教員紹介

棟方 有宗(ムナカタ アリムネ)

職名
准教授
所属
理科教育講座
学位
博士(農学)
専門領域
生物学
研究テーマのキーワード
魚類、サクラマス、ホルモン、行動学

教育研究内容

サケ科魚類を対象とした行動生理・生態学的研究

サクラマス等のサケ科魚類の川から海への回遊が行われる際、どのようなホルモンが調節の役割を果たすかについて、調べている。

広瀬川に生息するサクラマスとの関係からの街づくり

東北地方の希少サケ類であるサクラマスをシンボルとし、都市河川である広瀬川の保全や利活用のあり方を検討する。

震災復興研究

先の東日本大震災で影響を受けた河川生態系の調査ならびに、学校機関と連携した震災復興活動に取り組んでいる。

教育活動

1:担当授業

  • 学部 平成23年 理科教材実践研究A 
  • 学部 平成22年 生物学実験2 
  • 学部 平成22年 理科教育実践研究A 
  • 学部 平成22年 理科教育実践研究B 
  • 学部 平成22年 理科基礎講義Ab 
  • 学部 平成22年 生物学実験1b 
  • 学部 平成22年 生命環境演習 
  • 学部 平成22年 理科講義C 
  • 学部 平成22年 生物学講義2B 
  • 学部 平成22年 生物学演習 
  • 学部 平成22年 生命環境演習 
  • 学部 平成22年 生物学講義1B 
  • 学部 平成22年 生物学実験1a 
  • 学部 平成22年 理科基礎実験 
  • 大学院 平成22年 生物学特別実験 
  • 学部 平成21年  自然科学基礎D 
  • 学部 平成21年 生命環境実習 
  • 学部 平成21年 生物学講義2B 
  • 学部 平成21年 生命地球科学A 
  • 学部 平成21年 遺伝生理学 
  • 大学院 平成21年 学校実践研究 
  • 大学院 平成21年 生物学特別実習 
  • 学部 平成20年 生物学実験I 
  • 学部 平成20年 生命環境実習 
  • 大学院 平成20年 生物学特別実験 
  • 大学院 平成19年 生物学特別実習 
  • 大学院 平成19年 生物学特論B 
  • 学部 平成18年 自然環境実験C 
  • 学部 平成18年 総合演習6 
  • 学部 平成18年 情報機器の操作d 
  • 学部 平成18年 理科c 

2:学位指導実績

  • タイヘイヨウサケ属の降河および遡上行動の調節機構に関する行動生理学的研究 博士論文 横浜国立大学大学院環境情報学府 
  • Physiological and behavioral studies on functional evaluation of fish passage during upstream migration of Pacific salmon 博士論文 北海道大学大学院環境科学院 
  • 河川水中の生物由来サイロキシンによる水生昆虫の成長並びにヤマメの回遊行動への影響 宮城教育大学教育学部 
  • アブラハヤの河川内移動の機構と役割 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • ネマトステラの生殖と教材化に向けての基礎研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • エダアシクラゲにおける光環境変化への応答に関する研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • シミコクラゲのライフサイクルに関する基礎研究及び教材化に向けての検討 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • アミラーゼの発現調節を活用した遺伝子リテラシー教育 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 生態系サービスの持続的な利活用を目標に据えた地域の保全・教育活動の提案と実践 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • タイヘイヨウサケ属の降河回遊行動発現機構の解明に向けた行動生理学的研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • ヤナギによる木質バイオマス生産の試み 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 扁形動物カイヤドリヒラムシのライフサイクル制御と発生開始機構の研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 魚類の保全に向けた総合学習プログラムの開発ならびに教育的効果の検討 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • イソギンチャクの受精に関する基礎研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • エダアシクラゲの配偶子放出に関する研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • 重金属類汚染が魚類個体群に及ぼす影響を解明するための評価手法の開発 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • エダアシクラゲの放卵と放精の開始機構に関する研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • ゾウリムシの加齢を支配する大核の細胞遺伝学的研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • サクラマス並びにアカヒレタビラの保護・増殖を目的とした環境教育実践プログラムの開発 宮城教育大学大学院教育学研究科 
  • Stylactaria misakiensis における群体形成に関する研究 宮城教育大学大学院教育学研究科 

3:学生による研究発表

  • Effect of short-term decrease in water temperature on body temperature and involvement of testosterone in steelhead and rainbow trout, Oncorhynchus mykiss. 2013年 
  • サクラマスの発眼卵を材料とした飼育観察プログラム開発の試み 2004年1月 
  • ヤマメの体色変化とその調節機構の観察法 2004年1月 

