 2017年4月1日 - 2019年3月31日 
  • 研究会発表 第151回 学校体育研究同志会全国研究(冬)大会 みんなでグループ学習を議論する意義と課題 2015年12月26日 - 2015年12月28日 
  • インタビュー コーチングクリニック2015年2月号 突撃!研究室訪問 学校体育の意義を探る 神谷拓 2014年12月27日 - 2014年12月27日 
  • 研究会発表 第149回 学校体育研究同志会全国研究(冬)大会 今、なぜグループ学習を対象化するのか 2014年12月26日 - 2014年12月28日 
  • 学会発表・講演 運動部活動の支援と指導者養成に関する公開研究会 教師の専門性と運動部活動の位置づけ 2014年11月3日 - 2014年11月3日 
  • 研究会発表 学校体育研究同志会 みやぎ大会 特別講座 どうする 部活動問題 2014年8月2日 - 2014年8月2日 
  • 学会・団体等委員の就任 日本体育学会 「体罰・暴力根絶特別委員会」体育科教育学専門領域選出協力委員 2014年1月11日 - 2015年3月31日 
  • 学会発表・講演 第64回日本体育学会・体育経営管理専門領域シンポジウム(立命館大学) 学校教育としての運動部活動 2013年8月29日 - 2013年8月29日 
  • 研究会発表 学校体育研究同志会全国研究大会発表 運動部活動を学校教育に位置づける原理 2013年8月5日 - 2013年8月5日 
  • 研究会発表 学校体育研究同志会・あわじ大会 地域スポーツクラブの設立につながる部活動の指導(『たのしい体育・スポーツ』2013年号外、249-151頁)。 2013年8月5日 -  
  • 研究会発表 学校体育研究同志会・あわじ大会 民主的な部活動実践における「クラブ通信」の働き(『たのしい体育・スポーツ』2013年号外、253-256頁)。 2013年8月5日 -  
  • 学会発表・講演 宮城教育文化研究センター主催 『部活』を語ろう、考えよう! 2013年7月13日 -  
  • 学会発表・講演 日本体育科教育学会第18回大会シンポジウム 運動部活動の制度史と今後の展望 2013年6月22日 - 2013年6月22日 
  • 研究会発表 第145回 学校体育研究同志会全国研究(冬)大会 運動会を「ドル平」のように指導するには 2012年12月28日 -  
  • 研究会発表 学校体育研究同志会全国研究大会 グループ学習実践の到達点と課題―「合意形成」の窓から見えるものは何か- 2012年8月4日 - 2012年8月6日 
  • 学会発表・講演 第5回ながくて大会推進講座 学校体育でつけたい学力と自治力ー教科と教科外を通した「合意形成」の質的な発展ー(2012ながくて大会実行委員会編『OUR STRATEGY Ⅳ 文化の学びを生きる力につなげる体育実践の創造』95-112頁)。 2012年4月21日 - 2012年4月21日 
  • 研究会発表 学校体育研究同志会全国研究大会 グループ学習で集団の「何」が「どのように」高まるのか? 2011年8月6日 - 2011年8月8日 
  • 研究会発表 学校体育研究同志会全国研究大会発表 体育授業における「組織・集団領域」の指導試案 2010年7月7日 - 2010年7月10日 
  • 研究会発表 学校体育研究同志会全国研究大会 フラッグフットボールの「技術」と「大会の企画・運営」を指導するうえでの系統性 2009年8月7日 - 2009年8月9日 
  • 学会発表・講演 日本スポーツ教育学会 第26回大会  必修クラブの制度化と変質過程の分析ークラブ,部活動に関する「判例」を中心にー 2006年11月 -  
  • 所属学会 日本教育学会、日本体育学会、日本スポーツ教育学会、日本体育科教育学会  -  

