教員紹介

笠井 香代子(カサイ カヨコ)

職名
教授
所属
理科教育講座
学位
博士(理学)
専門領域
化学
研究テーマのキーワード
有機化学 錯体 合成 構造

教育研究内容

新しい有機化合物や錯体の合成と性質

有機化学を中心とした教材の開発

化学を中心とした科学コミュニケーション活動

教育活動

学校支援

研究業績

7:著書

  • 実験化学講座第5版22巻 「フェノール錯体」 2004年 
  • 集積型金属錯体の科学 「動的ネットワーク錯体」 2003年 

8:論文

  • Crystal Structure and Pseudopolymorphism of Bisdemethoxycurcumin-Alcohol Solvates 2017年3月 
  • X線結晶構造解析による分子構造のWeb教材の開発 2017年3月 
  • X線結晶構造解析による分子構造の普及のためのWeb教材の開発 2016年9月 
  • 宇宙をテーマにした理科実験教室と気仙沼への展開 2016年9月 
  • 教員養成課程の化学教育における分子構造決定のための機器分析とICTの活用 2015年9月 
  • Synthesis, Structure, and Clathration Ability of Two-Dimensional Coordination Networks with Inclined Interpenetration 2015年3月 
  • 被災地復興支援活動としての理科実験教室の実施~仙台市天文台との連携事業「スペースラボin気仙沼~」 2013年3月 
  • 仙台市天文台における化学実験教室の実践(3) -カロテノイドをテーマとして- 2013年 
  • 仙台市天文台における化学実験教室の実践(2) - 真空・低温実験を中心にして- 2012年 
  • Synthesis and Characterization of Novel Copper(II) 2D Coordination Polymers from a Fluorinated Flexible Ligand with Remarkable Clathration Ability 2011年 
  • 仙台市天文台における化学実験教室の実践(1) -光学活性物質のリモネンをテーマとして- 2011年 
  • Guest-dependent Flexible Coordination Networks with Fluorinated Ligands 2007年 
  • Interpenetrating Coordination Polymers from CuI or AgI and Flexible Ligands: 2D Polyrotaxanes and Interpenetrating Grids 2006年 
  • Supramolecular Two-dimensional Arrays Phenyl/perfluorophenyl Interactions Constructed from One-dimensional Coordination Polymers  2006年 
  • Flexible Coordination Networks with Fluorinated Backbones. Remarkable Ability for Induced-Fit Enclathration of Organic Molecules 2000年 

諸活動

学内管理運営

その他

連絡先等

e-Mail kasai(←記載がある場合@staff.miyakyo-u.ac.jpを付け足してください スパムメール対策として分割して記述しております)
URL http://crystals.miyakyo-u.ac.jp
TEL 022-214-3429
ADDRESS 仙台市青葉区荒巻字青葉149