5:その他教育に関する活動

  • 平成21年 宮城県淡水魚類研究会  
  • 平成20年 宮城県淡水魚類研究会  
  • 平成20年 サケ科魚類の降河回遊行動における内分泌因子の役割 
  • 平成20年 サケ科魚類の降河回遊行動における内分泌因子の役割 
  • 平成19年 宮城県淡水魚類研究会  
  • 平成19年 生命地球科学A(2007年4月-7月) 
  • 平成19年 生物学講義IB(2007年4月-7月) 
  • 平成19年 遺伝生理学(2007年4月-7月) 
  • 平成19年 理科講義C(2007年10月-2月) 
  • 平成19年 生物実験II(2010年4月-7月) 
  • 平成19年 Rolls of cortisol in the downstream migratory behavior in masu salmon, Oncorhynchus masou.(2007年6月) 
  • 平成18年 宮城県淡水魚類研究会  

学校支援

6:学校支援

  • 気仙沼唐桑小学校(宮城県) 2015年11月25日 
  • 八木山動物公園(宮城県) 2015年11月7日 
  • 2015年10月30日 
  • 2015年10月28日 
  • ろりぽっぷ幼稚園(宮城県) 2015年10月24日 
  • 六郷市民センター(宮城県) 2015年8月1日 
  • 東北電力グリーンプラザ(宮城県) 2015年7月11日 
  • 登米小学校(宮城県) 2015年7月2日 
  • 登米小学校(宮城県) 2015年6月30日 
  • 地底の森ミュージアム(宮城県) 2015年6月21日 
  • 八木山動物公園(宮城県) 2015年6月21日 
  • 登米小学校(宮城県) 2015年6月16日 
  • 片平丁小学校(宮城県) 2015年3月5日 
  • ララガーデン長町(宮城県) 2015年1月24日 
  • 片平丁小学校(宮城県) 2014年12月18日 
  • 東北高校インターナショナルスクール(宮城県) 2014年12月10日 
  • 北中山小学校(宮城県) 2014年12月10日 
  • 生出小学校赤石分校(宮城県) 2014年12月9日 
  • 面瀬小学校(宮城県) 2014年11月26日 
  • 唐桑小学校(宮城県) 2014年11月25日 
  • 広瀬川(宮城県) 2014年11月1日 
  • 作並渓流釣り場 2014年10月25日 
  • 作並渓流釣り場 2014年10月18日 
  • 2014年9月30日 
  • 2014年9月6日 
  • 2014年8月30日 
  • 宮城教育大学 2014年8月2日 
  • 志津川公民館 2014年8月1日 
  • 2014年7月19日 
  • 2014年7月3日 
  • 2014年7月3日 
  • 2014年7月1日 
  • 2014年6月25日 
  • 2014年6月24日 
  • 2014年6月21日 
  • 2014年6月17日 
  • 2014年6月6日 
  • 2014年5月31日 
  • 2014年3月17日 
  • 2014年3月8日 
  • 鮭川村 2014年2月25日 
  • 2014年1月22日 
  • 2013年12月18日 
  • 2013年12月18日 
  • 2013年12月9日 
  • 秋保FA 2013年12月8日 
  • 2013年12月2日 
  • 作並渓流釣り場 2013年11月30日 
  • 2013年11月28日 
  • 2013年11月3日 
  • 作並渓流釣り場 2013年10月26日 
  • 2013年10月22日 
  • 奥新川駅 2013年10月19日 
  • 2013年9月28日 
  • 2013年9月20日 
  • 2013年9月19日 
  • 2013年8月31日 
  • 2013年8月3日 
  • 志津川公民館 2013年8月2日 
  • 2013年7月4日 
  • 2013年6月29日 
  • 2013年6月28日 
  • 2013年6月22日 
  • 2013年5月3日 
  • 2013年4月18日 
  • 2013年3月15日 
  • 2013年3月9日 
  • 2013年2月27日 
  • 2013年2月9日 
  • 2013年1月21日 
  • 2012年12月22日 
  • 2012年12月17日 
  • 2012年12月11日 
  • 2012年12月10日 
  • 2012年11月10日 
  • 作並渓流釣り場 2012年9月13日 
  • 2012年8月14日 
  • 2012年8月10日 
  • 志津川中学校 2012年8月5日 
  • 志津川中学校 2012年8月2日 
  • 5年生2クラス63名 2012年7月17日 
  • 2012年7月2日 
  • 2012年6月29日 
  • 八木山動物公園 2012年6月23日 
  • 七北田川 2012年6月5日 
  • 2012年3月12日 
  • 2012年3月2日 
  • 2012年2月29日 
  • 2012年2月27日 
  • 2012年1月31日 
  • 2012年1月20日 
  • 八本松小学校 2011年12月9日 
  • 北中山小学校 2011年12月7日 
  • 長命ヶ丘小学校 2011年12月7日 
  • 七北田中学校 2011年12月7日 
  • 八木山動物公園 2011年11月26日 
  • 2011年11月24日 
  • 宮城教育大学 2011年11月19日 
  • 荒町市民センター+広瀬川広瀬橋 2011年11月12日 
  • 広瀬川広瀬橋 2011年11月5日 
  • 2011年10月25日 
  • 2011年10月25日 
  • 2011年10月24日 
  • 石越中学校 登米市 2011年9月22日 
  • 宮城教育大学 2011年8月6日 
  • 宮城県水産試験場 2011年7月30日 
  • 秋保キャンプ場 仙台市 2011年7月9日 
  • 経団連ビル 東京都 2011年6月20日 
  • 日本水産ビル 東京都 2011年5月30日 
  • 広瀬川霊屋橋 2011年3月3日 
  • 花山青少年自然の家 2011年1月29日 
  • 荒町市民センター 2011年1月29日 
  • 郡山小学校 2011年1月27日 
  • 八木山動物公園 2011年1月22日 
  • 気仙沼総合市民福祉センター 2011年1月21日 
  • 東京農業大学オホーツクキャンパス 2011年1月18日 
  • 東京都 2010年12月13日 
  • 2010年10月17日 
  • 2010年10月17日 
  • 2010年10月16日 
  • 2010年10月 
  • 2010年9月30日 
  • 2010年9月3日 
  • 2010年8月 
  • 2010年7月17日 
  • 2010年7月8日 
  • 気仙沼面瀬小学校 2010年6月30日 
  • 新月中学校 4時間 2010年6月18日 
  • 2010年5月14日 
  • 2010年3月26日 
  • 2009年11月21日 
  • 宮城県中新田高等学校  2009年11月11日 
  • 24 約16 2009年11月7日 
  • 2009年11月 
  • 2009年11月 
  • 仙台市立仙台高等学校 2009年10月27日 
  • 3時間 14名 2009年8月23日 
  •  2009年8月1日 
  • 宮城県大崎市立田尻小学校 2009年7月15日 
  • 2009年7月8日 
  • 2009年7月7日 
  • 気仙沼中学校 4時間 2009年6月16日 
  • 2009年2月26日 
  • 福島県相馬高校 2009年1月28日 
  • 2008年11月9日 
  •  2008年10月29日 
  •    2008年10月22日 
  • 2008年10月19日 
  • 2008年10月18日 
  • 宮城県大崎市立田尻小学校  2008年9月10日 
  • 現職教員  2008年8月11日 
  • 18 約20名 2008年8月11日 
  • 2008年7月31日 
  • (於:宮城教育大学・テレビ中継授業  2008年1月28日 
  • (於:気仙沼面瀬小学校)   2007年5月29日 
  • 宮城教育大学附属小学校  2006年10月28日 
  • 仙台市立西中田小学校  2006年10月3日 
  •  2006年10月3日 
  • 地域 2006年9月16日 
  •  2006年7月22日 
  • 於:気仙沼面瀬小学校  2006年6月18日 
  • 2005年11月19日 
  • 2005年6月18日 
  • 2005年6月 
  • 宮城教育大学付属校園公開授業助言者   2005年 
  • 宮城野高等学校 2004年12月9日 
  • 2004年11月13日 
  • 2004年7月 
  • 宮城県仙台向山高等学校 2004年 
  • 2003年11月8日 
  • 2003年11月 
  • 宮城県仙台向山高等学校 2003年7月 
  • 分科会助言者   