諸活動

15:社会貢献

  • 地域連携中学校運動部活動運営研修会(塩竈市 教育委員会) 学校と地域で連携して運動部活動を実施するうえでの課題 2015年3月17日 - 2015年3月17日 
  • スポーツ指導で体罰が発生する理由と今後の対策ー運動部活動の教育論の観点からー 秋田県体育協会 スポーツ指導者研修会 2015年5月17日 - 2015年5月17日 
  • スポーツ指導で体罰が発生する理由と今後の対策ー運動部活動の教育論の観点からー 宮城県体育協会講演 スポーツ指導者研修会 2015年6月21日 - 2015年6月21日 
  • 生徒が自分たちで強くなる部活動指導(鹿児島大学教育学部地域社会教育専修主催) 2016年10月29日 - 2016年10月29日 
  • 仙台市スポーツ推進審議会委員 2016年11月18日 -  
  • スポーツ指導で体罰が発生する理由と今後の対策ー運動部活動の教育論の観点からー 宮城県スポーツ指導者研修会(宮城県高等学校学校運動部活動指導者研修協議会兼研究大会) 2016年11月25日 - 2016年11月25日 
  • 地域と連携した中学校運動部活動連携事業について(宮城県教育委員会・運動部活動等推進委員会・助言者) 宮城県本町分庁舎(漁信基ビル・603号室) 2017年2月8日 - 2017年2月8日 
  • 部活動が学習指導要領に位置づけられるまでの経緯と課題 新日本スポーツ連盟附属 スポーツ科学研究所 第5回研究会(シンポジウム)  2017年3月22日 - 2017年3月22日 
  • 部活動等推進会議(塩竈市学校現場における業務改善加速事業)助言者 2017年7月19日 - 2017年3月31日 