研究業績

7:著書

  • 農林水産省美しい農村再生支援事業フォトブック「疎水と共に描く未来 東日本大震災で被災した仙台のメダカのはなし」 2015年 
  • Sexual Plasticity of Behavior in Goldfish. in: Balasubramanian Senthilkumaran (Eds). Sexual plasticity and gametogenesis in fishes. 2013年 
  • サケ科魚類の回遊・産卵行動におけるホルモンの役割「魚類の行動研究と水産資源管理」 2013年 
  • Migratory behaviors in masu salmons (Oncorhynchus masou) and the influence of endocrinological factor. 2012年 
  • Sex steroids control migration of masu salmon(review) 2012年 
  • Endocrine Control of Sexual Behavior in teleost Fish (Review) 2010年 
  • 魚類の産卵・回遊行動に及ぼす影響と作用機構「環境ホルモンー水産生物に対する影響実態と作業機構」 2006年 
  • ヤマメの体色変化を観察する 2004年 
  • サケ科魚類の回遊行動における性ホルモンの役割 2002年 
  • 性ホルモンがサクラマスの回遊行動を制御する 2002年 
  • 魚類のなわばりと防御行動「生態防御・社会性ー守ー(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ第7巻)」  
  • 魚類の求愛・性行動とホルモン「求愛・性行動と脳の性分化ー愛ー(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズ第4巻)」  

8:論文

  • サケ科魚類の降河回遊行動とホルモン 2015年 
  • 魚類行動生理学の基礎と水産研究への応用 2015年 
  • 東日本大震災の津波で被災した名取川河口域のメダカの野生個体群復元に向けた取り組み(第三報) 2015年 
  • 東日本大震災の津波で被災した名取川河口域のメダカの野生個体群復元に向けた資源増殖の取り組み 2014年 
  • Evaluation of seasonal and daily changes of plasma thyroxine and cortisol levels in wild masu salmon Oncorhynchus masou, sampled by a Japanese fishing method. 2014年 
  • 東日本大震災の津波で被災した名取川河口域のメダカの保全 2013年 
  • Involvement of sex steroids and thyroid hormones in upstream and downstream behaviors in masu salmon, 2012年 
  • Involvement of sex steroids, luteinizing hormone and thyroid hormones in upstream and downstream swimming behaviors in land-locked sockeye salmon 2012年 
  • 水産資源管理に向けた魚類の行動研究 2012年 
  • サケ科魚類の回遊行動とホルモン 2012年 
  • サケの川から海への回遊を誘起する生理的メカニズム 2011年7月 
  • 学校のESDは地域の自然環境の保全にどのような役割を果たすか 2011年 
  • サクラマスの通し回遊行動におけるホルモンの役割.  2010年 
  • Involvement of sex steroids and thyroid hormones in upstream and downstream behaviors in masu salmon, Oncorhynchus masou 2010年 
  • Involvement of sex steroids, luteinizing hormone, and thyroid hormones in upstream and downstream migratory behaviors of land-locked sockeye salmon Oncorhynchus nerka. 2010年 
  • 広瀬川の自然資源、特に河川や魚類の観光への利用を目標に据えた 保全活動の一試案. 2010年 
  • Endocrine Control of Sexual Behavior in teleost Fish (Review). 2009年 
  • 都市における新しい自然環境の保全・活用モデルの提案 ~保全の担い手の育成を目指したESD活動の実践~.  2009年 
  • サクラマスのライフサイクルの調節機構の解明とその教材化 2008年 
  • 青葉山と広瀬川の自然環境の利活用方法に関する提案とESDの実践. 2008年 
  • Effects of growth hormone and cortisol on the downstream migratory behavior in masu salmon, Oncorhynchus masou 2007年 
  • 宮城県鉛川における重金属類ならびに魚類・二枚貝類の出現状況 2007年 
  • 仙台産アカヒレタビラの保全に向けた環境教育教材の開発と実践 2007年 
  • 広瀬川中流域における水温の日周・季節変動 水温が魚類の分布・生息に及ぼす影響 2006年 
  • 広瀬川上愛子白沢地内広瀬川砂防堰堤の魚道設置とサクラマスの遡上について 2006年 
  • Foraging and Growth of Hatchery-reared Honmasu Salmon Parr in a Natural River 2005年 
  • 奥日光湯川におけるキャッチアンドリリース(C&R)制の導入効果 2005年 
  • 高校課題別研究支援のための長期連携実験教室とその評価,―平成16年度文部科学省サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業 宮城教育大学―宮城県仙台向山高等学校「教育講座」の特色と成果― 2005年 
  • 奥日光湯川におけるキャッチアンドリリース(C&R)制の導入効果. 水産総合研究センター研究報告. 2005, 2005年 
  • 秋元湖におけるコクチバスの生殖周期 2004年 
  • 平成16年度文部科学省サイエンス・パートナーシップ・プログラム事業 宮城教育大学―宮城県仙台向山高等学校「教育講座」高校課題研究支援のための長期連携実験教室とその評価プログラム概要とその特色. 2004年 
  • Methyltestosterone induces male sensitivity to both primer and releaser effects in the urine of ovulated female masu salmon 2003年 
  • Sex steroids control migration of masu salmon (review) 2002年 
  • Effects of environmental disrupters on reproductive behavior of masu salmon 2002年 
  • The involvement of sex steroid hormones in downstream and upstream migratory behav. of masu salmon 2001年 
  • The effects of testosterone on upstream migratory behavior in masu salmon, Oncorhynchus masou 2001年 
  • Effects of low pH on upstream migratory behavior in land-locked sockeye salmon Oncorhynchus nerka 2001年 
  • Changes in histidine & anserine levels in hatchery-reared honmasu salmon parr after release in a river 2000年 
  • Inhibitory effects of testosterone on downstream migratory behavior in masu salmon, O. masou 2000年 
  • Molecular cloning of the cDNA encoding the b-subunit of thyrotropin and regulation of its gene expression by thyroid hormones in the goldfish, Carassius auratus.  1999年 
  • Growth of wild honmasu salmon parr in a tributary of lake Chuzenji 1999年 
  • Post-release adaptation processes of hatchery-reared honmasu salmon parr 1999年 
  • フェネチルアルコール(PEA)によるヒメマスの人為的記銘 1998年 

10:代表作品、講演会、展覧会等

  • 13th Annual Meeting of the Gilbert Ichthyological Society 2006年9月 

11:受賞

  • 「アブラハヤの季節的移動分散行動と河川内の物質利用均質化機構の検討」  
  • The effects of estrogenic endocrine disruptors on male reproductive behavior in masu salmon, Oncorhynchus masou.   
  • ひらめきときめきサイエンス推進賞  
  • Migration of Pacific salmons and a cyprinid, Phoxinus lagowskii steindachneri, and its implications for material circulation in northern Japanese streams.  