16:メディア発表

  • 新聞 あいまい定義に一石 杉並・和田中で部活動有料化 東京新聞 2012年10月12日 コメント掲載 
  • 新聞 部活動有料化 是か非か 中日新聞 2012年10月12日 コメント掲載 
  • 雑誌 教科外体育を考える(インタビュー) ままぱれ宮城版(2013年1月号) 2013年1月1日 
  • 新聞 戦前からの教育、負の連鎖生む構造  朝日新聞朝刊 2013年1月22日 
  • 新聞 10回たたかれ、時には蹴られた 朝日新聞夕刊・愛知 2013年1月22日 コメント掲載 
  • 新聞 体罰とは、悩む現場 部活「厳しい指導」と一線どこに 愛のムチ、根強く  朝日新聞朝刊 2013年2月4日 コメント掲載 
  • 新聞 体罰か指導か、悩む現場 国は線引き基準作るけど… 「愛のムチ信仰」強く【大阪】  朝日新聞朝刊 2013年2月4日 コメント掲載 
  • ラジオ 私も一言! 夕方ニュース(「柔道女子日本代表で暴力行為 スポーツ指導のあり方は?」) NHKラジオ第1(2013年2月4日) 2013年2月4日 電話出演 
  • TV ちちんぷいぷい 大阪毎日放送(MBS) 2013年2月14日 運動部活動の実態に関するコメント紹介 
  • 新聞 大阪・高2自殺:元顧問書類送検 桜宮高再生、道半ば 新入生「体育科復活期待」 毎日新聞朝刊[大阪] 2013年3月23日 コメントと教員免許更新講習における取り組みの紹介 
  • 雑誌 今も残る戦前教育の悪しき理論 その考え方からの早急な脱却を望む(インタビュー) 日本体育協会 Sports Japan(2013.03-04特別号) 2013年4月1日 20頁 
  • みやぎ教育文化研究センター「センターつうしん」NO70 なぜ運動部活動で「体罰」が起こるのか-これまでの歴史と、これからの展望- みやぎ教育文化研究センター 2013年4月1日 
  • 雑誌 学校部活動の歴史背景を知り、その役割を考える(インタビュー) コーチングクリニック(2013年5月号) 2013年5月1日 
  • 雑誌 今こそ「体罰」を考える(インタビュー) ままぱれ宮城版(2013年6月号) 2013年6月1日 
  • 新聞 運動部活動特化の講習開講 中高の教員免許更新時 宮城教育大で来月7日 朝日新聞朝刊 2013年6月2日 
  • TV ニュースの深層-スポーツの体罰暴力を考える(4)学校体育”と体罰の源流- テレビ朝日(CS) 2013年6月28日 
  • 雑誌 AERA(2013年9月30日号) 確信の平手打ち 体罰教師は生き残る 朝日新聞出版 2013年9月30日 コメント掲載 
  • 新聞 (私の視点)東京五輪:中 「復興」の名の下に 被災地の運動会から学ぼう  朝日新聞朝刊(2013年10月11日) 2013年10月11日 
  • 新聞 相模原・相原中柔道部:学外で委嘱館長暴力 神谷・宮城教育大准教授の話 毎日新聞・神奈川版 2013年10月27日 コメント掲載 
  • 新聞 東日本大震災3年 被災地とスポーツ 朝日新聞朝刊 2014年3月9日 コメント掲載 
  • 雑誌 スポーツ庁設置で日本は変わる? 一元化論だけでない 新日本スポーツ連盟『スポーツのひろば』481号、15頁 2015年10月1日 
  • 新聞 コラム 発信箱 歴史に学ぶ 毎日新聞朝刊 2015年12月17日 コメント掲載 
  • みやぎ教育文化研究センター「センターつうしん」NO.81 学校・教師による「組体操」問題の語り方 みやぎ教育文化研究センター(2015.12) 2015年12月28日 
  • 新聞 暴力とスポーツ 学生間 簡単になくならぬ 朝日新聞朝刊 2016年1月22日 コメント掲載 
  • 新聞 「自治」盛り込み人格形成へ(運動部活動の教育学入門 神谷拓著) 日本教育新聞 2016年2月15日 書評に掲載 
  • 雑誌 AERA(2016年2月29日号) 78日連続勤務で授業準備後回し 部活動は教師にとってもブラックだ 朝日新聞出版 2016年2月22日 コメント掲載 
  • 新聞 顧問慕い 集団転校 北國新聞 2016年4月2日 コメント掲載 
  • 新聞 困ったら周囲を頼って 読売中高生新聞 2016年4月8日 コメント掲載 
  • 新聞 生徒が自分たちで強くなる部活動指導 北國新聞 2016年4月16日 読書欄で紹介 
  • 新聞 コラム 発信箱 言葉は過激でも 毎日新聞朝刊 2016年5月5日 コメント掲載 
  • 新聞 運動部活動の教育学入門 歴史ふり返り問題や疑問に答え しんぶん赤旗 2016年5月22日 書評で紹介(中村哲也) 
  • 新聞 土日どちらか休養日に しんぶん赤旗 2016年6月9日 コメント掲載 
  • 新聞 部活動に休養日 集団的な自治活動 学ぶ場に しんぶん赤旗 2016年7月12日 コメント掲載 
  • 新聞 中学校の部活動指導 産経新聞(WEB) 2016年9月10日 コメント掲載(http://www.sankei.com/west/news/160910/wst1609100051-n3.html)(http://www.sankei.com/region/news/160918/rgn1609180015-n1.html) 
  • 新聞 教育ルネサンス 部活動を考える10 読売新聞 2016年9月16日 コメント掲載 
  • 新聞 教員負担軽減へ 外部委託スタート 部活 求む支援員 中国新聞 2016年9月18日 コメント掲載 
  • 新聞 部活動を定義することから始めよう しんぶん赤旗 2016年10月16日 
  • 新聞 運動部、休みはありますか? 中学2割、休養日決めず スポ庁、全国体力調査 朝日新聞 2016年12月16日 コメント掲載 
  • 新聞 子どもに自治の力を しんぶん赤旗 2017年6月17日 インタビュー掲載 
  • 新聞 部活動 私たちの手で 山梨日日新聞 2017年6月26日 コメント掲載 
  • 新聞 本と話題 しんぶん赤旗 2017年7月9日 拙著『生徒が自分たちで強くなる部活動指導』(明治図書)の紹介 
  • 新聞 ニッポンの議論 中学高校の部活動 教員に「指導」の教育を 産経新聞  2017年9月22日 
  • 新聞 部活動のあるべき姿とは 岩手日報 2017年9月24日 (コメント掲載) 
  • 新聞 脱『ブラック」試行錯誤 北日本新聞 2017年9月24日 (コメント掲載) 
  • 新聞 学校のリスク 若手が斬る 日本経済新聞夕刊 2017年10月11日 
  • 新聞 本と話題 しんぶん赤旗 2017年11月5日 拙著『対話でつくる教科外の体育』(学事出版)の紹介 
  • 新聞 高校 ハンドボール部監督 2位の賞状破る 産経新聞  2017年11月12日 コメント掲載 
  • 新聞 外部人材活用より教員増で 毎日新聞朝刊 2017年11月17日 オピニオン・論点 

学内管理運営

18:学内管理運営

  • 教育実習委員会 2017年4月1日 - 2019年3月31日 
  • 学部入学試験実施部会 2015年4月1日 - 2017年3月31日 
  • 学務委員会 2013年4月1日 - 2015年3月31日 
  • 教育実習委員会 介護等体験部会 2011年4月1日 - 2013年3月31日 

その他

連絡先等

e-Mail tkamiya(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL
TEL 022-214-3460
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149番地