13:外部資金獲得状況

  • ひらめき☆ときめきサイエンス 川に行き、魚をとらえて魚たちの進化を考えよう 下流編/上流編 2014年 - 2015年 
  • 遡河性回遊魚サクラマスの降海期における河口汽水域の重要性の把握に向けた小中高大連携による行動生態学的研究 2014年 - 2015年 
  • ひらめき☆ときめきサイエンス 渓流の水生昆虫/渓流の魚 2013年 - 2014年 
  • タイヘイヨウサケ属サクラマスの降海回遊期の若齢化とその要因の解明 2012年4月 - 2015年3月 
  • ひらめき☆ときめきサイエンス 川の魚の生活をのぞいてみよう 2012年 - 2013年 
  • 太白区川魚探検マップの作成と普及   2010年 -  
  • 魚類の生活を観察して川の環境を考えてみよう   2010年 -  
  • タイヘイヨウサケ属の海洋回遊機構に関する行動生理学的研究   2010年 -  
  • 東北地方の希少サケ類サクラマスの保全を推進する教育的アプローチの検討   2010年 -  
  • シロサケによる海由来栄養物質を河川内に均質化する中・小型魚類物質輸送機構の検証   2010年 -  
  • サケが海へ旅立つまでのお話 ~見て・触って・考えるサケの学習館  2009年11月 -  
  • 大学の研究、教育、キャンパスを活用した持続可能な開発のための教育のデザインと実践  2009年4月1日 - 2011年3月31日 
  • 河川内の物質利用均質化手段としての淡水魚類の移動分散行動の検討  2009年 - 2010年 
  • ストレスホルモンを指標としたサケ科魚類の降海回遊機構解析の試み  2009年 - 2010年 
  • 希少淡水魚類の保全を目的としたビオトープ池の生態機能高度化と教育現場における試験運用  2009年 - 2010年 
  • アブラハヤの季節的移動分散行動と河川内の物質利用均質化機構の検討  2009年 - 2010年 
  • 理数系教員指導力向上研修事業 高校への普及を目標とした微量生理活性物質の定量検出法の習得 2009年 -  
  • サケが川から海に下り、また自分が生まれた川に戻ってくるのはなぜだろう?  2008年10月 -  
  • 自然と都市が共生する学都仙台再編プログラム  2008年 -  
  • 理数系教員指導力向上研修事業 魚類のホルモンと遺伝子 2008年 -  
  • 生態リスク評価のための魚類調査に関する研究  2007年6月 - 2008年3月 
  • サイエンスとレールの整備とその教材化に関する実践的研究 ―屋外での教員養成―  2007年4月 - 2010年3月 
  • 小学校教員養成課程における理科実験の全員必修化―その定着と効果の実践的検証―  2007年4月 - 2010年3月 
  • 仙台産アカヒレタビラ個体群の保護増殖ならびに教育現場との連携による新規生息地の開発  2005年10月 - 2006年 
  • 生態リスク評価のための魚類調査に関する研究  2005年4月 - 2007年3月 
  • オレゴン州における研究渡航費助成  2004年6月 -  
  • サクラマスの降河回遊行動におけるストレスホルモンの役割  2004年4月 - 2005年3月 
  • 北米サケ科魚類の回遊現象の研究と教材化 (於:オレゴン州立大学)  2003年6月 - 2003年12月 
  • サケ科魚類の回遊機構における生殖内分泌系の関与 2000年4月1日 - 2002年3月31日 
  • サケ科魚類の回遊行動における性ホルモンの役割 1999年1月 - 2000年3月 

14:その他

  • アブラハヤの河川内移動とその動機付け要因.  2010年3月29日 -  
  • サクラマスの降河期のコルチゾル、サイロキシン動態.  2010年3月29日 -  
  • 重金属汚染リスクの指標としてのアブラハヤの基礎生態 .  2010年3月16日 -  
  • サクラマスのコルチゾル量に及ぼす水温変動の影響.  2010年3月 -  
  • International Workshop on Smoltification  2009年9月 -  
  • Minute temperature decrease triggers hormone mediated downstream movement in Pacific salmon  2009年9月 -  
  • 北米サケ科魚類の回遊現象の研究と教材化  2009年9月 -  
  • アブラハヤを環境指標とするための耳石解析による年齢査定法の開発.  2009年8月 -  
  • 地域の持続的活用を目指した街の川・森ツーリズム.  2009年8月 -  
  • サクラマスの通し回遊行動におけるホルモンの役割.  2009年7月 -  
  • 生態リスク評価のための河川魚類の調査方法の検討.  2009年4月 -  
  • 「広瀬川からの元気再生」  2009年3月 -  
  • アブラハヤを指標とした重金属類の影響評価  2009年3月 -  
  • アブラハヤの河川内移動と動機付け要因の解析.  2009年3月 -  
  • 「学校ビオトープを利用した青葉山から市街への自然拡大~広瀬川圏の生態機能の向上を目指して~」 2009年2月19日 -  
  • 「新たな仙台まちづくりのための広瀬川活用法のデザイン、ワークショップの主眼と扱う内容について」  2009年2月 -  
  • 希少タナゴ類の効率的な繁殖を目指した学校ビオトープモデルの検討.  2009年 -  
  • キャンパス・ミュージアム構想プロジェクト委員からの発言  2008年10月 -  
  • 「広瀬川と青葉山」  2008年10月 -  
  • Minute temperature decrease triggers hormone mediated downstream movement in Pacific salmon. 2008年7月 -  
  • 北米サケ科魚類の回遊現象の研究と教材化  2008年6月 - 2008年7月 
  • Minute temperature decrease triggers hormone mediated downstream movement in Pacific salmon.  2008年5月 -  
  • ため池におけるアカヒレタビラの好適な生息環境の管理.  2008年2月24日 -  
  • 重金属が魚類の生息分布に影響を及ぼす機構の飼育・行動シミュレーション. 2008年2月24日 -  
  • 北米オレゴン州でみたこと  2008年2月 -  
  • アカヒレタビラの産卵行動と人工増殖方法.  2007年9月23日 -  
  • 北米サケ科魚類の回遊現象の研究と教材化  2007年6月 - 2007年12月 
  • Gilbert Ichthyological Society  2006年9月 - 1925年 
  • Effects of sex steroids and cortisol on the downstream migratory behavior in masu salmon, Oncorhynchus masou  2006年9月 -  
  • 生態リスク評価のための野外魚類調査法. 2006年3月 -  
  • サケ科魚類の回遊行動調節機構に関する研究  2005年6月 -  
  • 宮城教育大学フレンドシップ事業(理科・生物)の取り組み 2005年1月 -  
  • サケ科魚類の回遊行動とホルモン  2005年1月 -  
  • 生態リスク評価のための魚類調査に関する研究  2004年4月 -  
  • サクラマスの降河行動に対する成長ホルモンおよびコルチゾルの作用 2004年4月 -  
  • サクラマスの回遊行動を発現する生理的機構 2004年3月 -  
  • サクラマスの発眼卵を材料とした飼育観察プログラム開発の試み 2004年1月 -  
  • ヤマメの体色変化とその調節機構の観察法 2004年1月 -  
  • Methyltestosterone induces male sensitivity to both primer and releaser pheromone in the urine of ovulated female masu salmon. 2003年5月 -  
  • サクラマス雄の繁殖行動における内分泌かく乱化学物質の影響 2003年4月 -  
  • コクチバスにおける生殖周期と異性認識.  2003年4月 -  
  • バイオテレメトリーによる中禅寺湖レイクトラウトの産卵場調査. 2003年4月 -  
  • 酸性雨がサケ科魚類の繁殖行動に及ぼす影響 2003年3月 -  
  • サクラマス雌雄の性行動における性ホルモン投与の影響 2002年4月 -  
  • 中禅寺湖におけるブラウントラウトの産卵遡上生態.  2002年4月 -  
  • サクラマスの回遊行動における性ホルモンの役割 2002年3月 -  
  • 外来魚コクチバスの生態学的研究及び繁殖抑制技術の開発・誘因物質等による効果的集魚技術の開発 2002年 -  
  • 日本内分泌かく乱化学物質学会 正会員 2001年12月 - 2007年 
  • サクラマスの性行動におよぼす環境ホルモンの影響 2001年12月 -  
  • Sex steroids control migration of masu salmon 酸性雨がサケ科魚類の繁殖行動に及ぼす影響 2001年10月 -  
  • サケ科魚類の回遊行動における性ホルモンの役割 2001年8月 -  
  • ヒメマス銀化魚の降河行動における甲状腺ホルモンと性ホルモンの役割 2001年4月 -  
  • サクラマス雄性行動に及ぼす性ホルモン及び内分泌撹乱化学物質投与の影響. 2001年4月 -  
  • The involvement of sex steroid hormones in downstream and upstream migratory behavior of masu salmon 2000年7月 -  
  • サクラマスの降河行動に対する各種性ホルモンの作用 2000年4月 -  
  • サケ科魚類エストロゲンリセプターアッセイ固相化法の開発と内分泌かく乱物質の影響評価. 2000年4月 -  
  • 中禅寺湖におけるヒメマスの母川回帰行動:標識放流による解析.  2000年4月 -  
  • 中禅寺湖におけるヒメマス母川回帰行動のマイクロデータロガーによる解析.  2000年4月 -  
  • サクラマスの遡上行動に及ぼす性ホルモン投与の影響 1999年4月 -  
  • ヒメマスの産卵遡上行動に及ぼす環境酸性化の影響, 1999年4月 -  
  • 東アジア地域における陸水魚類生態系に与える酸性雨影響評価技術の開発と応用 1999年 - 2002年 
  • 農林水産業における内分泌かく乱物質の動態解明と作用機構に関する総合研究 1999年 - 2002年 
  • フェネチルアルコール (PEA)によるヒメマスの人為的記銘. 1998年12月 -  
  • Changes in sex steroid levels in homing migration of hime (land-locked sockeye) salmon 1998年9月 -  
  • サクラマスの降河行動に及ぼすテストステロン投与の影響 1998年8月 -  
  • 天然および池中養成ヒメマス親魚の母川回帰行動に伴う血中ステロイドホルモンおよび甲状腺ホルモン量の変化 1998年4月 -  
  • バイオテレメトリーシステムを用いた中禅寺湖産ヒメマス親魚の母川回帰行動の解析.  1998年4月 -  
  • Effects of testosterone and castration on migratory behavior of salmonid fish 1997年11月 -  
  • Effects of sex steroids on upstream migratory behavior of masu salmon.  1997年7月 -  
  • サクラマスの降河・遡上行動におよぼすテストステロンの影響 1997年7月 -  
  • 河川放流したホンマス種苗の成長と食性の変化.  1997年4月 -  
  • Comparison of feeding activity and physiological characteristics between wild and hatchery released fry of masu salmon in a natural river. 1997年2月 -  
  • The role of olfaction in home stream selection in hime salmon, land-locked sockeye salmon, Oncorhynchus nerka.  1996年8月 -  
  • Upstream behavior and home stream selection of hime salmon (landlocked sockeye salmon) in an artificial two‐choice stream. 1996年5月 -  
  • The involvement of reproductive hormones in downstream and upstream migratory behavior of salmonid fish. 1996年5月 -  
  • サケ科魚類の降河行動におけるテストステロン投与の影響.  1996年4月 -  
  • ヒメマスの母川回帰行動における生殖内分泌系の関与.  1996年4月 -  
  • ヒメマスの母川回帰行動における嗅覚の役割.  1996年4月 -  
  • The effects of sex steroids on migratory behavior of salmonid fish.  1996年1月 -  
  • テストステロン投与によるサクラマス降河行動抑制の試み 1995年10月 -  
  • 日本比較内分泌学会 正会員 1995年9月 -  
  • 日本水産学会 正会員 1995年4月 -  
  • 平成17年度日本生物教育学会全国大会  -  
  • 内閣府地方の元気再生事業 杜の都まちづくり広場2009   -  
  • キャンパスミュージアム構想意見交換会(第2回)   -  
  • 平成21年度日本理科教育学会   -  
  • Rolls of cortisol in the downstream migratory behavior in masu salmon, Oncorhynchus masou.   -  
  • サケ科魚類の降河回遊行動における内分泌因子の役割   -  

諸活動

15:社会貢献

  • 広瀬川仮設魚道実行委員会    -  
  • 広瀬名取漁業協同組合 (平成21年~24年)   -  
  • 川内地区文化施設懇談会 委員   -  
  • JAICA国別特設コロンビア「自然科学及び数学教員養成システム強化」研修講師(2004年~2006年)  -  
  • JAICA国別研修ラオス初等中等理数科教育(於ラオス国)(2006年7~8,11月)  -  
  • 気仙沼ESD/RCE・ASP会議(2007年~2009年) 面瀬小学校の取り組みに対する支援(環境研と共同)   -  
  • 岩手県閉伊川水系における魚類相調査委員(2009年~2010年)     -  
  • 岩手県河川水辺の国勢調査  岩手県久慈川水系における魚類相調査委員   -  
  • JAICA国別特設:コロンビア「自然科学及び数学教員養成システム強化」研修( 2003年11月~)  -  
  • JAICA国別特設:コロンビア「自然科学及び数学教員養成システム強化」研修   -  
  • JAICA国別特設:コロンビア「自然科学及び数学教員養成システム強化」研修   -  
  • 平成18年度JAICA国別研修事業:ラオス初等中等理数科教育(2006年8月3日~8月26日)  -  
  • 平成18年度JAICAラオス初等中等理数科教育  -  
  • 平成18年度国別特設:コロンビア「自然科学及び数学教員養成システム強化」研修 講師  -  
  • せんだい生態系再生コンソーシアム 委員  -  
  • 宮城県環境アドバイザー  -  
  • 平成25年度東北地域における持続可能な地域づくりを担う人材育成事業に係るESD環境教育プログラムの作成等業務 「平成25年度東北地域における持続可能な地域づくりを担う人材育成事業に係るESD環境教育プログラムの作成等業務」における山形県ESD環境教育プログラム 策定委員  -  

16:メディア発表

  • 貴重なカジカ守ろう 唐桑町只越川 堤防工事前に上流へ引っ越し 2015年7月2日 
  • カホピョンクラブ 大きくなって帰れ、サクラマス 2015年4月26日 
  • 河北ウィークリー仙台 メダカ 津波乗り越え復活の日待つ 2015年1月8日 
  • 仙台・若林 メダカ繁殖着々 2014年8月30日 
  • メダカの里 復活目指そう 六郷市民センター連続講座スタート 2014年7月2日 
  • 八木山動物公園のメダカ飼育の紹介 2014年 
  • Munakata (Japan): Effects of Temperature on Migration (and the effects of personal experience on personal interaction) 2014年 
  • 生き物いっぱいビオトープ観察 面瀬小 2013年12月19日 
  • 飼育の卵稚魚にかえしたい 2013年12月10日 
  • メダカ繁殖協力を 八木山動物公園育て親募集中 2013年8月30日 
  • メダカの田園 被災地に戻れ 宮城教育大など活動 市民も協力 2013年5月13日 
  • サケのふ化 小学生成功 大崎・下伊場野小が初挑戦 2013年1月22日 
  • サケの稚魚着々成長 大崎の下伊場野小で飼育 2013年1月22日 
  • サケの稚魚着々成長 大崎の下伊場野小 2013年1月22日 
  • 下伊場野小シロサケの発眼卵飼育 2013年1月22日 
  • 下伊場野小シロサケの発眼卵飼育 2013年1月22日 
  • サケの稚魚着々成長 大崎の下伊場野小 2013年1月22日 
  • 杜の都のシンボル・広瀬川で「やってみたいこと」を次々に 2013年 
  • 津波で消えたメダカ復活へ 八木山動物公園・宮教大がプロジェクト 2012年11月22日 
  • カホピョンクラブ 津波で消えたメダカ 復活大作戦 2012年2月10日 
  • 環境を見つめる人々32 魚に正確が足るってホント?  2012年 
  • 北見 網走の流氷初接岸 2011年1月18日 
  • 登米市立登米小学校 環境教育授業 羽沢川の魚類採集の放映 2009年7月7日 
  • 大好き土曜日どこか行こうよ 気仙川のサクラマスの調査等の紹介 2007年3月10日 
  • 仙台市西中田小学校児童によるアカヒレタビラ放流会 2006年10月3日 

17:各種資格

  • 教員免許状(中学校教諭専修免許状(理科)) 1997年3月 
  • 教員免許状(高等学校教諭専修免許状(理科)) 1997年3月 
  • 普通自動車 1993年6月11日 
  • 2級小型船舶操縦士      1992年10月23日 
  • アマチュア無線技師電話級  1988年4月13日 

学内管理運営

18:学内管理運営

  • 平成26年度動物実験部会 2014年4月1日 - 2015年3月31日 
  • 平成26年度遺伝子組み換え実験部会 2014年4月1日 - 2015年3月31日 
  • 平成26年度安全委員会放射線安全部会 2014年4月1日 - 2015年3月31日 
  • 平成25年度動物実験部会 2013年4月1日 - 2014年3月31日 
  • 平成25年度遺伝子組み換え実験部会 2013年4月1日 - 2014年3月31日 
  • 平成25年度安全委員会放射線安全部会 2013年4月1日 - 2014年3月31日 
  • 平成23~24年度地域連携室室員 2012年4月1日 - 2013年3月31日 
  • 平成23年度遺伝子解析システム仕様策定委員会 2012年4月1日 - 2013年3月31日 
  • 平成24年度動物実験部会 2012年4月1日 - 2013年3月31日 
  • 平成24年度遺伝子組み換え実験部会 2012年4月1日 - 2013年3月31日 
  • 環境教育実践研究センター兼務 2012年4月1日 - 2014年3月31日 
  • 平成22年度教育実習委員会 2010年 - 2011年 
  • 平成22年度安全委員会放射線安全部会 2010年 - 2011年 
  • 「放射線モニタリングシステム一式」の調達に関する仕様策定委員 2010年 -  
  • 動物実験部会 2010年 -  
  • 宮城教育大学青葉山地区安全衛生委員会 2009年 -  
  • 動物実験部会 2009年 -  
  • 入試選抜方法検討委員会 2008年 - 2009年 
  • 中等理科教育専攻担任 2007年 -  
  • 自然環境専攻代表 2006年 -  
  • 大学案内編集委員会委員 2005年 -  
  • 環境保全部委員 2005年 -  
  • キャンパス・ミュージアム構想委員会 2005年 - 2011年 
  • 入学試験委員会 入学試験実施部会 2004年 - 2005年 
  • 教員選考委員会 2004年 -  
  • 平成16年度宮城教育大学一般選抜入学試験問題作成委員 2003年7月 - 2004年3月 
  • 教員選考委員会 2003年 -  
  • 平成27年度環境教育実践研究センター業務  -  
  • 平成27年度動物実験部会  -  
  • 平成27年度遺伝子組み換え実験部会  -  
  • 平成27年度安全委員会放射線安全部会  -  

その他

連絡先等

e-Mail munakata(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL http://http://fish.miyakyo-u.ac.jp/index.html
TEL 022-214-3414
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149